2018年07月10日

師匠のJava道場~第11回・finalについて学ぶのじゃ!

師匠T:さてさて、この講座も10回を超えたか。ずいぶん歩んできたのう。

弟子D:はい。俺も、Javaのプログラミングについて、いくらか詳しくなったような気がします。

師匠T:言うようになったのう、こいつめ。まぁ、それもわしの見事な教えがあったればこそじゃな。

弟子D:……。

師匠T:ごほん。さて、今回は、final修飾子とについて説明していくとするぞ。

弟子D:はい、師匠!

▽まずはfinal修飾子についてじゃ!▽

師匠T:まず弟子Dに問題じゃ。finalという英語の意味とはなんぞや。

弟子D:えぇと、最後の、という意味でしたっけ。

師匠T:うむ。Javaでのfinalもそれと同じようなものじゃ。finalをつけると、そこから拡張や変更ができなくなるのだ。
どのようになるかは、これから説明していくぞ。

弟子D:はい!

師匠T:まずは、クラスやメソッドにつけた場合じゃ。これらにfinalをつけると、それらの継承やオーバーライドができなくなる。

弟子D:ふむふむ。

師匠T:これらの特性から、メソッドであっても、コンストラクタにはfinalをつけることはできない。注意しておくのじゃ。

Java1807-01.JPG
△ コンストラクタにfinalをつけるとエラーになるぞ!

師匠T:そして基本型の変数(フィールド)にfinalをつけた場合。このとき、この変数の値は変更することはできない。

弟子D:なるほど。

師匠T:なお、Javaでは、このようにして宣言された変数を定数として扱う。その場合、変数名は大文字で書くのが慣例じゃ。

弟子D:はい、わかりました!

師匠T:うむ、いい返事じゃ。さて、続いては、基本型の引数にfinalをつけた場合じゃ。これも同じように、その引数の値を変えることはできぬ。正確に言うと、変える命令を実行することはできるが、実際に値を変更することはできぬのじゃ。ほれ、この通り。

Java1807-02.JPG
△ 色が変わっている部分に注目。引数aの値を3に変えているが……。

Java1807-03.JPG
△ aの値は2のままだ!

弟子D:なるほど。

師匠T:なお、ローカル変数につけた場合も、フィールドと同じく、その値を変更することはできぬのだ。

弟子D:ふむふむ。あ、師匠。いまさらなんですが、ローカル変数とフィールドってどう違うので?

師匠T:うむ。それを説明し忘れておったの。どちらも、値を格納したり、インスタンスと結び付けたりといった機能は同じじゃが、ローカル変数は、そのメソッドの中でのみ有効で、メソッドを抜けると消滅してしまうもの、そしてフィールドは、メソッド外で宣言されたもので、そのクラス内ならどこからでも参照できるものを指すのじゃ。基本的にフィールドとは、そのインスタンスの特性を表すために使われておるな。

弟子D:なるほど、わかりました。

師匠T:うむ。さて、では続けるぞ。フィールド、ローカル変数問わず、参照型変数にfinalをつけた場合じゃ。

弟子D:はい。

師匠T:この場合、その変数の参照先(リンク先)を変えることはできない。しようとすると、エラーになるのじゃ。

Java1807-04.JPG
△ 参照型変数に、代入(参照型変数の場合は参照先の変更)しようとすると、エラーになるぞ!

師匠T:ただし、参照先の内容を直接変えるのならOKじゃ。

弟子D:なるほど、わかりました、師匠!

師匠T:うむ。次回は、Javaにおいて、クラスと並んで重要なポイントの一つ、例外について説明していくぞ。予習復習を忘れてはならぬ!



※次の更新は、7月12日。『師匠TのチャレンジARSゲーム!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:33| 師匠のJava道場 | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

機動電脳伝Gパソレク!第3話

文 裏編/絵 カゼカオル 氏
※この記事は、裏編が習ったりしていた内容をもとに記述されています。
 現在の内容とは若干違っている部分があることをご了承くださいませ(平伏

paso1807-1.gif
paso1807-2.gif
paso1807-3.gif
paso1807-4.gif
paso1807-5.gif
paso1807-6.gif
paso1807-7.gif

※次の更新は、7月9日、師匠のJava道場の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:48| Gパソレク | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

USBメモリ活用研究

データを保存するのに、とっても役立つUSBメモリ。
でも、ただデータ保存のためだけに使うのはもったいない。
USBメモリは、いろいろなソフトを使うことで、色々な使い方ができる超便利ツールなのです。
そこで今回は、USBメモリの色々な活用法を紹介していこうと思います。

~どこでも動画!
4GBぐらいのUSBメモリなら、1000円前後で売ってますよね。そのぐらいの容量であれば、Media Player Classic(4.53KB)、Gom Player(20.3MB)といったフリーのメディアプレイヤーが楽勝で入ります。
さらに動画のほうも、FLVならそれほどサイズも大きくありませんし、MP3だってMBクラスです。

そこで、メディアプレイヤーと、FLVの動画やMP3の音楽をUSBメモリに入れて持ち歩くのはどうでしょう?
これなら、職場のPCや、立ち寄った先のネットカフェのPCで、気軽に動画や音楽を楽しむことができます。

~どこでもサイト更新!
Vectorなどには、フリーソフトのHTMLエディタがたくさんあります。しかもこれらは、無料なうえに、市販のものに比べて、それほどサイズもありません。

なので、USBメモリに、これらのHTMLエディタと自分のサイトのHTMLファイルを入れれば、これまた職場やネットカフェのPCで、自分のサイトの更新をすることができます。
エディタもHTMLも、使っているPC上には存在しておらず、USBの中だけなので、他人や上司に、サイト更新のためにPCを使っていることを気づかれる心配もありません、たぶん(笑

~どこでも仕事!
フリーのビジネスツール、OpenOffice.org。その軽容量版、『OpenOffice.org Portable』。これは、ワープロや表計算ソフトなど、いわゆるオフィススイートが一通りそろっているにも関わらず、そのサイズは209MBと、オフィススイートが一通りそろっているとは思えないぐらい小さいのが売りのソフトです。

これと、作業中のファイルを入れておけば、HTMLエディタと同じように、いちいちデータ元のPCにファイルをコピーする手間はかかりますが、立ち寄ったネットカフェや自宅のPCで、作業の続きをすることができますね。

ただし、USBメモリを盗まれてデータをのぞかれたら大変なので、こちらのEDという、データ暗号化ソフトを使って、盗まれたり拾われたりしても、データを見られる心配がないようにすることが重要です。

~USBで鍵!?
USBメモリを、PCの起動キー代わりにすることもできます。USBメモリを抜くと、そのPCがロックされて使えなくなる、というものですね。市販には、そういう機能がついたUSBメモリもありますが、普通のUSBメモリに比べると、その分ちょっと高いですよね。でも……

大丈夫です!

こちらのツール、USB TOOLSを使えば、普通のUSBメモリでも、起動キーとしての機能を持たせることができるのです。 これを使えば、席を外したときに、誰かにPCをのぞかれる心配はありませんね。

ただ気を付けるべきことは、その起動キーにしたUSBメモリを紛失してしまったら、自分もそのPCを使えなくなってしまう、ということです 笑 (一応、暗証コードを入れることでロックを解除することができますが……それまで忘れてしまったらお手上げですね 苦笑)

~最後に
ここまで、USBメモリの使い方を説明してきましたが、どうでしたでしょうか? このほかにも、筆者は、本来の使い方に近いですが、今使っている新しいPCはDVDを焼くことができないので、USBメモリにDVDに焼くファイルをコピーし、それを、DVDに焼く機能のある旧PCに入れて……という方法も考えています。

このように、USBメモリは、その中に色々なファイルを入れることができることから、使い方次第では、無限の可能性を持つメディアです。

みなさんも、この記事を参考にしてUSBメモリを活用し、パソコンライフをさらに便利にしてみてはどうでしょうか?

なお、この記事は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。 ありがとうございます。
また、EDは、Type74 Software 作のソフトであり、
USB TOOLSは、なっちゃん 氏作のソフトです。

※次の更新は、7月5日。『機動電脳伝Gパソレク』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:45| 特集 | 更新情報をチェックする