2018年09月24日

URAURA! Game Review :独眼竜政宗【ナムコ・FC】

※本記事では、ゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)といえば、ゼビウスやマッピーなど、シューティングやアクションがメインのメーカーだと思ってる人も多いのではないだろうか。だが! 実はナムコはそれだけのメーカーではないのだ!
 それを証明するゲームが、この『独眼竜政宗』である。

~コメディチックだぞ!~
 この独眼竜政宗がどのようなゲームかというと、前年に放送された大河ドラマ・『独眼竜政宗』にあやかって、政宗率いる伊達家をプレイヤー勢力として、東北の諸大名と戦いを繰り広げるという、信長の野望タイプのシミュレーションゲームである。

ur-1809-01.JPG
▲ ゲームは信長の野望タイプだ!

 だが、さすがはナムコ。ただの信長の野望のコピペにとどまらず、差別化をちゃんとはかっているのだ。
 その差別化の一つは、コメディチックであり、バラエティ豊かだということ。上のスクリーンショットを見てもわかる通り、登場するキャラは、かわいくデフォルメされているので、とてもなじみやすいのだ。
 また、そのキャラのグラフィックも、イベントなどによって笑顔になったり、しょぼんとしたりするところがまた面白い。
 また、イベントにも、保春院(政宗の母)が、現実のおばあちゃんよろしく、城におしゃべりにきて1ターンをまるまるつぶしたり、祈祷師に頼むと、金山のミニゲームがはじまったりと、なかなかコメディチックで面白いものが用意されているんだ。

ur-1809-02.JPG
▲ 祈祷師登場!

~簡単だ!~
 一律に、信長の野望タイプのシミュレーションは、コマンドが多くて、ちょっと難しいという印象があるだろうが、この独眼竜政宗では、コマンドをアイコンにしたり、コマンドのヘルプを呼び足せるようにしたりして、簡単にプレイできるようになっている。また、先のコメディチックなところも、とっつきやすくするための作戦の一つと言えるかもしれぬ。

 また、ミニゲームなどの、ゲームを楽しくさせるギミックも用意されていたり、合戦もユニットを移動させるだけのシンプルなものになっていたりと、とてもとっつきやすくなっている。

読者のみなさんも、プレイしたときには、むずかしさなどあまり感じないのではないだろうか?

ur-1809-03.JPG
▲ 合戦もとてもシンプルだ!

~それだけではないぞ!~
 だが、これだけを聞いて、独眼竜政宗が初心者用シミュレーションと思っているのは、まだまだ甘い。
 初級者モードでも、しっかりと富国強兵をして、そこそこ戦略を考えないと、勝ち抜くことは難しい。また上級者モードでは、敵は本国以外も狙ってくるので、さらに気が抜けなくなっており、歯ごたえのあるゲームになっているのだ。
 ファミコンを持っている方は、ぜひプレイしてみてはどうだろうか? 気軽に楽しむのにも、本腰入れて挑むのにも、どちらでも楽しめる一本である。



※次の更新は、9月27日、『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:08| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする