2019年03月14日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第拾参回:シャドウゲイト【1989年・ケムコ(原作 ICOM Simulations)】

ars1903-00.jpg

※ここに掲載された画像は、問題があれば削除いたします。

 うむ、師匠Tである! 今月は珍しく、ファミコンのアドベンチャーゲームを紹介するぞ!
 今宵紹介するのはシャドウゲイト。なんと、ファミコン用でありながら、アメリカから輸入・移植されたというゲームじゃ。
 それだけあって謎も解きごたえもあるものばかりじゃぞ。腕がなるわい。

 それじゃ行くぞ。

どんなゲームも、完全制覇じゃ!


【 本編じゃ! 】

ars1903-01.jpg
今回もやはり、ドアの前からスタートじゃが、いきなりドアを開けて中に入るのは早計じゃぞ。
まずは、ドアやそのまわりを確認するべし。


ars1903-02.jpg
ドアを開けると、そこはホールウェイじゃ。魔王ウォーロックの笑い声がわしを出迎える。
むむ、見ておれウォーロック。必ずお前を倒して見せようぞ!
さて、この部屋の扉にはいずれも鍵がかかっておる。じゃが、この部屋のどこにも鍵は落ちていない。
ということは……?
そうそう、壁にかけられているあれにも注目じゃ。


ars1903-03.jpg
無事に鍵を開けて、先に進めたぞ。
本があるが……ちょっと待て!
うかつな行動をすると、取り返しのつかないことになるぞ!

ars1903-04.jpg
このようにこのゲームでは、色々なゲームオーバーになることがある。じゃが、いずれも面白いメッセージばかりなので、これを見るのも一興かもしれぬな。

ars1903-05.jpg
さて、湖のある部屋じゃ。
鍵をもつ骸骨が気になるが、湖にはいかにも危険な背びれが……うーむ。

ars1903-06.jpg
続いては滝のある部屋か。
行き止まりのように見えるが……
さて、このあとどうなるかは……

ここから先は君の目で確かめるのじゃ!!
健闘を祈っておるぞ!

※『シャドウゲイト』は、ケムコの製品です。この記事に使われている画像の二次使用を禁じます。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

次の更新は、3月18日、プチコンゲームプログラミング講座』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 11:05| チャレンジARS | 更新情報をチェックする