2017年11月26日

HSP、VB、なでしこで、気軽に動画を扱ってみよう!

どうも、裏編です。今回は、HSP、VB、なでしこの三つの言語で、動画を扱う方法について紹介していこうと思います。動画を再生するプログラムが、実は簡単に作れる、ということを伝えることができればいいな、と思っていますよー。それではいってみましょうー

~HSPではaviplay2.dll
さて、まずはHSPです。こちらでは、aviplay2.dllという拡張プラグインを導入することで、動画の再生が可能になります。
ダウンロードはこちらから^^

さてさて、このプラグインでは、
dshow_init命令で初期化を行い、dshow_load命令で動画ファイルをロードし、dshow_play命令で再生することになります。また、dshow_getvideosize命令やdshow_setvideopos命令で、動画のサイズや位置を変更したり、dshow_setalphabitmap命令で、動画を合成することも可能です。
命令の使い方は、添付されているReadmeを読んでくださいね。

1711-05-01.JPG
▲ aviplay2.dllのサンプルプログラムの実行画面

~VB.NETではWMPコントロールと+α
さて、次はVB.NETです。2010も無料のEXPRESS版として出ましたね。
さて、VB.NETで動画再生を扱う方法としては、Windows Media Player(WMP)をコントロール(フォームに配置する部品のこと)として使う方法が、とっても簡単です。
WMPコントロールを配置すれば、後は、URLに再生したいファイルのパスを設定することで、簡単に動画を再生することができます。
また、WMPコントロールは、いかにもWMPを使ってる感じがするから嫌だ、という場合には、ちょっと敷居は高くなりますが、DirectShowをコントロールを使わずに、プログラムで使うという方法もあります。

1711-05-02.JPG
▲ VB.NETでWMPコントロールを使ったプログラムの実行画面

~なでしこではMCI補助ライブラリ改
さて、トリはなでしこです。なでしこでは、MCIの命令を使って再生することができます。ですが、そのために必要な設定が色々あって、普通に使うには、ちょっと難があるかもしれません。でも大丈夫です。こちらのサイトにある『MCI補助ライブラリ改』を使えば、それらを簡略化して、簡単に動画の再生ができるようになります。
準備は、本体の項目にあるソースを、『nako』の拡張子のテキストファイルとして保存するだけです。
使うときには、このソースを、『取り込む』命令を使って取り込んで使えばOKです。 
詳しい使い方も、このページや、サンプルプログラムを読めば、すぐにわかると思いますよ。

1711-05-03.JPG
▲ MCI補助ライブラリ改のサンプルプログラムの実行画面

~最後に
ここまで、HSP、VB.NET、なでしこの三言語で動画を再生する方法を紹介してきましたが、どうでしたでしょうか? これらの言語を使えば、このように動画再生のプログラムを手軽に作ることができるのです。
さぁ、みなさんも、自分のお気に入りのメディアプレイヤーを作ってみてはどうでしょうか?

※次の更新は12月1日、『あなたの部屋にかわいい秘書が?『あにめちっく・めぐみたん』を使ってみよう』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 08:27| Comment(0) | PCメディア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ゲームむかしがたり『ゼビウス』

 ゼビウス。ゲーム好きならだれでも知っている、シューティングの名作である。
 実はこのゼビウス、普通にプレイしていては気付かないかもしれないが、実はエリア1をプレイするだけで、未プレイな人でも基本的なプレイができ、エリア4までプレイすると、ゲームのほとんどの要素が、一通り身に着くようにエリア構成が練られているのだ。
 そこでここでは、そのゼビウスでの工夫について紹介しよう。

~エリア1・前半
 まずゲームが始まると、飛んでくるのはトーロイド。 自機と縦軸が合うと横に回転して逃げながら弾を撃ってくる敵だが、ここでは、まだ弾を撃ってこない。プレイヤーはここで、空を飛んでくる敵はザッパーで倒せることを学ぶわけだ。

 少し進むと、地上物・ゾルバグとパーラが接近してくる。これはザッパーでは倒せず、対地攻撃兵器のブラスターで倒さないといけない。しかも、破壊するためには、ブラスターの照準を、うまく相手に合わせる必要がある。これでプレイヤーは、地上の敵はブラスターで攻撃することと、ブラスターの扱い方を学ぶことになる。

~エリア1・後半
 さらに進むと、次は地上物・ログラムと、飛行する敵のタルケンがおでましだ。こいつらは、前半に出てきたトーロイドやゾルバグとはわけが違う。弾を撃ってくるのだ。幸いなことに、ここでの攻撃はそれほど激しくない。いわばここでは、敵の攻撃をかわしながら、逆に敵を撃破するトレーニングをすることになるわけだ。

 そうそう、最初の川を越えたあたりで、隠しキャラのソル、次の川で同じく隠れキャラのスペシャル・フラッグが出てくる。うまくいけば、このゲームでの隠しキャラの出し方を学べるわけだ。特にソルは、ファミコン版ではちょっとわかりにくいが、アーケード版では、道路(?)が小さい広場のようになっているところのすぐそばにあるので、とてもわかりやすい。これもうれしいところだ。

 そして最後は、ボザログラムとログラムによる猛攻撃。空中物の攻撃もあり、ここはいわば、今までの総仕上げといったところだ。ここをクリアできれば、もうゼビウスの基本はばっちりだ!

~エリア2以降
 さて、エリア2以降は、いわば発展編といったところ。
・エリア2……移動する地上物のドモグラムと弾を連射する地上物デロータが初登場!
・エリア3……破壊不可能なバキュラ、そしてデロータの強化版・ガルデロータが登場! バキュラをうまくよけて進め!
・エリア4……いよいよボス敵・アンド・ア・ジェネシスが初登場!君はこの猛攻を切り抜けることができるか!?

 このように、エリア4までの間に、ゼビウスのほとんどの要素を体験するような構成になっているのだ。
 そうそう、展開によっては、エリア3の後半で、強敵の一つ、ゾシーも出てくるぞ。

 と、ここまで説明してきたが、どうだっただろうか? ゲーム内でチュートリアルの要素を秘めたゲームとして、スーパーマリオが指摘されているが、このゼビウスも、そのような配慮がなされているのだ。さすがナムコといったところだろう。

※次の更新は、11月26日、『HSP、VB、なでしこで、気軽に動画を扱ってみよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:14| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

レトロゲーレビュー・『ちゃっくんぽっぷ』【1983年・タイトー・AC、FC他】

【ターイトっ♪】
上のワード、声に出して言ってみよう。かわいい感じで言えた人、あなたは立派なタイトーファンだ(笑
さて、タイトーといえば、少し前には、カラオケ事業で有名だったが、かつてはダライアスや、かのスペースインベーダーといった名作、たけしの挑戦状といったキテレツな作品、といったいろいろなゲームを作ってきたメーカーであった。
当然、裏編もタイトーのゲームで好きなのがある。それが、今回紹介する、『ちゃっくんぽっぷ』である。

【てってんてってんてってん♪】
上のワード、リズムをつけて歌ってみよう。うまく歌えたあなた。立派なタイトーファンです 笑
さて、このちゃっくんぽっぷのストーリーだが、もんすたに盗まれた、ちゃっくんとみす・ちゃっくんのらぶを取り返しに行くというストーリー。といってもRPGではない。
ゲームのルールとしては、とっても単純。爆弾でオリを爆破して、すべてのハートを助け出し、出口から脱出すればOK、というシンプルなものだ。
でも、主人公であるちゃっくんや、敵のもんすたといったキャラがとてもかわいく、シンプルさも相まって、とても熱中してしまうゲームなのである。
だが、このゲームが面白いのはそれだけではないぞっ。

【ちゃらちゃかちゃんちゃん、ちゃらちゃかちゃんちゃん♪】
上のメロディーが何かわかりますか? わかったあなたは以下略 笑
このゲームが面白いのは、シンプルさや、キャラのかわいさだけではない。ギミックやパワーアップや隠しボーナスも面白さに一役買っているのだ。
例えば、風船(?)。これを爆風で割ると、中から水が下に流れ落ちてたまる、という仕掛けだ。
水中では重力が働かないので自由に動くことができるが、爆弾が爆発しても爆風は発生しないので注意は必要だ。(ただ、爆発で敵を倒すことは可能)。
例えばムービングブロック。左右に動くブロックで上に乗ったり、下にくっつくことはできるが、気を付けないと、壁とこれとの間につぶされてしまうこともある、曲者なギミックだ。
例えば、フルーツやスーパーハート。一つの爆弾の爆風で、複数のもんすたを倒すと、ボーナスアイテムのフルーツが出てくる。しかし! ある条件を満たしたうえで、複数のもんすたを一つの爆弾で倒すと、フルーツの代りにスーパーハートが出てきて、これを取ると……ちゃっくんはすーぱーちゃっくんへとパワーアップし、上記のメロディをBGMに大暴れ!爆風を浴びてもやられることがなく、もんすたを体当たりでやっつけることができるようになるのだ!
そしてまた例えばボーナス。このゲームには、もんすたを、卵からかえってからすべて倒してクリアすると普通のボーナスが入るが、逆に一匹も殺さずにクリアすると、さらにたくさんのボーナスが手に入るのだ! ただし、卵状態のときに割ってしまうと、ノーボーナスとなってしまうので注意せよ!
さらに、もんすたに「爆弾が飛んでくると逃げる」とか、「しつこく追ってくる」とか性格づけがしてあったり……そうそう。小さなテクがあるのも忘れてはいけない。
例えば、ある面では、左右同時に爆弾をセットしないと、オリが破壊できなかったり、狭い中に複数の爆弾を置くと、爆風が左右に大きく広がるという、『波動砲』なるテク(このテクの名前、実際に旧ベーマガで紹介されてました。タイトー公式の名前かどうかは不明ナリ)があったりと、とても盛りだくさんになっているのだ。

【ちゃーん、ちゃーん、ちゃーん♪】
上のメロディー(?)を読んだあなた。これは、ただの朝礼のピアノではないですぞ。ゲームオーバー時には、このフレーズにあわせて、ちゃっくん&みすちゃっくんがお辞儀をするのだ(笑
さてさて、ここまで紹介してきた『ちゃっくんぽっぷ』、どうだっただろうか?
百聞は一見にしかず。このゲーム、とても面白いのでやってみてはどうだろうか?
最近では、プレイステーション2版や、PSP版がゲットしやすいだろう。

さぁ、君は全ての面をクリアし、みすちゃっくんとの愛を取り戻し、彼女と結婚式を挙げることができるか!?

※次の更新は、11月23日、『ゲームむかしがたり『ゼビウス』』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:30| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

LGP講座(かり~第4回 繰り返しについて学ぼう!

yuu_bustup.jpg
優:こ、こんにちは……。柊 優です・・・。

airi_bustup.jpg
愛梨:こんにちはーっ。結城愛梨でーすっ。

haruka_bustup.jpg
陽香:こんにちは。今月も、よろしくお願いします。永乃原 陽香です。

yuu_bustup.jpg
僕たち三人がお届けする、LGP講座(かり、今月もよろしくお願いします……。

airi_bustup.jpg
それで優ちゃん。今日は何するの?

yuu_bustup.jpg
うん……。今回は、繰り返しについて勉強するよ……。

airi_bustup.jpg
はーい。がんばりまーすっ。

haruka_bustup.jpg
それでは、今回もはじめていきましょうか。

~LOOPとENDLOOP

yuu_bustup.jpg
まず、繰り返しの基本となる、LOOPとENDLOOPからはじめていくよ……。
これは、この二つの命令にはさまれた命令を繰り返す命令なんだ……。

airi_bustup.jpg
なるほどー。あれ、それじゃ止めるにはどうしたらいいの?

yuu_bustup.jpg
BREAK命令を使えばいいんだ……。この命令が実行されれば、そこでその繰り返しは終了されるんだよ……。

haruka_bustup.jpg
そこで、このBREAK命令と、条件分岐とを組み合わせればいいんですよ。
例えば、これは変数を1ずつカウントしていき、10になったら停止するプログラムです。
--------------------
A = 0
LOOP
 A = A + 1
 IF A = 10 THEN
  BREAK
 ENDIF
ENDLOOP
--------------------

airi_bustup.jpg
なるほどー。終了させる条件を満たしたら、BREAK命令を実行させればいいんだねっ。

haruka_bustup.jpg
では、ここで愛梨ちゃんに問題です。このプログラムを応用して、1から9までの合計を表示するプログラムを作ってみてください。

airi_bustup.jpg
え?えーとえーと……これでいいかな?

--------------------
S = 0
A = 0
LOOP
 S = S + A
 A = A + 1
 IF A = 9 THEN
  BREAK
 ENDIF
ENDLOOP
SC=G@SETUP(640,480,16,1)
LOOP
 //変数Kの内容を表示
 G@PRINT(SC, 320, 240, STR(S))
 G@FLIP()
 S@SLEEP(1000) //1秒停止
ENDLOOP
--------------------

airi_bustup.jpg
それじゃ、実行させてみるねー。……あれ?

lgp1711-01.JPG
▲ あれ?

airi_bustup.jpg
1~9までの合計は45のはずなのに、どうしてだろ?

haruka_bustup.jpg
プログラムの流れを追ってみてください。8が変数Sに足されたあと、どうなりますか?

airi_bustup.jpg
あ!変数AをSに足した後、Aに1を足して9にして、そのあと条件判断にいってる。そしてそのままA=9の条件が成立して、BREAKを実行してるから、9が足されないで繰り返しから抜けちゃったんだー!

haruka_bustup.jpg
そういうことです。 ここでは、A=A+1をS=S+Aの前に書くか、条件判断の下に書くのが正しいんですよ。

yuu_bustup.jpg
このように、繰り返しでは、繰り返しの中の命令の順番によっては、正しく動作しない可能性があるから、気を付けてね……。

airi_bustup.jpg
はーい、わかりましたー。

~FORとNEXT

yuu_bustup.jpg
さて、続いては、FOR~NEXTについて説明するね。これは、このように書くんだ……

-------------------------------------------------------
FOR 変数=始めの値 TO 終わりの値 STEP 変数に加える値
……
NEXT
-------------------------------------------------------

airi_bustup.jpg
BASICでのFOR~NEXTと同じなんだね。

yuu_bustup.jpg
うん……。 あと、BASICと同じように、『変数に加える値』が1のときは、STEPのところは省略できるんだ。だから……
FOR A = 1 TO 5
これと、
FOR A = 1 TO 5 STEP 1
これは同じ意味になるんだよ……。

airi_bustup.jpg
なるほどー。

haruka_bustup.jpg
動作もBASICと同じですよ。ループ開始じに、指定した変数の値を始めの値にセットして、繰り返すごとに、その変数に、『変数を加える値』を足していき、終わりの値に達したときに、ループを終了させます。
また、このFOR~NEXTでも、BREAKが使えますよ。

airi_bustup.jpg
はーい、わかりましたー。

~ループの入れ子と配列

yuu_bustup.jpg
さて、繰り返しのテクニックについてだけど、繰り返しのループの中には、さらにループを入れることができるんだ……。

airi_bustup.jpg
ループの中にループ?

yuu_bustup.jpg
うん……。この場合、内側のループに入ったら、まずその内側のループの繰り返しを行い、その繰り返しが全部終わってから、外側のループに戻るんだ……。

haruka_bustup.jpg
このテクニックは、ある繰り返し処理の中に、さらに繰り返しの処理があるときに便利ですよ。

airi_bustup.jpg
うん、わかったよー。

yuu_bustup.jpg
そして続いて、配列について……。
配列というのは、一つの変数を、いくつかの部屋に区切ったものなんだ……。

airi_bustup.jpg
それぞれの部屋は、( )の中の、添え字という数で区別するんだよね?
A(5)
という感じで。

yuu_bustup.jpg
そうそう……。さて、LGPでは、配列を定義するには、DIM文を使うんだ……

-------------------------
DIM 変数(添え字のMAX)
例 DIM A(5)
-------------------------

yuu_bustup.jpg
なお、添え字は0から始まることに注意してね……。つまり、上の例だったら、部屋はA(0)からA(5)の6つ作られることになるんだ……。

airi_bustup.jpg
はーい、わかりましたー。

haruka_bustup.jpg
さて、この配列は、繰り返しと組み合わせると便利です。
繰り返しの中で変化する変数を添え字とすることで、いくつもの配列の中身を、ループで扱うことができるんですよ。
例えばこれは、A(0)~A(9)までの配列の中身を合計するプログラムです。

--------------------------------
DIM A(9)
A(0)=4
A(1)=93
A(2)=24
A(3)=85
A(4)=10
A(5)=3
A(6)=35
A(7)=54
A(8)=21
A(9)=43
S = 0
FOR B = 0 TO 9
 S = S + A(B)
NEXT
SC=G@SETUP(640,480,16,1)
LOOP
//変数Kの内容を表示
 G@PRINT(SC, 320, 240, STR(S))
 G@FLIP()
 S@SLEEP(1000) //1秒停止
ENDLOOP
--------------------------------

airi_bustup.jpg
へぇ~。 配列の数が10個でも100個でも、短い繰り返しの処理だけでできるから便利だね。

yuu_bustup.jpg
そうだね……。それじゃ、今回はここまで……。次回は、ユーザー関数について説明するよ……。

haruka_bustup.jpg
それではまた次回。 ごきげんよう。

airi_bustup.jpg
またね~。

※次の更新は、11月20日。レトロゲーレビューの予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:22| Comment(0) | LGP講座(かり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐回:黄金の墓

※ここに掲載された画像は、問題があれば削除いたします。

171103-ch-00.JPG

うむ、師匠Tである! 今月はレトロアドベンチャーゲームを紹介していくぞ。
今月は、アクの強いアドベンチャーゲームを作ることで定評のあったマジカル・ズウの作品、『黄金の墓』じゃ。

このゲーム、実はテープ版とディスク版があり、今回紹介するテープ版は、なんとディスク版の前の話、という位置づけになっておる。 もしディスク版をプレイするつもりがあるなら、これをプレイしておけば、伏線が見つかるかもしれぬの。

それではいくぞ。

どんなゲームも完全制覇じゃ!!

171103-ch-01.JPG
今回は、いきなり本編じゃ。
まずゲームは、仕事帰りの町から始まるぞ。

171103-ch-02.JPG
占いのばーさんとであった。
彼女は、何百年もの長い間、主人公を待っていたといい、助かりたければ魂をよこせと言ってきおった。
もちろんそんなことをするわけにはいかない。
アレを手に取るのじゃ!

171103-ch-03.JPG
なんと、このばーさんは妖怪じゃった。
危ない危ない。
もし素直に渡していたら、どうなっていたことか……。

171103-ch-04.JPG
171103-ch-05.JPG
大家さんに、「やましいことはないか」と問い詰められた。
しかし、アレを見ると、とたんに逃げ出した。
いったいどういうことじゃ??

171103-ch-06.JPG
部屋に戻ってきたぞ。
むむ、手紙が届いておる。その手紙には……?

171103-ch-07.JPG
そして、舞台はいきなりエジプトへ。
砂漠には、悪霊がうろついているというが、ここで引き返すわけにはいかぬ。
前進あるのみじゃ!

171103-ch-08.JPG
171103-ch-09.JPG
そしてやってきたピラミッド。
さっそく中に入ってみるとしようぞ。

171103-ch-10.JPG
ピラミッドの中にいたのは、謎の男、ロイド。
彼は、この先のオロチを倒せるかと聞いてきおった。
むむ、挑戦されたら後にはひけぬ!

171103-ch-11.JPG
オロチと対峙。
しかし、やつは強く、素手で戦うのは自殺行為じゃぞ。
アレを使って戦うのじゃ!

171103-ch-12.JPG
続いてやってきたのは山。
そこには、洞くつが口をあけておった。
もちろん前進あるのみじゃ!

171103-ch-13.JPG
盗賊に見つかってしもうた!
じゃが逃げるわけにはいかぬ!

171103-ch-14.JPG
スフィンクスじゃ。当然、問題を出してくるが、答えはあまりにも有名じゃの。

171103-ch-15.JPG
171103-ch-16.JPG
スフィンクスを超えると、そこには美しいお嬢さんが。

171103-ch-17.JPG
と思いきや、彼女は盗賊にさらわれてしもうた!
うぬぬ……許せぬ!

171103-ch-18.JPG
森にやってきた。
森の精は、宝を返してくれと言ってくるが……?

171103-ch-19.JPG
再びロイドと出会ったぞ。
本当に神出鬼没なやつじゃ。
こやつ、本当に何者なのじゃろうか……。

171103-ch-20.JPG
そしていよいよ、娘をさらった盗賊と対決!
こいつにも、素手では勝てぬ。注意じゃ。

171103-ch-21.JPG
171103-ch-22.JPG
171103-ch-23.JPG
そしてついに盗賊を倒して、娘さんを救出!
この後どうなるかは……。

ここから先は、キミの目で確かめるのぢゃっ!!
健闘を祈っておるゾ!!


※このゲームの著作権は、マジカル・ズウにあります。

※次の更新は、11月16日、『LGP講座(かり』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:58| Comment(0) | チャレンジARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする