2018年04月20日

回して追加して、ブロックを消すのだ!『R』

free1804-00.JPG

コンピュータのパズルゲームは、プレイしていくうちにノッてくるのも、頭を悩ませてクリアした後の感激も、いずれもはまる要因です。
これまでにも、色々なハマるパズルゲームが出てきていますが、今月はこの、『-R-』をご紹介します。

なお、『-R-』は、ソフトサークル『MithrilWorks』の作品で、こちらからダウンロードすることができます。

~簡単だと思うでしょう? ところが……~

まず、このゲームの一面目を見ていただきましょう。

free1804-01.JPG

ブロックを新しく追加して、面の中のブロックを全て消すことができればクリアです。なお、ブロックは四個縦か横につなげれば消えます。
そうなると、追加することのできるブロックはランダムか、あらかじめ決められているというのが定番ですが……。

free1804-02.JPG

この『-R-』では、このように自分で選ぶことができます。それならどうすればいいかはもうおわかりですね?
はい。上の画像の枠の部分に緑のブロックを置けばOKです。
置くブロックは自分で決められるから簡単だと思いますよね? ところが、そのように一筋縄ではいきません。

~回転も使いこなそう!~

面が進むと、このような面が出てきます。

free1804-03.JPG

この面、ただブロックを置くだけでは、とてもクリアできそうにありませんよね。
そこで、このゲームのもう一つのシステム、『回転』の登場とあいなるのです。

なんとこのゲームでは、ステージを90度単位で左右に回転させることができるのです!
もちろん、回転させると、ブロックは画面下に落下します。
そこで……。

free1804-04.JPG

ステージを180度回転させてみました。
これで落とすと……。

free1804-05.JPG

下に落ちて並んだ灰色のブロックがこのように消え……

free1804-06.JPG

さらに回転させれば、四つとも下に落ちて、四個並ぶのでクリア!

となるのです。

このように、回転をうまく使うのが、このゲームのポイントなのです。

~プレイしてみて~

プレイしてみて、とても面白いゲームだと感じました。
面の構成も、最初はブロックを置けばクリアできる単純な面からはじまり、続いて回転を使う面、そしてブロックを置くことと、回転の両方を使う複雑な面と、プレイするほどゲームに慣れていくような構成になっていて好印象です。
操作系もそれほど難しくなく、カーソルキーと、最低限三つのキー(ブロックを置くキー、ブロックを選ぶ画面を呼び出すキー、画面を回転させるキー)と、とてもシンプルになっています。

このように、この『-R-』、とても非の打ちどころがないゲームとなっているのです。

パズル大好きな人にとてもおすすめなこのゲーム、ぜひプレイしてみてはどうでしょうか?
満足いただける一本ですよ。

※次の更新は、4月23日、『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:43| フリーゲーム情報 | 更新情報をチェックする