2017年10月16日

フリーゲームレビュー:二つの塔を行き来するというアイデアが斬新だぜ!≪テレポー塔≫

free-171016-00.JPG
☆まずはシステム紹介!☆

今月のフリーゲームレビュー、その一本目は、この『テレポー塔』を紹介しましょう。
このゲームでは、その名のとおり、テレポートが重要な位置を占めています。
このゲームは、左右に分割されており、ボタンを押すことで、反対側へとテレポートすることができます。これをどう使うか、口で色々と説明するより、例で見たほうがわかりやすいと思います。

free-171016-01.JPG
▲ 右の宝石が取りたいけど、前に壁が! こんなときは・・・

free-171016-02.JPG
▲ テレポートで右の画面に移動して、右に進んで、左の画面での壁の中に入り・・・

free-171016-02b.JPG
▲ 左の画面に戻ればOK!

と、このように、二つの画面をうまく移動して、障害をクリアすること。それがこの『テレポー塔』のゲーム性、というかパズル性なのです。
正直、裏編もこれには目からうろこでした。
かつてベーマガにも、二つの画面を行き来して遊ぶゲームがありましたが、それをパズルに取り入れる、という発想には脱帽ものです。

☆仕掛けも色々!☆

もちろん、これだけの要素でも、パズルやアクションとしても面白いですが、これだけで終わるゲームではないのが、この『テレポー塔』。
このゲームには、他にも色々なギミックがあったりするのです。

free-171016-03.JPG
▲ ブロックのカドにはつかまることができる

free-171016-04.JPG
▲ でも、このようなカドが欠けてるブロックにはつかまることはできないので注意!

free-171016-05.JPG
▲ ジャンプ台? この上でジャンプすると、通常より高くジャンプすることができる。

free-171016-06.JPG
▲ テレポートドア。ここでテレポートすると、逆の画面ではなく、もう片方のテレポートドアにテレポートする

このように、色々なしかけが組み合わさって、面白いパズルになっているのです。
しかも、色々なしかけがあるので、この先どのような仕掛けがあるのか、どのような面になっているのか、わくわくしてきますよね^^

☆アクションとしても歯ごたえが……☆

さらに、この『テレポー塔』は、パズルとしてだけではなく、アクションとしても歯ごたえがあるものになっています。 例えば、狭い足場をぽんぽんとわたって言ったり、落下先にあるジャンプ台からジャンプしたりとか……

free-171016-07.JPG
▲ このテレポートドアに、ジャンプして入ってテレポートし・・・

free-171016-08.JPG
▲ うまく、右の画面のジャンプ台から・・・

free-171016-09.JPG
▲ ジャンプ! こんなアクション・テクも必要になってくるぞ!

と、このように『テレポー塔』は、アクションパズルとして、バランスのとれた面白さをもっています。
なお、アクションの難易度は、アクション音痴の僕でも、少し繰り返せば、できるぐらいの難しさになっているのでご安心あれ~

☆最後に☆

アクションとしても、パズルとしても面白い、『テレポー塔』、いかがでしたでしょうか?
とても斬新なシステムを取り入れているうえに、パズルとしてもアクションとしても練りこまれているので、とても楽しめると思います。 難易度もほどよいですしね。

アクションがすきな人も、パズルが好きな人も、ぜひこの『テレポー塔』をプレイしてみてはどうでしょうか?
きっとハマること間違いなしですよ^^

※次の更新は、10月18日。市販ゲームを紹介するURAURA!GAME REVIEWの予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:34| フリーゲーム情報 | 更新情報をチェックする