2019年03月21日

URAURA! Game Review :ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ【スクウェア・エニックス(SFC)】

※まず最初に。今回は、新旧両作品を見比べていただく、ということで画像を使わせていただきます。
掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。

ということで、スクエニの作品は人気作品ぞろいである。それは、旧作のリメイク作品が、DQやFFの両シリーズともに出ていることでもわかると思われる。
何しろ、FFシリーズは、GBAとDSを持っていればⅥまでの全シリーズを遊ぶことができるし(FF1~2、4~6はGBA、3はDSで遊べる)、ドラクエシリーズも、GBとDSがあれば、Ⅵまでを遊ぶことができる。(DQ1~3はGBで遊べ、4~6はDSで遊べる)
いかに、両シリーズが名作であるかがわかるだろう。
さて、そんなリメイク作だが、そのハシリとなったのが、今回紹介する『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』だ。

~まずはどんな作品?

このドラゴンクエストⅠ・Ⅱだが、これは両作品を『ドラゴンクエストⅤ』のインタフェースなどで作り直し、バランスも見直したうえで、二本を一つのカートリッジに収録したお得な一本である。
ただのリメイクというわけではなく、当時の主力人気ハードであるスーパーファミコンに合わせて、色々なことがパワーアップされている。
その最たるものが、グラフィックであろう。まずは見ていただきたい。

ur-1903-01.JPG
▲ こちらがファミコン版

ur-1903-02.JPG
▲ こちらがスーパーファミコン版

どちらが素晴らしいかは一目瞭然だろう。また、Ⅰ・Ⅱ共通のことだが、ファミコン版ではどんな地形でも背景は同じだったのだが、Ⅰ・Ⅱでは地形によって背景が変わるようになっている! さらにⅡに関しては、ファミコン版では背景は黒一色だったのだが、Ⅰ・Ⅱでは、背景が付くようになったのだ! 

ur-1903-03.JPG
▲ ファミコン版では、黒一色の背景だが……

ur-1903-04.JPG
▲ Ⅰ・Ⅱではこの通り、背景がつくようになった!

また、紙面では詳しく伝えることはできないが、BGMもスーパーファミコンのFM音源を活かして、素晴らしいものに作り直されているのだ。

~やさしさも上がった!

先ほど、『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』は、『ドラゴンクエストⅤ』のシステムでリメイクされたと語った。
それによって、インタフェースやシステムも、よりユーザーフレンドリーなものになっている。
例えば、ボタン一つで、『話す・調べる・開ける・扉』の4つのコマンドを兼用する『便利ボタン』の採用や、アイテムやお金の預かり所の追加、そうそう。バッテリーバックアップによるセーブが可能になったことも。
このように、やさしさが増したシステムとなったのだ。
やさしさが増したのは、インタフェースやシステムだけではない。
まずは、下を見ていただきたい。

ur-1903-05.JPG
▲ スライムベスを倒した直後。 ファミコン版ではこれだけ

ur-1903-06.JPG
▲ Ⅰ・Ⅱではこの通り!

このように、経験値やお金が上方修正されたのだ! もちろん、この他の要素も、優しい方向に修正されている。
裏編としては、攻撃魔法の効果が上がったのが嬉しかった。ファミコン版では、ギラをかけても、魔法使いやメイジドラキー、大さそりなどを一撃で倒せない場合があったのだが、こちらでは一撃必殺が可能になってきて、経験値稼ぎがたやすくなっているのだ。
もちろん、ただ優しくなっただけでなく、ちゃんとバランスもとれているのでそこも安心されたい。
それ以外にも、Ⅰでの一部の街での店追加や、Ⅱでのサマルトリアの王子の装備可能武器の追加など優しくする工夫がいろいろされているのが嬉しい。

~ここを直せば完璧

このように、リメイク作としては、非の打ちどころのない『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』だが、やはり気になるところもある。
例えば、Ⅰではラダトーム城のみセーブが可能であるが、ⅡやⅢ以降と同じように、他にもセーブ可能な場所を増やしてほしかったと思う。 せめて、マイラ、リムルダール、メルキドにはおいてほしかった。
また、キメラの翼のテレポート先が、Ⅰではラダトーム城オンリー、Ⅱでは最後にセーブした場所のみ、となっていたが、ここもⅢ以降のようにテレポート先を選べるようになったらいいのになと思う。

このように注文を付けてみたが、やはりこの『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』はリメイク作としては合格といっていいほどのできだと思う。

ぜひとも今言ったところを改良して、グラフィックをPS版Ⅳのような3D形式にしたDS版を作ってほしいなと思う。そうなったらぜひともほしいと思うぞ。うずうず。

それではまた!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
※次の更新は、3月25日。『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:21| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする