2018年12月20日

URAURA! Game Review :北斗の拳 【バンダイ・PS1】

【 甘いわ、たわけぇ!! 】
さて、今日紹介するのは、『北斗の拳』である。
え? それなら、あちらこちらのゲーム紹介のサイトでたくさんレビューされてるだろ、って?

あまーーい

『北斗の拳』のゲームで一番有名なのは、東映動画のファミコン版。そしてセガマーク3版であるが、今回紹介するのは、プレイステーション版である。

【 どんなゲームか、だと? その身をもって味わうがいい! 】
さて、このPS版北斗の拳であるが、基本的にはファミコン版やセガマーク3版のような、格闘系のゲームである。
主人公はケンシロウやレイなど、おなじみの拳法家たちを操作して、迫り来る暴漢どもをひでぶ!させながらゲームを進めていくのである。

だが、このPS版北斗の拳が、他のと一線を画すところは、ゲームの進行が、かなり原作を模している、ということである。ゲームの進行は、3Dキャラによるムービーの後に、暴漢どもをひでぶ!させる格闘シーンへと移行する、というものだ。
しかも、この3Dキャラのムービーは、声優さんはアニメ版の声優さんをそのまま使っているという豪華ぶり。
力の入れようがわかろう、というものだ。

そしてもうひとつ、プレイしていて面白いと思ったのは、特定のザコを攻撃したときに発動する、『リアルタイムあべし!システム』だ。
これは、発動したときに、コマンドが表示され、そのコマンドどおりにキーを操作する、というものだ。
これに成功すると、そのザコだけではなく、周囲のザコも一緒に吹き飛ばすことができる。
北斗の醍醐味である、みんなまとめて『あべし!!』の爽快感を味わえる、面白いシステムといえるだろう。
さらに、成功したときの、ザコの断末魔も面白い、必聴。

【 せめて、面白いおまけ要素で葬ろう!! 】
さらに、このPS1版北斗の拳は、おまけ要素も充実している。
まずは、「ザ・あべし!」
これは、先ほどの『リアルタイムあべし!システム』を使ったもので、次から次へと押し寄せる雑魚(しかも全て、『リアルタイムあべし!システム』が発動する)を、一定時間に規定数倒す、というものだ。
このモードでは、ケンシロウは死ぬことはないが、攻撃を受けるとタイムロスになるうえ、うまく多くの敵を引き寄せてあべし!に巻き込まないと、タイムリミットに間に合わないなど、なかなか燃えるモードだ。
そうそう、あべし!させるたびに、面白い断末魔を聞かされることになるので、下手すると笑いのツボに入って爆笑の渦に巻き込まれてしまうやもしれぬ。注意(笑

そしてもうひとつは、「世紀末シアター」。

これは、シーンとせりふを組み合わせて、オリジナルのシーンを作って、それを鑑賞して楽しむというモードだ。
組み合わせ次第では、面白い迷場面も作れてとても面白い。
げんに、こちらのサイトでは、このモードを使った、もう爆笑間違いなしの動画が公開されている。北斗で馬鹿笑いしたい人は必見である。

【 最後に】
このように、PS版北斗の拳はとても面白く、数ある北斗の拳のゲームの中でも、裏編の一番お気に入りなゲームなのだが、ちょっと不満な点もある。
それは、ムービーシーン。 今までのゲームの中でもかなりの再現度を誇っているのだが、それでも一部のシーンが端折られていたりするのだ。これがちょっと残念無念。
ぜひとも、完全に再現したバージョンをプレイしたいものである。

あと、OPムービーは見ものだ。3Dキャラで、あのOPを再現し、しかもOP曲として、クリスタルキングの『愛をとりもどせ』が使われている。ファンにはもう嬉しい限りではなかろうか。

本当にお勧めである。この『北斗の拳 ~世紀末救世主伝説』。
あなたもこれをプレイし、世紀末の世界にトリップしてみてはどうだろうか。

……あ、世紀末はもう過ぎ去ったな。(爆)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

※次の更新は、12月24日。『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 11:08| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする