2020年08月11日

師匠のVB.NETどたばた塾~第12回

deshi.gif
弟子D:やぁ! 弟子Dだ! 今回は、師匠が熟睡してるらしく、まだ起きてこない。なので今回のこのコーナーは俺が……ぐはぁっ!!

sisyo.gif
師匠T:たわけが。わしが寝ている間に、この座を奪おうとはこざかしい真似をしおって。そんな手でこの座を譲るわしではないわ。さて、ただいま起きてきた。わしが、この講座の担当、師匠Tである。
さて、今回はいよいよ、VB.NETとDXライブラリを使って、ゲームを作っていくぞ。心の準備はよいか?

deshi.gif
は、はい。それでゲームを作ると言いますが、一体何を?

sisyo.gif
うむ。まずは、縦スクロールシューティングを作っていこうと思う。

deshi.gif
な、なんと!? それは、とても難しいのでは……?

sisyo.gif
いや、そんなことはないぞ。確かにとても簡単でもないが、VB.NETとDXライブラリを使えば、実は縦スクロールSTGは、スーパーマ〇オのようなスクロールアクションゲームよりは簡単に作れるのだ。それはこれから説明していくぞ。

deshi.gif
はい!

sisyo.gif
では今回も口座、スタートじゃっ!

deshi.gif
あの師匠、「こうざ」の字が違います。



【 必要なものを揃えよう! 】

sisyo.gif
まずは必要なものを揃えるとしよう。まずは、DXライブラリからじゃ。

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
VB.NETでDXライブラリを使うには、VisualC# 用パッケージというものを使う。こちらからダウンロードするのぢゃ。


deshi.gif
……はい。ダウンロードができました。解凍もしておきましたよ。

sisyo.gif
よし。それでは次は下のアドレスから、『VB.NET用DXライブラリプロジェクトテンプレート』というものをダウンロードする。これは、その名の通り、VB.NETとDXライブラリを使ったゲームプログラミングをするためのテンプレート……つまりはひな形じゃ。


deshi.gif
はい。ダウンロードしました。これはどうすればいいのですか?

sisyo.gif
うむ。まずはそれを解凍してみよ。

deshi.gif
はい。DXLibTemplate.zipというファイルが出てきました。

sisyo.gif
うむ。そしたらそれを、C:\Users\〇〇〇\Documents\Visual Studio 2019\Templates\ProjectTemplates\Visual Basicの下にコピーするのだ。
〇〇〇は、それぞれの環境によって変わる。また、上の位置は、インストール場所を変えずに、デフォルトのままインストールした場合のものじゃ。VB.NETを違う場所にインストールした場合は、この位置そのものがガラっと変わってしまうから、そこには注意するべし。

deshi.gif
はい、わかりました。コピーしておきましたよ。

sisyo.gif
これで全てはOKじゃ。VB.NETを起動させてみよ。

deshi.gif
はい。そしたら、新しいプロジェクトを作るんですよね?

sisyo.gif
うむ。その時に、右のリストを見てみるがよい。『DXライブラリプロジェクト』という、そのものズバリな名前の項目があるはずじゃ。それを使ってプロジェクトを作るのじゃ。

vb2008-01.jpg
▲ DXライブラリプロジェクト

deshi.gif
はい。いつものプログラミングの画面が出てきましたよ!

sisyo.gif
うむ。では準備の最後じゃ! プロジェクトメニューから、『参照の追加』を選ぶのだ。

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
そしたら、左のリストから『参照』を選び、さらに『参照ボタン』を押し……。ファイル選択のウィンドウから、先ほど解凍した、DxLibDotNet.dllを選ぶ。これでOKじゃ! 試しに実行してみよ。

vb2008-02.jpg
↑『参照』を選んだらこのボタンを押すのだ

deshi.gif
はい!……何やらウィンドウが出たので、試しにウィンドウってボタンを押したらエラーが出ましたが。やっぱり師匠はボケてます。

vb2008-03.JPG
↑エラーが出ました

sisyo.gif
すまぬ。もう一つ忘れておった。今作ったプロジェクトのフォルダの中に、binというフォルダの中に、その中にdebugというフォルダーがあるじゃろう?

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
そこに、Visual C#用パッケージを解凍してできた、DxLib.dllとDxLib_x64.dllをコピーするのだ。これで今度こそ準備はOKじゃ!

deshi.gif
おおっ!!

【 ポイントじゃ! 】

sisyo.gif
ではまず、このテンプレートのソースについて、ポイントを説明していくぞ。

deshi.gif
はい!

sisyo.gif
まずは、ValiableAndConstModuleを開いてみるがよい。これは、プログラムについての基本的な情報を設定するモジュールじゃ。また、どこからでも使える変数を記述する場合も、基本的にはここに書くことになる。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
まずは、ここに出てくるSCREEN_X、SCREEN_Y、SCREEN_W、SCREEN_Hという四つの定数じゃ。これは、ゲーム画面の左上の座標、そして、幅と高さのサイズを設定するものじゃ。

deshi.gif
ゲーム画面? 師匠、画面の左上は(0, 0)じゃなかったんですか? ははーん、師匠もやはりボケ……いたっ。

sisyo.gif
たわけが。わしがボケるなどあり得ぬと、何度も言ってるだろうが。……こほん。Windows用のSTGの画面を思い返してみよ。ウィンドウの真ん中にゲームの画面があり、その左右にスコア表示やら、キャラの絵やらが表示されているであろう?

deshi.gif
あ、そういえば。

sisyo.gif
あの四つの定数は、そのゲーム画面の位置やサイズを設定するものなのじゃ。これを変えたいときは、この定数の内容を変えるのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
次は、FUNC_xxxxxという定数たちじゃ。これは、ゲームの段階を表したものじゃ。例えば、FUNC_TITLEはタイトル画面、FUNC_MAINはゲームプレイ中を表す。
このプログラムでは、そのようにゲームのシーンが変わるときは、変数funcに、これらの定数を入れることで切り替えを行う。
また、独特のシーンを入れたい時は、ここに新しい定数を入れるのじゃ。

deshi.gif
なるほど、わかりました!

sisyo.gif
うむ。それでは、今回はここまで。次回は、自機の移動、表示をやっていこうと思う。予習を欠かしてはならぬぞ!!



※次の更新は、『師匠TのチャレンジARSゲーム!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 15:37| Comment(0) | 師匠のVB.NETどたばた塾 | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

スマホのデータを気楽にやりとりしよう!

さてさて。スマホ同士や、スマホとPCとでデータのやりとりをしたいことって、よくありますよね?
スマホとPCであれば、USBケーブルがあれば、それをつなぐことで簡単にできるのですが、スマホ同士となると、そうはいきません。

そこで登場するのが、Wifiを使って、スマホ同士でデータのやりとりをするツール!
これがあれば、Wifiだけで、ケーブルをつなぐことなく、データをやりとりすることができるのです!

今回は、このツールの使い方を説明していきましょう!

~『簡単に共有』の使い方

今回使ってみるのはこのツール。タイトルもズバリ、『簡単に共有』です!

tok2008-01.jpg

このアプリを起動すると、まず下の画面が出るので、『送る』をタップします。
その一方、受信側のスマホでも『簡単に共有』を起動して、こちらでは『受け取る』をタップしましょう。

tok2008-02.jpg

次に、どのファイルを送るかを選びます。
アプリ、写真、動画、音楽からジャンル別に選べますが、そのほかのファイルを選びたいときは『デバイス』を選びましょう。
そして、送りたいファイルを選んだら、『共有する』をタップします。

tok2008-03.jpg

次に転送先を選択する画面になるので、Wifiをタップします。

tok2008-04.jpg

最後に確認のメッセージが出ますので、『同意する』をタップします。
受信側にも確認のメッセージが出るので、こちらも『同意する』をタップします。

tok2008-05.jpg

あとは、自動的に送信してくれます。

~最後に

いかがでしたでしょうか? ここでは、『簡単に共有』を紹介しましたが、他にもファイル送受信アプリは色々あります。自分の気に入ったものを選びましょう。
あと、PCへの転送も、Wifiで行えるツールがありますが、こちらも自分の気に入った使いやすいものを選ぶといいでしょう。

これらのツール、乗り換え時やサブで撮影した画像をメインに転送するときなど、色々なスマホを使うシーンで役立つと思いますよ!



※次の更新は、『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!


posted by 裏編 at 10:24| Comment(0) | 特集 | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

T.Matsushima氏再び! P6風味の本格STG・特攻空母ベルーガ

enta2007-00.JPG

 

キミはT.Matsushimaを覚えているかっ?

 さて、読者のみなさんは、T.Matsushima氏という方をご存じだろうか? 旧ベーマガ読者、あるいは1984年代からゲームをしていた方にはなじみのあるこの名前。
 T.Matsushima、松島徹(徹はとおるではなくてつと読む)氏は、1984年、かのゼビウスを、大幅にグレードダウンしてしまいながらも、『タイニーゼビウス』として、P6に移植したすごいプログラマーである。しかもこのとき、まだ中学生。

 ちなみにこれが、そのタイニーゼビウスの画面である。

enta2007-01.JPG

enta2007-02.JPG

▲ T.Matsushima氏がP6への移植という偉業を成し遂げたタイニーゼビウス

 いかがだろうか? グラフィックこそレベルダウンしているが、いかにもゼビウスな感じがするのがおわかりいただけるだろうか?
 ちなみに裏編は当時プレイしていた当時、ゾシーがとても手ごわかったのを覚えている。

 その後、T.Matsushima氏は、ナムコのグロブダーやセガのスペースハリアーのP6への移植、さらにはスペースハリアーのX68000への移植や、ナムコのボスコニアンのX68000への移植、セガのアフターバーナーのメガドライブへの移植と、アーケードゲームの移植において、その辣腕を振るってこられた。

 そして2008年! ついに、T.Matsushimaは復活した! なんと、オリジナルゲームを我々の前に登場させたのだ。それがこの『特攻空母ベルーガmk2(以下ベルーガ)』である。

What's ベルーガ?

 さて、この『ベルーガ』は、P6風味の横スクロールシューティングである。 プレイヤーは自機であるロボットを動かして、敵を倒しつつ進み、ステージの奥に待ち受けるボスを倒していくのだ。
 自機はカーソルキーやゲームパッドの十字キーで移動させることができる他、反対側を振り向いて攻撃することもできる。
 さらに、なんとショットボタンは、移動キーとの組み合わせなどにより、色々なショットを撃つことができるのだ。
 ここがなんとも本格的である。
 難易度も、イマドキのシューティングのようで、とってもやりがいがあるぞ。

ここがP6風味だベルーガ!

 さて、まずはこの画面を見ていただきたいっ。

enta2007-03.JPG
▲ これぞP6風グラフィック?

 この緑と黄色を基調としたグラフィック。これこそ、P6風味と言っても過言ではあるまい。
 また、P6風味なのはこれだけではない。よく見ると、色がにじんで見えないだろうか? 実はこれ、バグではないし手抜きではない。P6、PC-6001はテレビにつなげて画面をうつすことができたのだが、そのP6では、このように画面の色がにじむようになっていたのだ。それを再現するというT.Matsushima氏のこだわりには脱帽である。
 だが、驚くのはこれだけではない。なんとこのゲーム! P6の実機で動くバージョンもあるのだ!
 ということはこのゲーム、P6のスペックで動くように作られているということだ。さすが、P6への移植で名をはせたT.Matsushima氏。ここまでP6のスペックを知り尽くしたゲーム開発には、もう降参するしかない。
 また、音楽もどことなくP6ライクである。ぜひ聞いていただきたい。

それでは

 それでは、スクリーンショットを交えながら、ゲームの流れを追ってみることにしよう。

enta2007-04.JPG
 まずは、タイトル画面の前のクレジット(?)画面。FOUR COLORS(四色) SYSTEMというのが、P6レトロ感を感じさせる。(P6のグラフィックは4色であった)

enta2007-05.JPG
 さぁ、ゲームスタート!

enta2007-06.JPG
 さっそく敵が出現! あたり判定は弾にのみあるので、弾をよく見てかわしていけば楽勝だ!

enta2007-07.JPG
 後ろから敵が! 振り向いて迎え撃て!

enta2007-08.JPG
 敵中枢前のバリアーが接近! 発生装置を破壊してバリアーを消し、その間に突入せよ!

enta2007-09.JPG
 バリアー突破成功!

enta2007-10.JPG
 いよいよ敵中枢との戦い! 溜め撃ちで発射できるアームを、敵のコアに直撃させよ!
 すると……

enta2007-11.JPG
 消滅爆弾を積んだ輸送機ミサイルが突撃して、ステージクリア!

 なおこのゲームは、こちらからダウンロードすることができる。興味があれば、ぜひプレイしていただきたいっ。



※次の更新は、『スマホのデータを気楽にやりとりしよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 14:41| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

師匠のVB.NETどたばた塾~第11回

sisyo.gif
師匠T:うむ、師匠Tである! 今日もびしびし行くぞ!

deshi.gif
弟子D:弟子Dだぜ! 今回のこのコーナーは俺が……ぐはっ(師匠に蹴り飛ばされる

sisyo.gif
たわけが。うぬが主役など2345年早いと言っておろうが。
さて、今回は、ラジオボタンやチェックボックスについて説明していくぞ!

【 ラジオボタンに必要なものじゃっ!! 】

sisyo.gif
まずは、ラジオボタンの使い方について学んでいくことにしようぞ。
これがラジオボタンじゃ。これを、フォームに3つほど貼り付けて実行してみるがよい。

vb2007-01.JPG

deshi.gif
はい、貼りました。ちゃんと動きましたよ。

vb2007-02.JPG

sisyo.gif
では、今度はその横にまた3つほど貼り付けてみるがよい。

deshi.gif
はい。今度もちゃんと動きました。

vb2007-03.JPG

sisyo.gif
では、ここで問題じゃ。例えば、左側を性別、右側を職業というように使い分け、左側と右側とで、別々に選択できるようにしたい。その時はどうする?

deshi.gif
え? うーん、うーん……

sisyo.gif
ふふふ、そこで出てくるのが、このグループボックスじゃ。このグループボックスの中にラジオボタンを配置すると、それらを一つのグループとして扱うようになり、そのグループの中の一つだけを選べるようになるのじゃ。
試しにグループボックスを二つ作り、それぞれの中にラジオボタンを配置してみるがよい。

deshi.gif
はい……あっ! 確かに、左側と右側とで、それぞれ別に選べるようになりました!

vb2007-15.JPG

sisyo.gif
うむ。ラジオボタンを使うときには、グループボックスも一緒に使うことを忘れぬようにな。さて、ラジオボタンが選択されたかどうかを知る場合には、checkedプロパティを使う。Trueだと選択されている、Falseだと選択されていない、ということじゃ。

deshi.gif
なるほど、よくわかりました。師匠!

【 チェックボックスじゃ! 】

sisyo.gif
さて、次はチェックボックスじゃ。クリックすると、左側の四角にチェックマークがつく、というものじゃな。
まずは、これがチェックボックスじゃ。

vb2007-05.JPG

deshi.gif
プロパティを見てみると、やっぱりcheckedプロパティがありますね。やはり、これがTrueだとチェックされていることになるのですか?

sisyo.gif
うむ、その通りじゃ。あと、面白いプロパティとしては、CheckAlignというものがある。これはチェックする四角がどこに配置されるか、というもので、9種類の中から選ぶことができる。それぞれどのようになるかを写真つきで紹介しておくぞ。

vb2007-06.JPG
↑TopLeft

vb2007-04.JPG
↑TopCenter

vb2007-07.JPG
↑TopRight

vb2007-08.JPG
↑MiddleLeft

vb2007-09.JPG
↑MiddleCenter

vb2007-10.JPG
↑MiddleRight

vb2007-11.JPG
↑BottomLeft

vb2007-12.JPG
↑BottomCenter

vb2007-13.JPG
↑BottomRight

deshi.gif
テキストを中心として、左上、上、右上、左、中央、右、左下、下、右下に配置されるんですね。

sisyo.gif
うむ、その通り。
なお、プロパティを設定するときは、下のようにパネルが開くので、そこから配置したい方向をクリックすればOKじゃ。
また、上下の位置については、AutoSizeをTrueにして、サイズを大きくとっておかないと、正しく反映しないので注意が必要じゃぞ。

vb2007-14.JPG

deshi.gif
はい!

sisyo.gif
では、今回はここまで。よくぞここまで頑張った。ここまでで基礎は終了じゃ。
次回からは、いよいよ、DXライブラリを使ったゲームプログラミングについて勉強していくぞ!

deshi.gif
おお! 頑張ります!

sisyo.gif
それでは、今回はここまで。



※次の更新は、『T.Matsushima氏再び! P6風味の本格STG・特攻空母ベルーガ』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 11:22| Comment(0) | 師匠のVB.NETどたばた塾 | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐拾弐回:WILL~デストラップ2【1985年・SQUARE(現・スクウェアエニックス)】

ars2007-01.JPG
※この記事に使われている画像は、問題があれば削除いたします。
※この画像の著作権は、開発元のスクウェア(現・スクウェアエニックス)様にあります。この画像の二次使用を禁じます。

うむ、師匠Tである! 今回チャレンジするゲームは、WILL。サブタイトルにある通り、前回チャレンジした「DEATH TRAP」の続編じゃ。
じゃが、主人公が同じであること以外、前作とはつながりはないので、前作をプレイしたことのない者にも楽しめるであろう。
さて今回は、主人公ベンソンが、SFのような世界を舞台に大活躍するぞ。さっそくプレイしてみるとしようぞ。

どんなゲームも、完全制覇じゃ!

【 プロローグ 】
-物語は、いつも一通の指令書から始まる-

フロリダ州、マイアミ……。静かな波の音に身をまかせ、ベンソンは、続けざまの任務に疲れた体をいやしていた。よく冷えたワイン、かたわらには優しく微笑む恋人・ジャスミン……しかし、穏やかに流れる時間を楽しむには、あまりにも短か過ぎるひとときであった……。

折りしもワシントンの大統領専用回線に事件の幕開けとなるメッセージが割り込んでいた。“たった今、私ハワードは、もっとも愚劣かつ下等な生命体である人類を地球上から抹殺すると決意した。もはや、人類の存在理由のかけらすらも見い出すことはできない。娘の死を君たち自身の死をもって償いたまえ。が、君たちにもきっと言い分はあろう、一人の人間をここへよこすのだ。最後のチャンスをあげよう。”

NASAからの報告によると、この狂気のメッセージは、南太平洋に浮かぶ孤島・トリニア島から発信されたもので、しかも島の地下深くには、全人類抹殺に余りある核兵器の存在の可能性が認められた。

そして、ベンソンのもとに一通の指令書が届いた。
(マニュアルより)

【本編】

ars2007-02.JPG
ベンソンの活躍は、この海岸から始まる。まずは移動してみることにしようぞ。

ars2007-03.JPG
巨岩を利用した建物のようじゃが、ドアをどうやっても開けることができぬ。このドアを開けるには、どうしたらいいのだ?

ars2007-04.JPG
さらに進むと、近未来的な建物の前に来たぞ。中は竪穴が深くまで続いているようじゃが……?

ars2007-05.JPG
なんと、首謀者であったハワード博士は既に死んでいた!
待てよ、ではメッセージを送ってきたのは、一体誰なのだ……?

ars2007-06.JPG
研究所のようじゃな。何か手がかりがあるかもしれぬ。
調べてみるとしよう。

ars2007-07.JPG
さて、あるものがあれば、先ほどの近未来的な建物の中に入ることができる。
ここはどうやら、動力室のようじゃな。
ここではさっそく、するべきことがいくつかあるぞ。

ars2007-08.JPG
メカノイドじゃ!! こちらを攻撃する気マンマンのようじゃ。
奴と戦うための武器は持っておるか?

ars2007-09.JPG
先に進むと、少女が入ったカプセルがある。
眠り姫を目を覚ますにはどうしたらいいのか?

ars2007-10.JPG
コンピュータールーム。
ここでは、ある情報を知ることができるぞ!

ars2007-11.JPG
このドアを開けるにはどうしたらいいのか……?
彼女の言うことには、彼女のある感情がカギというが……

ars2007-12.JPG
ついにここまでたどり着いたぞ!
どうすれば、世界を救えるかは……



ここから先は君の目で確かめるのじゃ!!
健闘を祈っておるぞ!



==========
※次の更新は、『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 14:14| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする