2017年10月23日

高音質と操作性を追求したオーディオプレイヤー!『Linear Audio Player』

 音質と操作性。 この二つは、オーディオプレイヤーにとって、とても重要なポイントだと思います。
 やっぱり、いい音質で聞きたいし、操作性が悪いと音質がよくても使いづらくて台無しですからね。
 この二つの要素、それを追求したのが、今回紹介する『Linear Audio Player』なのです。

【音質】
 まずは音質です。 Vectorのこのソフトの紹介ページによれば、再生エンジンは、"FMOD Sound System"と"BASS Audio Library"の二つを使っているとのこと。
 二つの再生エンジンを使っているというだけで、どれだけ音質にこだわっているかがわかりますよね。 聞いてみても、確かに他のプレイヤーよりいい音になっている気がします。
 さらに、圧縮ファイルの中のファイルも、解凍することなく再生することができると、とても便利なものになっています。

【操作性】
 さて、続いては操作性ですが、まずこのプレイヤーでは、ファイルはデータベースで管理されます。 ジャンル別や日別など、自分の好きなように分類することができます。 しかもデータベースの新規作成は、アイコンをクリックしてメニューから『データベース新規作成』を選び、名前を入れるだけとシンプル。 データベースの切り替えも、コンボボックスから切り替えるだけ、ととてもシンプルです。
 さらに、タグ変更機能も搭載されています。 しかも、一括して変更することができると、とてもユーザーフレンドリーな設計。
 また、データベースに登録したファイルは、アーティストやジャンル、年、そしてタグなど、色々な項目で、しかもアイコンをクリックして切り替えるだけと、とても簡単に絞り込むことができます。
 またそれだけでなく、コンボボックスから切り替えることで、『再生回数が多い』とか、『一か月以内に登録』とか、そのような具体的な条件で絞り込むことができるのです。
 そして、プレイヤー自体は、通常は細いバー状になっていて、しかもタスクトレイに格納することもできるなど、場所を取らないようになっているのです。

【最後に】
 ここまで、この『Linear Audio Player』を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 とても使いやすいプレイヤーなので、よりよりオーディオプレイヤーがほしい人は、ぜひとも使ってみてはどうかと思います。
 しかも、このプレイヤーは、まだ進化途中だそうで、これからがとても楽しみですね。

 なお、このソフトは、ファイナルストリーム 氏の開発されたもので、こちらからダウンロードすることができます。

※次の更新は11月1日、特集・PSPをさらに活用!、の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:52| PCメディア情報 | 更新情報をチェックする