2017年07月25日

プログラミングを始めよう!2017

〇はじめに
プログラミングは楽しいものです。
ゲームや役に立つツールを自分で作れる、自分の思い描いたプログラムを組むことができる楽しさ、面白さは、一度ハマれば、もう夢中になることでしょう。
ですが、やっぱりお金がかかると、しり込みしてしまうのも確か。そこで今回は、無料でプログラミングを楽しめる開発ソフトを紹介していこうと思います。

〇初心者にはこれ。N88互換BASIC for Windows95
170725-01-01.jpg
昔のパソコンには、その機種独特のBASIC言語が内蔵されていました。F-BASICやS-BASICなどなど……。
そのうちの一つ、旧機種PC-8801シリーズ及び、PC-9801シリーズのBASIC、N88-BASICをもとに作られたのがN88互換BASIC for Windows95(以下、N88互換BASIC)です。
このN88互換BASICは、言語の仕様がN88-BASICに沿っているので、ちょっと手を加えれば、N88-BASICのプログラムをそのまま移植することができます。また、言語もとても覚えやすくなっているので、初心者にもお勧めですし、旧機種のBASICに触ったことのある人なら、問題なくプログラミングを楽しむことができます。
ただ、昔のBASICなので、今のプログラミング言語の勉強には適さないのと、実行ファイルを作ることができないのが難点です。

〇ゲームを作りたいならHSP(Hot Soup Processer)
170725-01-02.jpg
Hot Soup ProcesserことHSPは、子供でも理解し易いプログラム言語を掲げて開発された、ONION softwareによって開発されたプログラミング言語と、その統合開発環境です。
HSPも、N88互換BASICと同様、言語仕様がとてもわかりやすく、初心者でもすんなりとプログラミングできるようになっています。また、ゲーム作りに適した命令もそろっているので、ゲーム作りにも向いています。
実行ファイルを作ることができるのも良いところです。
HSPを使ったプログラミングの講座を扱っているサイトも多いので、プログラミング言語で自作ゲームを作ったり、ツールを作ったりしたい人は、このHSPから始めるのもいいかもしれません。

〇本格的にプログラミング!① VisualStudio Express 2013 for DeskTop
170725-01-03.jpg
VisualStudioはかのMicroSoftが開発した統合開発環境で、VisualStudio Express(以後、VS Express)はその無料版です。一時はVS Express 2013でExpressは廃止される予定でしたが、その後撤回されたとのことです。
さて、このVS Express2013の特徴の一つは、これ一つでVisual Basicのプログラムも、Visual Cのプログラムも組めることです。自分に向いているプログラミング言語でプログラミングが楽しめるわけです。また、通常の実行プログラムはもちろん、DLLも作ったりすることができます。
VS Express2013でも扱っている言語の一つ、Visual Basicは.NETになって言語仕様が変更になって、若干難しくなりましたが、検索すればテクニックやプログラミング講座を扱っているサイトが見つかるので、使えるようになるのも難しくないでしょう。
何より、仕事でVisualBasicやVisual C++を扱っている企業はまだ多いので、習得しておくと就職で有利になるかも?

〇本格的にプログラミング② Eclipse
170725-01-04.jpg
最近は、仕事でJavaを扱うところも増えてきたようです。スマホのアプリもJavaでプログラミングされてますしね。
そのJavaでのプログラミングに適した統合開発環境が、このEclipseです。
このEclipseでは、プラグインを入れることにより、スマホやガラケーのプログラムを作ったり、はたまたGUIで画面の設計をしたりすることができます。
他にも、命令の強調表示や、バルーンヘルプで命令のヘルプを表示させたりなど、統合開発環境に必要な機能は一通りそろっています。
Javaで本格的にプログラミングを始めたり、スマホのアプリを作りたいと思っている人は、このEclipseを使ってみるといいかと思います。
ただし、導入(日本語化含む)が大変だったり、ちょっと重かったりするので、Javaを勉強したかったり、ちょっとプログラミングしたい場合は、こちらのCPad for Java2SDKを使うのも選択肢の一つだと思います。
170725-01-05.jpg

〇番外
パソコンがないからプログラミングができないよー、という方も心配いりません。
最近では、スマホでプログラミングができるBASIC言語というのも出てきています。
検索してみましたが、多くのスマホ用BASICが見つかりました。(さすがに質は玉石混合っぽいですが)
外出先でちょっとしたプログラミングをしたい方や、パソコンがないけどプログラミングがしたい方は、グーグルのPlayストアで、スマホ用のBASICをゲットしてみてはどうでしょうか?


さて。ここまで無料のプログラミング用ソフトを紹介してみましたが、どうでしたでしょうか?
暑くて外に出たくない季節。そんなときは、涼しい部屋で、プログラミングにいそしんでみてはいかがでしょうか?
posted by 裏編 at 09:16| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第一回:デスゼニーランド(その2)

chare170716-01.JPG
まず最初の関門は、第一のアトラクション『鳴門海峡の海賊』じゃ。
さっそく目の前にボートが。ここですぐに乗り込みたくなるがちょっと待て。まずはボートをいろいろと確認してみるとしようぞ。

chare170716-02.JPG
ではいざ船出!でも一体どこへ進めば、岸に着くことができるのじゃろうか?

chare170716-03.JPG
正しい海路を進むことができれば、このように陸に到着することができる。
この小屋は、海賊の隠れ家だそうじゃ。

chare170716-04.JPG
隠れ家の中はとてもほこりっぽい。Lookすると、クモの巣が目につくが、ここではその巣がかかっている天井に注目じゃ。

chare170716-05.JPG
うおっ!?海賊を出くわしてしもうた!
わしであれば銃弾をかわすことなど造作もないが、この物語の主人公には無理なこと。
主人公の命運は、実はデスゼニーバザールで何を買ったかで決まるぞ。死んでしまう場合は、バザールのところからやり直すべし

chare170716-06.JPG
なんとか海賊を切り抜けて進むと、今度は砂浜に出たぞ。

chare170716-07.JPG
海賊の骸骨が旗を振っておるぞ。ぜひほしくなるが、ちょっと待て。それ以外にも何かあることに気が付かぬか?

chare170716-08.JPG
ろうやの中に銀のカギが落ちておるぞ。じゃが『get silverkey』と入力しても取ることはできぬ。どうやら、何かを使って取らねばならぬようじゃが……?

chare170716-09.JPG
おぉ、宝箱じゃ!ぜひ開けてみたいが、何かこんなところにぽつんと置いてあるところが怪しいのう。

chare170716-10.JPG
お疲れ様、ここで鳴門海峡はおしまいじゃ。次のアトラクションには何が待ち受けておるのじゃろうか?
posted by 裏編 at 09:33| Comment(0) | チャレンジARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第一回:デスゼニーランド(その1)

うむ!わしが師匠Tである! 古今東西のAdventureGame、RolePlayingGame、そしてSimulationGameを紹介していくこのコーナー。
今回は、デスゼニーランドを紹介するぞ!
これは、往年の名作にして怪作、デゼニランドをモチーフとした(決してパクりではないぞ!)アドベンチャーゲームじゃ。今回はこれを、数回に分けてラスト直前まで紹介していこうと思う。
ではいくぞ! 久々の!

どんなゲームも完全制覇じゃ!!

ars170712-01.jpg
まずは、デスゼニーランドの入り口からスタートじゃ。
いきなり、「チケットを持っていないとダメ」ときたぞ。
チケットはどこで手に入れればいいのか……。

ars170712-02.jpg
チケット売り場まで来たが、チケットを買うには、予約券が必要だそうじゃ。
当然、そんなもの持ってるはずもない。
他の方法を探さなきゃならぬか……。

ars170712-03.jpg
この怪しそうなオヤジはダフ屋。チケットを法外な値段で売るとんでもない奴じゃ。
じゃが、今はそんなやつの手も借りねばならぬ。じゃが、自分の所持金ではそんな金払えるわけもない……。

ars170712-04.jpg
コインロッカー。一見普通のロッカーのようじゃが……ムムム、何かここに事態打開のカギが眠っている気がするゾ!

ars170712-05.jpg
いろいろあったが、なんとか入ることができたぞ。
む、この紙切れは……?

ars170712-06.jpg
ここは、6つの店が立ち並ぶデスゼニーバザール。
ここではそれぞれの店に入り、3つまで買い物をすることができる。
ここで何を買ったかで運命が決まるぞ。心して選ぶべし。
----------
ここに掲載されている画像の著作権は、紹介しているゲームの製作者にあります。
これらの画像の二次利用を禁じます。
posted by 裏編 at 11:24| Comment(0) | チャレンジARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする