2018年12月03日

無料で年賀状!

さて、いよいよ12月になりましたね。新年は目の前です。
年賀状のほうは大丈夫ですか?
年賀状を出す先が多くて、あて名書きが大変と思っておられる人もいるのではないでしょうか。
今月は、そんな人のために、年賀状の作成や、あてな書きを助けてくれるフリーソフトたちを紹介していきますよ。

~Excelさえあれば! 『エクセルではがき作成』
まず最初は、表計算ソフトのExcelさえあればOKという優れものです。 Excelは、たいていのパソコンにインストールされていますものね。
このソフトのいいところは、今も言ったとおり、Excelさえあれば、他に何もいらない、というところです。何もインストールが必要がなく、とてもクリーンです。
また、使い方も、住所録画面で、宛先のデータを入力し、差出人画面で、自分のデータを入力し、そしてあとははがき作成画面で印刷の設定をすればいいので、とても簡単です。
はがきの紙面作成では、画像を取り込むができるので、オリジナルの年賀状も簡単に作れます。
また、年賀状だけでも、そのほかのはがきを作るさいにも役立ちます。

『エクセルではがき作成』は、itochan 氏作のフリーソフトで、こちらからダウンロードできます。
こちらから

toku-1812-01.JPG
toku-1812-02.JPG
toku-1812-03.JPG

~ここまで簡単!? 『♪宛名』
次に紹介するのは、nyao soft♪さんの開発された、♪宛名です。
このソフトの売りのひとつはなんといっても、その操作の簡単さです。
なんと、Vectorのページにも、説明書が要らないぐらい極めて簡単と書かれています。すごい!
実際、宛先と自分の住所などを入れてボタンを押すだけで、簡単な印刷することができます。
また、nyao soft♪さんから公開されている別ソフト、『♪アドレス』をインストールすることで、複数の宛先の宛名を連続して印刷することもできるようになります。
ただ、裏の本文を書くことはできませんのでご注意を。

『♪宛名』は、こちらからダウンロードすることができます。
こちらから

toku-1812-04.JPG

~年賀状の裏の絵を描く助けに 『落とし水 Excellent』
そして最後は、Arueさんの『落とし水 Excellent』です。
こちらは、宛名書きのソフトではなく、その裏面を描くためのソフトです。
このソフトの特徴は、水彩タッチの絵を描くことができるということです。
Vectorの紹介文にも、『「コンピュータで絵を描くのだから、現実にはできないような美しい描写を」という考え方ではなく、「コンピュータの中で本格的な水彩画を楽しむ」が本ソフトウェアの考え方です』と記されており、いかに水彩タッチに重きを置いているかがよくわかります。
絵心があり、水彩風の絵を年賀状に書きたい方は、このソフトをぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

『落とし水 Excellent』のダウンロードはこちらからどうぞ!
こちらから

toku-1812-05.JPG

~最後について
ここまで、年賀状ソフトについて紹介してきましたが、どうでしょうか?
これらのソフトはいずれも、使いやすく、年賀状作りにばっちりのソフトだと思います。
これらを使って、今年の年賀状を簡単に、よりよくしてみませんか?

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

※次の更新は、12月6日。『パソレクのなく頃に・解』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 11:17| 特集 | 更新情報をチェックする