2020年03月26日

誰でも作曲家! 簡単作曲ソフト、2本紹介

 読者の中には、自分の作った曲を聴いてもらいたいと思ってる人もいるのではないでしょうか?
 でも、自分で作曲するのは、とても大変としり込みしちゃう人も多いのでは?

 心配ご無用!

 これから紹介するソフト二本を使えば、それほど難しくなく作曲をすることができちゃうのです。
 今月は、そんな簡単作曲ソフトを二本、紹介しちゃいます!

~MUSE

 MUSEは、MML形式を使った作曲ツールです。 テキストエディタを使って、MMLで楽譜を書き、それを読み込ませることによって演奏します。
 ウィンドウは、下のようなピアノになっており、実際に演奏にあわせて鍵盤が点灯するのが、芸の細かいところです。
 でもそれだけでなく、会場やメンバー、アンサンブル演奏など、本格的な作曲もできるすごいソフトです。
 
 少しずつこれを使いこなしていけば、もしかしたら本格的な作曲ができるようになっているかもしれませんね。
 なお、MUSEは、こちらからダウンロードすることができます。

me2003-01.JPG
▲ MUSE

~Text Musician

 Text Musiciaanも、MUSEと同じく、テキストで楽譜を書いていくソフトです。
 ただ、MUSEがMMLなのに対して、こちらはカナ入力となっています。 つまり、CDE……ではなく、ドレミ……と書くわけですね。 その分、こちらのほうがわかりやすいかもしれません。
 また、楽譜を書くエディタを、ソフトの中に用意しているのも、MUSEと違う点です。
 また、MUSEと同じように、色々な本格的な設定もできるようになっており、よく使うであろう機能は、ツールバーになっているので、使いやすいと思います。
 現在、Vectorでの公開が終了してしまったのが残念。

me2003-02.JPG
▲ Text Musician

~最後に

 今回紹介した二本は、CDE……やドレミ……で楽譜を書いていくだけでOKという敷居の低さながら、本格的な作曲もできるという優れものです。
 ニコニコなどで、ネット音楽家になりたい人も、本格的な作曲ソフトを買う前に、これらのソフトを使って、経験を積んでみてはどうでしょうか?
 何より無料ですからね(^_^



※次の更新は、特集『パスワード関係ツールを紹介!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:34| Comment(0) | PCメディア情報 | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

フリーゲームレビュー:ダイエットしながら進め! 『エクサミミズ』

fr-2003-00.JPG

※本ゲームの著作権は、作者SUZY氏にあります。
 このページに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

 やっぱり、いつの時代、どんな人でも、ダイエットは気になるものですよね。
 気になるのは、現実だけでなく、ゲームの世界でも同じなようで……
 このゲームをプレイすると、ダイエットの大切さが骨身にしみる……かも?

~太いものが細いものの中を通ることは大変。これは常識!

 さて、このゲームの内容ですが、とても簡単。ミミズを動かして、ゴールまで導く。たったこれだけです。
 ですが、そうはいかのなんとかなのです。

fr-2003-01.JPG
▲ このミミズをゴールまで連れて行くだけなのだが・・・

 この緑の通路のようなもの。これはパイプです。そしてパイプの中を通ると体力が減っていきます。ミミズにとってパイプな危険なもののようです。
 そしてここがポイントなのですが、パイプにも太さがあり(緑・青・黄・橙・赤の順で細くなる)、細いパイプほど、進むのが遅くなるのです。

fr-2003-02.JPG
▲ パイプの中を通ると体力が減る。さらに細いパイプほど、進むのが遅くなるゾ!

 ならどうすればいいのか。答えは簡単。ダイエットするのです。

fr-2003-03.JPG
▲ この薬を飲めば……

fr-2003-04.JPG
▲ 体が細くなるぞ!(丸で囲まれた数字に注目)

 迷路の各地にあるダイエットドリンクを飲むと、ミミズの体が細くなります。すると、進みにくかったところも、進みやすくなる、というわけです。
 また、使うことで、パイプを高速移動できるようになるミミズジェルや、体力アップするパワーソイルなるアイテムもあり、これらをうまく使って、クリアしていくわけですな。

~ギミックもあるナリ!

 あと、この『エクサミミズ』は、細かいギミックがあるのも特徴です。
 例えば、このように、ミミズがしゃべったりするところとか。

fr-2003-05.JPG
▲ ゲーム中は、ミミズがしゃべるぞ!

 タイムレコードが記録されることなどです。

fr-2003-06.JPG
▲ ベストタイムは、このように記録される!

 もちろん、ゲーム自体も、うまく練られていて、とても面白いものになっています。
 ダイエット中の人も、そうでない人も、ぜひ一度プレイしてみては?

 ダイエットの重要性を感じ取ろうとせずとも、とても面白いゲームですよ(笑



※次の更新は、『誰でも作曲家! 簡単作曲ソフト、2本紹介!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:33| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

師匠のVB.NETどたばた塾~第7回

sisyo.gif
師匠T:ふぅ、パソレク、チャレンジARSに引き続いて、この講座か。毎月のこととはいえ、本当に堪えるのう。

deshi.gif
弟子D:師匠も、もういい年……いてっ。

sisyo.gif
わしはまだ若い。

deshi.gif
えー、だって口ひげも生えてるし、髪の毛も白髪が……。

sisyo.gif
な・に・か・いっ・た・か?

deshi.gif
……いえ、なんでもありません。

sisyo.gif
さて。今回からいよいよWindowsアプリの作成に入る。
今回は、ラベルの配置や内容の変更を通して、コントロール(アプリの部品のようなものと思うがよい)の配置やプロパティについて学んでいくことにする。
しっかりついてくるように。

deshi.gif
はいっ。師匠のほうこそ、年なんですから無理しないでくださいね。

sisyo.gif
わしはまだ若い、と言っておろうが。 この馬鹿弟子がああぁぁぁぁっっ!!(飛び蹴り)



【 ラベルを配置しよう! 】

sisyo.gif
さて、さっそく始めていくとしようぞ。まずプロジェクトを作るわけだが、今回は『Windowsフォームアプリケーション(.Net Framework)』を選ぶぞ。

vbnet2003-01.JPG
↑これを選ぶのだ!

deshi.gif
はい。ややっ! プロジェクトが開いたら、何やらウィンドウらしきものが出てきましたよ!
もしや、これにコントロールを配置していくわけですか?

vbnet2003-02.JPG
↑これにコントロールを貼り付けていくのだ!

sisyo.gif
うむ、その通りじゃ。なお、このいわば土台となるウィンドウのことを、VB.NETではフォームという。ではさっそくこのフォームに、ラベルを貼り付けていくとしようぞ。ツールボックスと書かれているところをクリックするがよい。いろいろなコントロールのリストが出てくるはずじゃ。

vbnet2003-03.JPG
↑ここをクリックだ!

deshi.gif
おおっ!

sisyo.gif
そしたら、まずはLabelの項目を選ぶのじゃ。

vbnet2003-04.JPG
↑これを選べっ!

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
そしたら、配置したい位置の左上でクリックし、そこからドラッグ&ドロップするのだ。
すると、その位置にラベルが貼り付けられるはずじゃぞ。

deshi.gif
おおっ、確かにっ!! さすが師匠、まだぼけてなかったんですね……いてっ。

vbnet2003-05.JPG
↑ラベルが貼り付けられた!

sisyo.gif
わしはまだ若い。さて、次はこのラベルのプロパティをいじり、テキストの内容や色を変えていくぞ!

【 プロパティをいじるのだ! 】

sisyo.gif
ではまずは、プロパティというタイトルのウィンドウを探してみよ。そのウィンドウの下にLabel1と書かれていない場合は、先ほど貼り付けたラベルをクリックしてみるのだぞ。

vbnet2003-06.JPG
↑これがプロパティのウィンドウだ!

deshi.gif
はい、ありました。何やら色々と並んでいますね。

sisyo.gif
うむ、これがラベルの持つプロパティの数々じゃ。まずはその中からTextというのを探してみるがよい。見つかったら、それを『ラベルじゃ!』とでも書き直すがよい。

vbnet2003-07.JPG
↑ここを書き換えるのだ!

deshi.gif
おおっ! ラベルに書かれているテキストが変わりましたよ! なるほど、Textプロパティは、ラベルの文字を表すプロパティなんですね!

vbnet2003-08.JPG
↑テキストが変わった!

sisyo.gif
うむ。では次は色を変えてみるとしよう。同じように、ForeColorというプロパティを探して、そこを……そうじゃのう。赤に変えてみよ。これは、下向きの矢印ボタンをクリックしたあと、カスタムというタブをクリックすれば、色のリストが現れるからそこから選べられるぞ。

deshi.gif
はい……おおっ! 確かに色が赤になりました!

vbnet2003-09.JPG
↑今度は色が!

sisyo.gif
さらに、大きさも変えてみようかのう。Fontプロパティを探し、そこの+と書かれたボタンを押すのじゃ。すると、さらにリストが開くので、そこのSizeを弄ればいいぞ。今回は16を設定してみよう。

deshi.gif
ほんとだ! プロパティを変えることで、そのコントロールの姿を色々変えられるんですね!

vbnet2003-10.JPG
↑大きさも変わったぞ!

sisyo.gif
うむ。ということで今日はこれまで……の前にもう一つ。このフォームの大きさを変えたい、ということもあるじゃろう。
その時は、このフォームの右下の小さい四角(ハンドルという)をクリックして、ドラッグ&ドロップすれば、自在に変えることができるぞ。

vbnet2003-11.JPG
↑フォームの大きさを変えたいときは、ここをクリック!

deshi.gif
はいっ!

sisyo.gif
それでは改めて、今日はこれまで。次回は、ピクチャーボックスについて学んでいくぞ。
今回のことを忘れぬように、しっかり復習しておくように。

deshi.gif
師匠も忘れっぽいですから気を付けて……

sisyo.gif
はあっ!!(飛び蹴り



※次の更新は、フリーゲームレビューの予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:42| Comment(0) | 師匠のVB.NETどたばた塾 | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第二拾回:タイムトンネル【BOND SOFT】

ars2003-00.JPG
※この記事に使われている画像は、問題があれば削除いたします。
※この画像の著作権は、開発元様にあります。この画像の二次使用を禁じます。

うむ、師匠Tである! このチャレンジARSゲームも、ついに二拾回に到達!
これも、読者の皆様のおかげじゃ。感謝の言葉しかないわい。

さて、その二拾回を記念、というわけではないが、今回はまた、大作&名作のレトロADVにチャレンジしてみたいと思う。
今回のお題は『タイムトンネル』。わしの中では、かの『デゼニワールド』や、『スターアーサー伝説シリーズ』と並ぶ名作じゃ。
余談じゃが、かの山下章先生が、『デゼニワールド』の記事を書こうとしたら、その時はまだまだ完成していなかったので、その代わりとしてこの作品の記事を書いた、という逸話(?)まである。それだけの名作だったということじゃのう。

さて、それじゃ攻略していくとしようぞ。

どんなゲームも、完全制覇じゃ!

【 プロローグ 】
宇宙の征服を狙うダナーク星人。主人公は、前作で苦難の末、そのダナーク星人に対抗できる武器を入手した。
だが、なんという運命のいたずらか! その帰路、主人公の乗った宇宙船は小惑星に衝突!
その武器は宇宙の藻屑となり、主人公は命からがら、宇宙ステーションにたどりついた。
さてさて、武器を失った今、主人公はダナーク星人の宇宙征服を阻止することができるのだろうかっ!?

【 本編 】
ars2003-01.JPG
まずは宇宙ステーションの宇宙船発着口からスタート。外に見えるは、前回の冒険の舞台だった惑星ファラスじゃ。

ars2003-02.JPG
左側にドアが見えるが、このドアは、今は開けることはできぬ。かなり後のことになるので、今はここにドアがあることだけ覚えておくことにしたほうがよかろう。

ars2003-03.JPG
これは、惑星ダナサイト地上に転移するための転移装置じゃ。衛星軌道上から一瞬で地上に行けるとは、なんとも便利なものよのう。

ars2003-04.JPG
というわけで、ダナサイトにやってきた。この星に、ダナーク星人に立ち向かう術があればよいのだが……。

ars2003-05.JPG
これはチューブロード。各地をつなぐ通路じゃ。ここを通って、いろいろな施設に行くことになるぞ。

ars2003-06.JPG
やってきたのは、この惑星ダナサイトを治める長官の公邸じゃ。今後の冒険のためにも、彼に一応顔を見せておいたほうがよかろう。

ars2003-07.JPG
長官の部屋の前には、当然というべきか、門番のロボットがおった。
彼に何か言われたときには、素直に従うのがよかろう。

ars2003-08.JPG
彼が、この惑星ダナサイトを治める長官じゃ。彼からはあるものをもらうことになるが、その時に前作の知識をちょっと試されることがある。
前作をプレイした者はほとんどいないと思われるので、ここでその答えを教えておくことにしようぞ。
空いているところを反転させてみてみるがよい。
答え:デンドロエリアン

ars2003-09.JPG
まっくらな部屋じゃな。でも心配は無用。
すぐ目の前に明かりがあるじゃろ?

ars2003-10.JPG
また別のドアの前までやってきた。今回は、ちゃんと礼儀をわきまえて入らねばならぬぞ。
何せこのドアの奥には……

ars2003-11.JPG
彼女は、長官の娘、エリーゼ。
彼女は、この先のゲームの展開に、重大な役割を果たすことになるのだ。

ars2003-12.JPG
地下室には看板があったぞ。ここのトリックはありきたりじゃな。
それにしてもORANGE……? APPLEのパロディかの。

ars2003-13.JPG
ここは、ネコジャラシ宇宙大学じゃ。この銅像は、この大学の創始者でもあり、メタなことを言えばこのゲームの作者であるネコジャラ氏の銅像だそうじゃ。

ars2003-14.JPG
校舎の前にやってきたぞ。ここに入るには、ちょっと頭を使う必要がある。
とはいえ、あまり身構える必要はない。SFものによくあるギミックじゃよ。

ars2003-15.JPG
教室の中。なぬ、『How to use the control desk(コントロールデスクの使い方)』じゃと!? これは見ておかねば!
あと、机の上に載っているアレも忘れてはならぬぞ。

ars2003-16.JPG
『タイムトンネル研究所』じゃと!? こ、これはダナーク星人に対する切り札となりそうな予感がするぞい!!

ars2003-17.JPG
タイムトンネルの前までやってきた。いざ突撃、の前にしっかり使い方について学んでおくように。
勉強せずにはいると、大変なことになるかもしれぬからの。

さて、続きは……

次回に続くのじゃ!!

==========
※次の更新は、『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:29| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

新電脳戦記パソレクW~第陸話:弟子が見たType-C

※今回のパソレクWも、漫画形式でお届けします。
※漫画は、作画のカゼカオル様の承諾をいただいたうえで、Gパソレクのコマを切り抜いて組み合わせたり、台詞を入れ替えたりなどして作成いたしました。承諾してくださったカゼカオル様に感謝です!
※内容に一部間違いがあるかもしれません。ご注意くださいませ。

イラスト提供:カゼカオル 様

pasoW06-p01.jpg
pasoW06-p02.jpg
pasoW06-p03.jpg
pasoW06-p04.jpg
※次の更新は、『師匠TのチャレンジARSゲーム!』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:24| Comment(0) | パソレクW | 更新情報をチェックする