2017年09月20日

レトロゲーレビュー・『SaGa2 秘宝伝説』【1990年・SQUARE・GB】

【その伝説、伝説につき】

ファイナルファンタジーシリーズやドラゴンクエストシリーズなど、名作RPGの数々を送り出してきたスクウェア・エニックス。 そのメーカーの片割れ、スクウェアが送り出してきたゲームのシリーズのひとつが、SaGaシリーズである。
そして、そのシリーズの中で、裏編が一番好きなのが、このSaGa2である。
それは他のプレイヤーも同じだったようで、数年後、この伝説が再び生まれ変わることになるのだが、それは後で話すとして、まずは、このSaGa2の概要と面白さについて説明することにしよう。

【その伝説、携帯機に配慮】

このSaGa2のストーリーは、秘宝を集めるべく旅に出る、というオーソドックスなものである。
さてさて、そんなSaGa2だが、プラットホームがゲームボーイだけあって、携帯機用であることを配慮されたものになっている。
具体的には、どこでもセーブが可能になっていたり、画面配置も携帯向けにうまくまとめられていたりなどだ。

さすがはスクウェア、といったところだろうか。

また謎もそれほど難しくなく、サクサク進めることができるのも、携帯機向けのゲームとしてはいいところかもしれない。

【その伝説、独特システム】

さらに、SaGa2は、ただのオーソドックスなRPGで終わらないよう、色々独特のシステムを組み込んでいた。
それはずばり、成長システム。
たいていのRPGでは、ただEXPをためてレベルを上げるのが基本の成長だが、SaGa2では、パーティメンバーの種族によって成長方法が変わるようになっている。
具体的に言うと、人間・エスパーは戦闘終了後、一定確率で成長が起こり、その戦いの内容によって能力が上がるようになっており、モンスターは敵が落とす肉を食べて、別モンスターになることで、そしてメカかアイテムを装備することで成長するようになっているのだ。

このように色々な成長パターンがあると、色々な種族を使ったりしたくなるし、ゲームも楽しくなる、というものだ。

【その伝説、生まれ変わり】

前にもはなしたが、このSaGa2は、ニンテンドーDSにリメイクされている。 それだけ、このSaGa2が人気があったということなのだろう。
リメイク版では、イベントの追加や、やりこみ要素の追加、新システム追加など、さらに面白くなるように改良されている。 さらに、グラフィックも、ニンテンドーDSのグラフィック能力で強化されているのだ。
GB版でクリアした人も、このリメイク版で新しい感動に触れてみるのもいいかもしれない。 もちろん、リメイク版を先にクリアした人が、GB版で懐かしい感動に浸るのもよしだ。
posted by 裏編 at 07:38| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする