2017年11月23日

ゲームむかしがたり『ゼビウス』

 ゼビウス。ゲーム好きならだれでも知っている、シューティングの名作である。
 実はこのゼビウス、普通にプレイしていては気付かないかもしれないが、実はエリア1をプレイするだけで、未プレイな人でも基本的なプレイができ、エリア4までプレイすると、ゲームのほとんどの要素が、一通り身に着くようにエリア構成が練られているのだ。
 そこでここでは、そのゼビウスでの工夫について紹介しよう。

~エリア1・前半
 まずゲームが始まると、飛んでくるのはトーロイド。 自機と縦軸が合うと横に回転して逃げながら弾を撃ってくる敵だが、ここでは、まだ弾を撃ってこない。プレイヤーはここで、空を飛んでくる敵はザッパーで倒せることを学ぶわけだ。

 少し進むと、地上物・ゾルバグとパーラが接近してくる。これはザッパーでは倒せず、対地攻撃兵器のブラスターで倒さないといけない。しかも、破壊するためには、ブラスターの照準を、うまく相手に合わせる必要がある。これでプレイヤーは、地上の敵はブラスターで攻撃することと、ブラスターの扱い方を学ぶことになる。

~エリア1・後半
 さらに進むと、次は地上物・ログラムと、飛行する敵のタルケンがおでましだ。こいつらは、前半に出てきたトーロイドやゾルバグとはわけが違う。弾を撃ってくるのだ。幸いなことに、ここでの攻撃はそれほど激しくない。いわばここでは、敵の攻撃をかわしながら、逆に敵を撃破するトレーニングをすることになるわけだ。

 そうそう、最初の川を越えたあたりで、隠しキャラのソル、次の川で同じく隠れキャラのスペシャル・フラッグが出てくる。うまくいけば、このゲームでの隠しキャラの出し方を学べるわけだ。特にソルは、ファミコン版ではちょっとわかりにくいが、アーケード版では、道路(?)が小さい広場のようになっているところのすぐそばにあるので、とてもわかりやすい。これもうれしいところだ。

 そして最後は、ボザログラムとログラムによる猛攻撃。空中物の攻撃もあり、ここはいわば、今までの総仕上げといったところだ。ここをクリアできれば、もうゼビウスの基本はばっちりだ!

~エリア2以降
 さて、エリア2以降は、いわば発展編といったところ。
・エリア2……移動する地上物のドモグラムと弾を連射する地上物デロータが初登場!
・エリア3……破壊不可能なバキュラ、そしてデロータの強化版・ガルデロータが登場! バキュラをうまくよけて進め!
・エリア4……いよいよボス敵・アンド・ア・ジェネシスが初登場!君はこの猛攻を切り抜けることができるか!?

 このように、エリア4までの間に、ゼビウスのほとんどの要素を体験するような構成になっているのだ。
 そうそう、展開によっては、エリア3の後半で、強敵の一つ、ゾシーも出てくるぞ。

 と、ここまで説明してきたが、どうだっただろうか? ゲーム内でチュートリアルの要素を秘めたゲームとして、スーパーマリオが指摘されているが、このゼビウスも、そのような配慮がなされているのだ。さすがナムコといったところだろう。

※次の更新は、11月26日、『HSP、VB、なでしこで、気軽に動画を扱ってみよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:14| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする