2019年10月10日

新電脳戦記パソレクW~第弐話:クロミウムと呼ばれたプログラム

※この記事に使われている顔アイコンの画像は、風カオル様が、かつて書いてくださったものを利用させていただいております。
 このアイコンの著作権は、風カオル様にあります。

deshi.gif
弟子D:師匠! いきなりですが質問があります!

sisyo.gif
師匠T:むむ、どうしたのじゃ弟子よ。いきなり質問をしてくるとは珍しい。

deshi.gif
はい! よく、Chromiumという単語を聞くのですが、このクロニウムとはなんなのでしょうかっ!?

sisyo.gif
はあっ!

deshi.gif
うわぁっ。師匠、いきなり何をするのですか。

sisyo.gif
クロニウムではない、クロミウムじゃ。間違えないように。
だが、新しい知識を得ようとするのはいいことじゃ。それでは今回は、このChromiumについて話すとしようぞ。

deshi.gif
はいっ。お願いします!



《 概要だ! 》

sisyo.gif
さて。ではChromiumとは何かといえば、ブラウザのプログラムのことじゃが、一つ大きな特徴がある。

deshi.gif
おぉっ、それは!?

sisyo.gif
それは、このプログラムはオープンソース、つまりプログラムが一般公開されているということじゃ!

deshi.gif
おぉっ、ということは!?

sisyo.gif
うむ!

deshi.gif
……なんでしたっけ?

sisyo.gif
……はぁっ!!(飛び蹴り

deshi.gif
うわぁっ。

sisyo.gif
開発者が、このプログラムを改造して、自分なりのブラウザを作ることができる、ということじゃ。

deshi.gif
いてて……なるほど。それは開発者にはありがたいですね。

sisyo.gif
うむ。ブラウザの根幹となる部分について、一から作る必要がないからの。
さて、次はこのChromiumの歴史について、簡単に説明していくぞ!



《 歴史だ! 》

sisyo.gif
さて、このChromiumはオープンソースのブラウザだと話したが、その他にももう一つ、違う側面がある。

deshi.gif
おぉ、それは?

sisyo.gif
それは……このChromiumは、Googleのブラウザ・Google Chromeと深い関わりがある、ということじゃ。

deshi.gif
そういえば、ChromiumとChrome……名前もどこか似ていますね。

sisyo.gif
そうじゃの。さて、このChrome自体が、Chromiumをベースとして作られたものなのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
さて、そのChromiumが生み出されたのは、2008年9月。Chromeが最初に提供されたこの時に、Chromiumのソースコードの配布が始まり、産声をあげたのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
その後、順調にバージョンアップを重ね、機能や安定性が向上していき、2013年になると、このChromiumは大きな転機を迎えることになる。レンダリングエンジンとして、Blinkを採用したことじゃ。

deshi.gif
あの師匠、レンダリングエンジンとはなんぞや?

sisyo.gif
うむ、良い質問じゃの。レンダリングエンジンとは、HTMLなどの、ウェブページを記述する言語を元に、ブラウザにそのページを描画するプログラムのことじゃ。

deshi.gif
なるほど。それが新しいものになった、というのは確かに大きい変革ですね。

sisyo.gif
そうであろう。このBlink自体、それまで使われていたWebKitを改良して作られたものゆえ、その性能向上はかなりのものがあったであろうことは、容易に想像がつくのう。さて、そして2018年のMicrosoftの新ブラウザ『Edge』がこのChromiumをベースにして開発されることが決まって、そして今に至る、というわけじゃ。

deshi.gif
あのMicrosoft社のブラウザにまで使われているというのはすごいですね!

sisyo.gif
そうじゃのう。やはり、性能のよさと、オープンソースということが大きいのじゃろうな。中核部分に費やす労力を、独自機能の開発に回せるからの。



《 ChromiumはOSだと!? 》

sisyo.gif
さて、今までChromiumはブラウザのプログラムだと話したが、OSのChromiumもあるのだ。

deshi.gif
な、なんですとっ!?

sisyo.gif
OSのChromiumは、その名もずばりChromium OSと言い、Googleによって開発された、Linuxのディストリビューションの一つであるのだ。Linuxについては、Gパソレクの2話を参照せよ。

deshi.gif
ふむふむ。でも、Linuxのディストリビューションってことは、Chromiumの要素はどこにもないのでは?

sisyo.gif
そう思うのは早計じゃぞ。確かにLinuxのディストリビューションではあるが、ユーザーインターフェイス部分はChromiumなのだ。

deshi.gif
なるほど、その部分がChromiumなのですね。

sisyo.gif
うむ。なお、このOSの細かいところについては、Wikiを参照するように。

deshi.gif
さては、説明するのがめんどく……

sisyo.gif
はあっ!!(飛び蹴り)

=====
※次の更新は、『ActiveBasicとDXライブラリでゲームプログラミング!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:20| Comment(0) | パソレクW | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

家庭でPC!

 IT時代の文明の利器、パソコン。これを、仕事や遊びだけに使うなんて、もったいないと思いませんか?
 そこで今回は、PCを、家庭での家事に活用できるツールを紹介していこうと思います。

料理 ~ozrecipe 私のレシピ集 システム手帳印刷

 まず最初は料理です。『ozrecipe 私のレシピ集 システム手帳印刷』(以後OZレシピ)は、レシピのデータを手軽に保存することのできるツールです。
 このOZレシピの特徴の一つ目は、なんといっても、ネットなどから、レシピのデータを手軽に取得し、登録できるということです。Webページからレシピをコピーし、そのまま『クリップボード解析』のボタンを押すと、ソフトがクリップボードの中身を解析し、表示してくれるのです。 試してみたところ、有名なレシピサイトであるCookPadから、簡単にレシピデータを表示させることができました。これは、PCが苦手な主婦の人たちに便利だと思います。
 あともう一つは、登録されたレシピデータを、システム手帳のサイズに印刷することができることです。
 これを活用すれば、自分だけのレシピ手帳が簡単に作れる!というわけです。これも嬉しいところですよね。
 また、このツールには、あらかじめたくさんのレシピがサンプルデータとして登録されているので、すぐに使うこともできます。
 このOZレシピは、oz 氏が開発されたツールです。ダウンロードは、こちらからどうぞ!

tk-1910-01.JPG

予防接種自動計算ツール

さて、次は、子供の予防接種に関するツールです。子供を、色々な病気から守ってくれる予防接種。これを支援してくれるのが、その名もずばり、予防接種自動計算ツールです。このツールは、子供の生年月日を入力すると、その予防接種を開始できる日付を計算してくれるという、とてもありがたいものです。
 しかも、ほとんどの予防接種に対応しているうえに、『土日にしか行けない場合』と、『平日でもOK』の2パターンについても計算してくれるうえに、接種日(の目安)が特定日の時の場合についても表示してくれるというすぐれものです。
 ただ、ここで計算してくれるのは、あくまで目安なので、これを過信することなく、お医者さんや市役所の窓口に相談することも必要です。
 ですが、予防接種を受けるうえで、手助けになるのは確かですよ。
 なお、このツールを使うには、Excel2010以降が必要となりますのでご注意を。

 この予防接種自動計算ツールは、ほり 氏が作られたフリーソフトで、こちらからダウンロードできます。

tk-1910-02.JPG

一人で家計簿f

そして最後は家計簿です。『一人で家計簿f』の特徴のひとつは、なんといっても、『何も読まず、誰にも(操作法)を聞かずに一人で使える』(解説より)直感的でシンプルな操作法だということです。入力は、出てくるリストから選んだり、ウィンドウのテンキーから数字を入力するだけ、ととてもシンプル。パソコン初心者の方でも使いこなせるのではないかと思います。
 そしてもう一つの特徴は、タッチ操作を考慮しているということ。ほとんどの操作はクリックなどのマウス操作やタッチ操作でできるようになっていて、キーボードを使うことはほとんどありません。最低でもマウスがあれば(タッチパネル式のPCならマウスも不要)操作ができるようになっているのです。この二つの特徴が、この『ひとりで家計簿f』をとても使いやすくしている特徴といえるでしょう。

 この『ひとりで家計簿f』は、(株)205アソシエイツ が開発したフリーソフトで、こちらからダウンロードすることができます。

tk-1910-03.JPG

最後に

 ここまで、料理、育児、家計管理について、お役立ちツール・ソフトを紹介してきましたが、いかがでしたか?
 このほかにも、家事を助けてくれるソフトはたくさんあります。
 それらのソフトを活用して、みなさんの家事を楽にしてみませんか?

==========
※次の更新は、『新電脳戦記パソレクW』の予定です。お楽しみに!


posted by 裏編 at 09:33| Comment(0) | 特集 | 更新情報をチェックする