2018年08月23日

フリーゲームレビュー:たまには息抜きにこんなゲームはいかが? 『野球ペンデュラム』

free1808-00.JPG
※このゲーム、および使われている素材の著作権は、作者のgobori 氏にあります。レビュー中の画像や、ゲーム中の素材の二次使用を禁じます。

やってまいりました。古今東西のフリーゲームをレビューするこのコーナー。
今回紹介するゲームは、gobori 氏が作られた『野球ペンデュラム』です。

このゲームは、どちらかというと、クソゲーではなく、バカゲーと呼ばれる部類に入るだろうと思われます。
バカゲーは、クソゲーと似たようなものですが、『ゲームシステムや演出、あるいはバグなどでプレイヤーの「もう笑うしかない」という感情を買ってしまうような「バカらしいコンピュータゲーム」の俗称である』とのことで(Wikipediaより)、このゲームはまさにそれにぴったりではないかと思います。
とはいえ、否定的な意味ではなく、その骨董無形なシステムや、力の抜けたキャラクターがとても面白く、いい意味でのバカゲーであると感じました。

それではかるーく、このゲームのバカゲーっぷりを説明していきましょう。

~どんなゲーム?

このゲームがどんなゲームか、というのは、下のスクリーンショットを見れば、すぐにわかるかと思います。

free1808-01.JPG

照準、ライフゲージ、ボール、突き刺さってる矢、これでわかるでしょう? え、わからない? 笑
つまり、これは『飛んでくる矢をかわしながら、敵にボールをぶつけて倒していく』というゲームなのです。
ボールは、照準の位置に発射され、落ちたボールは拾いなおして、また投げることもできます。
操作は、W、A、Dで移動、マウス移動で照準の移動、クリックでボール発射です。FPSみたいな感じですね。
FPSは、どれもシリアスとかリアルとかいった感じのゲームが多いようなので、たまにはこんなものを楽しむのもよいのではないかと。

~どこがバカゲー?

では、いよいよこのゲームのバカゲーっぷりについて説明していきましょう。
それはやはり、キャラクターにあると思います。タイトル画面の主人公のかっこいい感じに比べ、本編に出てくる敵キャラはいずれも、バカっぽ……もとい、てぬ……もといっ、ほどよく力の抜けた感じのものばかり。
見てて、笑ってしまうこと間違いなしです。

free1808-02.JPG

free1808-03.JPG
▲ 見よ! このほどよく力の抜けた敵キャラをっ!

そして、マイキャラの動きもまたいい意味でバカらしい、というか面白いものです。

free1808-04.JPG
▲ かつて、旧ベーマガに投稿されていた四コマにも、こんなものがありましたよね。
 大きく背中をのけぞらせて、アーケードゲームをする、っていうのが

あと、起動すると表示される注意書きにも、なんか面白いものを感じました。
何も言わずごらんあれ 笑

free1808-05.JPG
▲ ストレッチしないと、痛めてしまうかもしれませんもんね(^^

~感想

プレイしてみて、なかなか面白いものでした。先ほど話した、敵キャラや、マイキャラの動きの面白さはもちろんなのですが、ゲーム自体も、ある程度ダメージを与えると、テレポートしたりと攻撃パターンが変わったりと、なかなか練りこまれています。
ゲームを一杯やりこんで疲れてきたら、こんなゲームで軽く楽しむのも、またいいものだと思いますよ。



※次の更新は、8月27日。『MP4 Creatorを使ってみました!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 08:23| フリーゲーム情報 | 更新情報をチェックする