2018年10月04日

機動電脳伝Gパソレク!第6話(最終話)

文 裏編/絵 カゼカオル 氏

※この記事は、裏編が当時、習ったりしていた内容をもとに記述されています。
 現在の内容とは若干違っている部分があることをご了承くださいませ(平伏

paso1810-1.gif

paso1810-2.gif

paso1810-3.gif

paso1810-4.gif

paso1810-5.gif

paso1810-6.gif

※ご愛読、ありがとうございました!
 来月からは、『パソレクのなく頃に』の新シリーズ、『パソレクのなく頃に・解』をお届けします。お楽しみに!



※次の更新は、10月8日、『VB.NETでDirectX』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:55| Gパソレク | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

オンラインストレージを活用しよう!

インターネットには、色々なサービスが出回っていますが、その中の役立つサービスに、『オンラインストレージ』というものがあります。

これは、サービス業者のサーバーに、色々なファイルを置いておける、というサービスです。

言葉にしていうと、これだけですが、このサービス、活用すれば色々な活用の仕方ができるのです。

そこで今回は、この『オンラインストレージ』と、その活用法について紹介することにしましょう。

~二つの機能~

さて、オンラインストレージの機能には二つのものがあります。それが、『同期』と『共有』です。
まずは、この『同期』と『共有』について説明しましょう。

まず、『同期』とは、もちろんサーバーにもファイルが保存されてますが、ユーザーのPC側にもそのファイルがあります。
そして、両者が常に最新の状態を保ち続ける、というものです。
メインのデータはユーザーのPCのほうにあるというのがポイントで、作業してファイルを保存すれば、サーバー上のデータもその状態に更新されます。
ユーザー側にもそのファイルの容量が必要ですが、作業をするのに、サーバー側からダウンロードする手間が省けるのがいいところです。

他方『共有』は、メインのデータはサーバー側にあります。必要なときは、サーバーからダウンする必要がありますが、ユーザーのほうに容量は必要ありません。

~オンラインストレージの使い方~

ではさっそく、オンラインストレージの使い方を紹介することにしましょう。
今回利用するのは、WindowsでおなじみMicroSoftが提供しているOneDriveです。

まず、OneDriveを利用するには、Microsoftアカウントが必要です。持ってない方は、事前に登録しておきましょう。

登録したら、MSNのホームページのこちらをクリックして、ログイン画面に行きましょう。

toku1809-00.JPG
toku1809-01.JPG

そこからサインインすると、この画面にうつります。

toku1809-02.JPG

これで使う準備は完了です。
まずは、フォルダーを作り、そこにファイルを保存してみましょう。
新規から、フォルダーを選びます。

toku1809-03.JPG

すると、このウィンドウが開くので、フォルダー名を入力してから『作成』をクリックします。
そうすると、ややあって、画面に新しいフォルダが追加されます。

フォルダの中に移動するには、そのフォルダをクリックします。
ファイルのコピーは、この画面にドラッグ&ドロップするだけでOKです。
また、ダウンロードは、ファイルをクリックしてから、上のメニューからダウンロードを選ぶことでできます。

また、同期の機能は、OneDriveのアプリをインストールすることで行います。
これをインストールすると、エクスプローラに、OneDriveのフォルダが現れます。
このフォルダの中身と、OneDriveの中とが同期するようになっているのです。

toku1809-04.JPG

~使い方は?~

さて、ではいよいよ、オンラインストレージにはどのような使い方があるかを説明してみましょう。

【バックアップ】
OneDriveには5GBの容量があります。これぐらいなら、MP3や画像、大切なファイルを保存するには十分です。
DVD(4GB)がまるまる入る容量。バックアップに活用しない手はありません。
ただし、ゆめゆめ外部に知られたり盗まれては困るファイルは、保存することのなきよう……。

【リムーバブルメディアの代替】
データを入れて、他のPCで使うことのできるUSBメモリなどのリムーバブルメディア。
この代わりにオンラインストレージを使う使い方も考えられます。
移動するときに、ファイルをオンラインストレージに保存。他のPCから開くわけです。
USBメモリを買う必要がないのでお得?……かも。

【ファイル共有】
オンラインストレージに保存されたファイルは、IDとパスを知っていれば、どこからでも、だれでも使うことができます。そこで、この情報を職場のメンバーで決めておき、共同作業のスペースとして使います。また、中には、アカウント情報を共有していなくても、ファイルを外部に公開することのできる機能があるサービスもあります。
IDやパスを、部外者に知られないようにすることが肝心です。

これらの三つの使い方に共通しているのは、セキュリティには十分に気を付けるべきであるということです。
IDやパスを、他社に知られないようにすること、秘密性が高いファイルは、なるべくオンラインストレージに置かないようにすること。この二点だけは気を付ける必要があります。

セキュリティに気を付ければ、オンラインストレージは、みなさんに十分すぎるほどの恩恵を与えてくれることでしょう。



※次の更新は、10月4日。『機動電脳伝・Gパソレク』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:47| 特集 | 更新情報をチェックする