2018年01月15日

役目を終えたPCを有効活用しよう!

機種の入れ替わりが激しいPC業界。
電気店にも今年の夏モデルが出回り、さっそく買い換えた方も多いのではないでしょうか?
さて、今まで使ってたPCはどうしてますか?
物置でほこりをかぶせているのももったいないですし、買い取ってもらうのも手ですが、やっぱり自分の手で最後まで有効活用したいものですよね。

今回は、裏編の実体験も交えて、古いPCを有効活用する方法を紹介したいと思います。

~活用法その1:メディアプレイヤー
少し前のPCであれば、DVD再生ソフトがインストールされている機種もありますし、そうでなくても、メディアプレイヤーは、Windowsに標準でついてますし、ネットを探せば、フリーソフトのメディアプレイヤーも出ています。
そこでこれを利用して、旧PCを、ちょっと大きなDVDプレイヤーや、音楽のプレイヤーにしよう、というのが活用法その1です。
少し前の機種であれば、DVDや動画を再生するのに、スペックは十分ですから、この活用法にぴったりです。
そうそう。ニコニコ動画を見るのにも使えますよね。
動画を再生するのには、GOM PLAYERというFLV再生ソフト(FLV以外の動画も再生できます)が、音楽を再生するには、Competent Media Playerというソフトがお勧めですよ。

~活用法その2:ゲーム機
活用法その2です。 Windowsにはデフォルトで、いくつかのカードゲームがインストールされていますし、中にはいくつかのゲームがインストールされている機種もあります。 また、Vectorなどでは、フリーソフトのゲームがいっぱいあります。 そこで、これらのゲームをインストールして、PCをゲーム機にしちゃおう!というわけです。

ネットでは、パズルゲームやシューティングなど、いろいろなジャンルの、良質のフリーゲームが公開されていて、この用途で使うのに嬉しい時代となっています。

マウスで操作するゲームも、JoyToKeyのような、ジョイパッド入力をマウス操作に変換してくれるツールを使えば、マウスいらずで済みます。 (もちろん、マウスもあったほうがいいのはいうまでもありません)

現に、裏編は今まで使っていたPCを、ゲーム用として親に譲っていて、その親はそのPCでリバーシに夢中になっています 笑

~活用法その3:ワープロ
オフィススイートが最初からインストールされている機種であれば、これを使って、パソコンをワープロとして使うこともできますよね。 ワープロとして使うなら、PCのスペックはそれほど気にしなくて済みます。
これに、プリンタがつけば完璧!

~活用法その4:ファイルサーバー
データを昔のPCに入れておいて、ファイルサーバーとして利用することも、有効な活用法のひとつといえると思います。
昔のPCと新しいPCをつなげる方法には、ルーターを使って、ネットワークで接続する方法と、USBリンクケーブルというケーブルを使って、USBで接続する方法の二つがあります。
後者の方法は、特に設定なしで使えるのがよさげです。

~最後に
ここまで、昔のPCの有効活用法を紹介してきましたが、どうでしたでしょうか?
昔のPC、そのまま現役引退させるのは、あまりにももったいない。 ちょっとした工夫で、みなさんの古いPCも、人間と同じように、老後のもう一働きをさせてみませんか?
posted by 裏編 at 10:04| 特集 | 更新情報をチェックする