2020年10月26日

スマホでナンプレ!2020

さて、B-Magaを始めたばかりのころ、スマホのナンプレアプリについて紹介しました。

ですが、あれから3年。さらに便利で面白いナンプレアプリがいくつか、登場しています。

今回は『スマホでナンプレ!2020』と題して、2020年の、面白いナンプレアプリについて紹介しようと思います。

【ナンプレLv999】

前回紹介した、『ナンプレ無限』を開発したSeventh Rankさんによって作られたナンプレアプリです。

ナンプレの自動作成機能こそありませんが、999問の問題を備え、さらには有料ですが、熟練者用の問題パックもあるなど、かなりのボリュームを誇ります。
機能のほうも、盤上の数字にまとめて色をつけたり、数字を置いた時に、仮置きの数字のほうも、それにあわせて消えるなど、ユーザーフレンドリーな機能を備えています。

enta2010-01.png

【ナンプレ次の一手】

今回のおすすめがこのアプリです。
このアプリの特徴は大きく二つあります。
まず一つは、スマホのカメラで撮影した、雑誌や新聞などの問題を取り込み、解くことができること。ナンプレ雑誌の問題を解くことが多い人には嬉しい機能です。筆者も、よくその方法で使っています。
そしてもう一つは、下のスクリーンショットのように、解き方のヒントを出してくれること! 置き方のヒントだけではなく、重複している数字も、赤く塗って警告してくれます。
自動で仮置きの数字を消してくれる機能こそありませんが、一方で仮置きの数字を一気に消してくれる機能もあり、先述のナンプレLv999に負けないほどのユーザーフレンドリーさを持っています。

enta2010-02.png

【最後に】

今回も、二つのナンプレアプリを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
この二つは、いずれも面白く使いやすいアプリなので、どれを使っても後悔はしないと思います。特に、ナンプレ雑誌を多く遊ぶ人には、『ナンプレ次の一手』がおすすめ。

自分にぴったりなナンプレアプリを選び、楽しいナンプレライフを過ごしましょう!


※次の更新は、特集『Twitterに代わる(かもしれない)新(?)SNS! Mastodonを使ってみよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:55| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

師匠のVB.NETどたばた塾~第14回

sisyo.gif
師匠T:うむ、師匠Tである! 冬が近づいてきたが、そんなことなどこのわしの目には入らぬ! 気にせずどんどん進んでいくぞ!

deshi.gif
弟子D:師匠、それはただ目をそらしてるだけじゃ……。

sisyo.gif
何か言ったか?

deshi.gif
いえ、なんでもないです……。

sisyo.gif
さて。今回は予告の通り、MyCharaクラスの内容を説明するとともに、MyCharaModuleモジュールの内容を説明していくぞ!
しっかりとついてくるように!


deshi.gif
は、はい……。

【 コンストラクタの中身を解説じゃ! 】

sisyo.gif
さて。まずはこれがMyCharaクラスのコンストラクタの内容であったな。

vb2009-l01.JPG

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
まず、これからじゃ。

Handle = LoadGraph("mychara.png")

sisyo.gif
これは特に難しいことはなかろう。LoadGraph関数で自機の画像を読み込み、そのハンドルを、Handleプロパティに設定しているのじゃ。こうすることで、スプライトで画像を表示させることができるのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
そして続いてはこれじゃ。

X = SCREEN_X + SCREEN_W / 2
Y = SCREEN_Y + SCREEN_H -48

deshi.gif
確か、XプロパティとYプロパティは、スプライトの位置を表すプロパティでしたっけ。つまり、そのスプライトの位置を設定しているわけですか。

sisyo.gif
うむ。そして、定数SCREEN_X、SCREEN_Yは、ゲーム画面の位置、そしてSCREEN_Wはゲーム画面の幅、SCREEN_Hはゲーム画面のの高さを表しているのであったな。つまり、横位置を、画面の左端から画面の幅の半分、つまり画面の中央。そして縦位置を、画面の下端から上に48ドットのところに設定しているわけじゃ。この48というのは、自機の高さじゃ。
つまり、こういうことじゃな。

vb2010-02.jpg

deshi.gif
なるほど。そして次の

Revise = DTRUE
※リストではRevise = DFALSEとなっていましたが、Revise=DTRUEが正解です。申し訳ありません。

deshi.gif
ですが……Reviseプロパティってなn

sisyo.gif
はぁっ!!(飛び蹴り

deshi.gif
うわぁっ。

sisyo.gif
おぬしの記憶力はノミ以下なのか。たわけが。
Reviseプロパティは、スプライトが画面の端にはみ出るかどうかを表すプロパティじゃ。
DTRUEならはみださないようにする、DFALSEならはみでるようにする、じゃ。
つまり、自機が画面から出ないように設定しているわけじゃ。さすがに自機が画面からはみ出たら困るじゃろ?

deshi.gif
確かに。

sisyo.gif
それでは続いては、MyCharaModuleの内容について説明していくぞ!

【 モジュールの内容じゃ! 】

sisyo.gif
まずはこれが、MyCharaModuleモジュールの内容であったな。

vb2009-l02.JPG
vb2009-l03.JPG

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
まずは、ここからじゃ。

Dim oMyChara As MyChara

Public Sub MyCharaCreate()
 oMyChara = New MyChara()
End Sub

deshi.gif
あ、これは俺でもわかりますよ。MyChara型の変数oMyCharaに、MyCharaクラスのインスタンスを入れているんですよね。

sisyo.gif
うむ。その通り。ここでは、自機を作っておるのじゃ。そして次は、この関数じゃ。

Public Function MyCharaExists() As Boolean
 If oMyChara IsNot Nothing Then
  Return True
 Else
  Return False
 End If
End Function

sisyo.gif
これは、自機が存在しているかどうかをチェックする関数じゃ。存在していればTrueを、存在していなければFalseを返す。なお、Booleanというのは、TrueかFalseの二つの値を扱う型じゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
そして、この関数のポイントはなんといっても、このIsNot Nothingじゃろう。これは、左辺の中身があるかないかを判定する演算子のようなものじゃ。IsNot Nothingだったら、存在していればTrueを返す。存在していなければTrueを返すようにしたければ、Is Nothingを使えばよい。

deshi.gif
なるほど!

sisyo.gif
後は難しいことはないな。MyCharaMainサブルーチンの

If MyCharaExists() Then
 MyCharaMove()
 MyCharaDraw()
End If


sisyo.gif
この部分は、先ほどの関数で、oMyCharaの中に自機が入っていれば、MyCharaMove()、MyCharaDraw()の二つのサブルーチンを実行しているのだ。

deshi.gif
MyCharaDrawサブルーチンのoMyChara.Draw()はそのまま、oMyCharaを表示させているんですね。

sisyo.gif
うむ、その通りじゃ。さて次は、自機の移動をやっていこう、と思ったが、そろそろ時間のようじゃ。それは次回のお楽しみにまわすとする。次回も新しい関数が登場する予定だから、楽しみにしているがよい。

deshi.gif
はい!

sisyo.gif
それでは、今回はここまで。来月まで、もうすぐ冬ということを忘れて頑張るがよい。

deshi.gif
師匠、だからそれは現実逃避です。



※次の更新は、『スマホでナンプレ!2020』の予定です。お楽しみに!


posted by 裏編 at 09:50| Comment(0) | 師匠のVB.NETどたばた塾 | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐拾四回:はーりぃふぉっくす【1985年・マイクロキャビン】(その2)

うむ! 師匠Tである!

今回のチャレンジ!ARSゲームも、前回と引き続き、マイクロキャビンの名作『は~りぃふぉっくす』を攻略していくぞ。
果たしてこの先にはどんな冒険が待っておるのじゃろうか?

それでは、さっそく挑むとしようぞ。

【 本編 】

ars2010-01.JPG
森に入っていきなり、人間と出会ってしまった! いくらなんでも人間には勝てぬ。
ぬぬ? そういえば、お尻に見えてるあれは……?

ars2010-02.JPG
タバコを吸ってるおかしな猿がおるぞ。彼は何か知っておるじゃろうか?

ars2010-03.JPG
ぎゃー! 今度はクマじゃ!
一体どうすればいいのか……。

ars2010-04.JPG
林にやってきたぞ。この骨は何かに使えるか?

ars2010-05.JPG
こ、怖そうな犬がおるぞ……がくぶる。でも先に進まなくては……。
ん? 犬といえば……。

ars2010-06.JPG
今度は白蛇がおるな。むむ? そういえば、蛇は神の遣いという伝説を聞いたことがあるような。


次回に続くのじゃ!!


※次の更新は、師匠のVB.NETどたばた塾の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:14| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

真・移植テクニックマスター大作戦「色々な言語でHello World!」

sisyo.gif
師匠T:うむ! 師匠Tである!

ideshia.gif
妹弟子A:うしうしっ。 妹弟子Aですっ。

sisyo.gif
さて、世の中には、色々なプログラミング言語が存在しておるの。

ideshia.gif
はい、そうですね。

sisyo.gif
それはいわば、パソコンの方言のようなもので、同じことをするにしても、言語が変われば、当然、書き方も変わってくる。そこでじゃ。

ideshia.gif
は、はいっ。うしうしっ。

sisyo.gif
今回は、色々な言語での、Hello Worldを表示させるプログラムを見て行こうと思う。

ideshia.gif
はいっ。それでは見ていきましょー

99BASIC、N88互換BASIC

sisyo.gif
それではまず、旧機種のBASICに近い、99BASICとN88互換BASIC For Windowについてみてみるとしようぞ。

ideshia.gif
確か、PRINT文を使うんでしたっけ?

sisyo.gif
うむ、その通りじゃ。よく覚えておったの。
そこで、これら二つの言語の場合は、こう書くわけじゃ。

--------------------------
100 PRINT "Hello World"
--------------------------

sisyo.gif
なお、99BASICで行番号を省略した場合、打ち終えて、ENTERキーを押した時点で、そのまま実行される。

ideshia.gif
うしっ。 なるほどっ。

Visual Basic

sisyo.gif
続いてはVisualBasicじゃが、VisualBasicでは、フォームに配置した、テキストボックスや、ラベルなどに表示するのであったな。

ideshia.gif
はいっ。

sisyo.gif
さて、6.0のころは、テキストボックスはTextプロパティ、ラベルはCaptionプロパティと、表示させる内容を設定させるプロパティはまちまちであったが、.NETになってからは、Textプロパティで統一された。

ideshia.gif
それは嬉しい進化ですねっ。

sisyo.gif
うむ。なので、例えばLabel1というラベルに表示させたいなら……

----------------------------
Label1.Text="Hello World"
----------------------------

sisyo.gif
こう書けばいいわけじゃ。

ideshia.gif
そういえば、MsgBoxもありましたよね。

sisyo.gif
おぉ、そうじゃ。よく覚えておったの。
VisualBasicには、簡単にダイアログボックスを表示させることのできるMsgBox命令もある。その場合は、こう書くのじゃ。

---------------------------
MsgBox ("Hello World")
---------------------------

HSPとなでしこ

sisyo.gif
さて、最後はHSPとなでしこじゃ。まずはHSPからいくぞ。
HSPでは、フォームへの表示は、mes命令を使う。

-------------------
mes "Hello World"
-------------------

sisyo.gif
さて、なでしこでは、表示させる方法はいくつかあったな。
覚えておるか?

ideshia.gif
は、はいっ。まずは、言う、ですよね。

-------------------------
「Hello World」と、言う。
-------------------------

sisyo.gif
うむ、その通り。「言う」は、VisualBasicのMsgBoxと同じように、ダイアログボックスを表示させる命令であったな。次は?

ideshia.gif
は、はいっ。「表示」ですっ。 これは、ウィンドウに表示されるんですよね。

------------------------------
「Hello World」と、表示する。
------------------------------

sisyo.gif
うむ、その通りじゃ。
どうじゃ? 同じHello Worldと表示させる命令でも、言語によって色々と違うじゃろう。

ideshia.gif
うしっ、そうですね。

sisyo.gif
移植には、このような書き方の違いをうまく把握して、活かすことが必要じゃ。
精進せよ。

ideshia.gif
う、うしっ。

sisyo.gif
それでは、今回の真・移植テクニックマスター大作戦はこれまで。
いつかまた会おうぞ。

ideshia.gif
うしっ。 また会いましょうー



※次の更新は、『師匠TのチャレンジARSゲーム!』の予定です。
お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:30| Comment(0) | 特集 | 更新情報をチェックする