2018年05月21日

どっちのゲームSHOW!~ワルキューレの冒険vsドルアーガの塔

※本記事では、それぞれのゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

do-1805-00a.png

do-1805-00b.png

 どもども、ゲムぐち博と申しますー。いやはや、だいぶ前の話ですが、復活しましたねー。『どっちの料@ショー』。
 わたくし、ゲムぐちも好きな番組だったので、とても嬉しいです。
 そこで今回は、2つの似たジャンルのゲームを、『どっちの料@ショー』風に比較・紹介してみたいと思います。
 今回のお題は、アクションRPG対決! かたや、『ワルキューレの冒険』、かたや、『ドルアーガの塔』。
 「両方とも同じナムコ」とか、「ドルアーガの塔はアクションRPGとは違うんじゃないか」と思われるかもしれませんが、まぁ気にしない方向で。ではいってみましょう!

☆This is ワルキューレ(の冒険)☆
 さて、ワルキューレの冒険は、アクションRPGです。プレイヤーはワルキューレを操作し、敵を倒して経験値を稼ぎレベルを上げ、重要アイテムを見つけて、フィールドを駆けまわって目的の達成を目指すのです。

do-1805-01.png
▲ ワルキューレの冒険は、スタンダードなアクションRPGだ!

 そうそう、魔法も使うことができます。魔法には、攻撃の魔法や回復の魔法など、基本的な魔法が一通りそろっていますよ。

☆これがドルアーガの塔だ☆
 さて、ドルアーガの塔は、アクションRPGというよりも、アクションRPGっぽいアクションと言ったほうがいいかもしれません。

do-1805-04.png
▲ ドルアーガの塔は、アクションRPGっぽいアクションだ

 プレイヤーは、基本的に鍵をとって扉を開け、上の階へと進んでいき、最上階のボス打倒を目指します。
 では、どこがRPGっぽいかと言いますと、このゲームにもアイテムが存在し、そのアイテムを装備すると、攻撃力が上がったり生命力が上がったりなどと、キャラクターの能力が上昇するのです。(体力や攻撃力といった能力値は隠しパラメータ扱い)
 しかも、一部の装備は、取ることによってキャラクターの姿も変わるので、強くなるのが目に見えるのです。

☆今回の特選ポイント@ワルキューレの冒険☆
さて、ではまずはワルキューレの冒険のポイントについて説明していきましょう。

(実はキャラメイクがある)
 ゲームを開始すると、まずこのような画面が出ます

do-1805-02.png
▲ ごく単純な、星座と血液型、色の選択画面だが……。

 実は、ここで選んだ星座や血液型によって、主人公の能力値が変わるのです! つまり、このワルキューレの冒険には、隠しながらもキャラクターメイキングの要素があるのです!
 ドラクエ1も、名前によって能力値や成長パターンが変わりますが、ナムコも負けてはいないという感じです。
 そして次!

do-1805-03.png
▲ 夜になる!

 このように、ワルキューレの冒険では、歩き回って時間がたつと、夜になるのです!
 夜になると、通常より強い敵が出現するようになります。
 時間の要素を取り入れたドラクエ3が発売されたのは1988年ですから、それより2年も前にその要素を取り入れていたことになるわけです。すごい!
 また、町の人はおらず、またアイテムは目に見えない(ある魔法を覚えると、使うことで見えるようになるが)ので、手探りで見つけて行かなくてはなりませんでした。今となっては不親切にうつるかもしれませんが、逆にこれが手探りで探していく感じとなり、より達成感を強くしていた、というような気がします。

☆今月の特選ポイント@ドルアーガの塔☆
 さて、対するドルアーガの塔の特選ポイントですが、それはなんといってもアイテムでしょう。
 このゲームでは、あることをすると(グリーンスライムをある数倒したり、ある地点を通過したりなど)、宝箱が出現し、それをとることでアイテムをゲットできるのですが……

do-1805-05.png
▲ あることをすると宝箱出現!

 この宝箱の出し方も、アイテムの効果とあわせてシークレットであり、やはりプレイヤーたちは手探りで進めて行っていました。それゆえに出すことができたときの達成感は強いものとなり、この難解さが、ゲーマーたちのハートに火をつけることになったのです。
 また、ドルアーガの塔は、アクション性も高い作品でした。魔法使い系の出す魔法は盾で防ぐことができるのですが、その魔法の飛んでくる方向にむかなければならず、さらに剣を抜いたときは、盾の向きも変わるので(例えば、正面(下)を向いてるときに剣を出すと、盾は右に向く)、それを考慮する必要があるのです。

☆楽しい応援団@ワルキューレの冒険☆
 さて、続いては、各ゲームの続編・リメイクなどを紹介していきましょう。
 まずはワルキューレの冒険から。
 リメイクとしては、ナムコアンソロジー2に収録されたアレンジ版があります。こちらは、後述する『ワルキューレの伝説』に似た、アクション性の強いものとなっております。

do-1805-06.jpg
▲ PSに生まれ変わったワルキューレの冒険

 そして続編は先ほど話したワルキューレの伝説があります。こちらは、ジャンプで足場から足場へ飛び移ったり、ショットで敵を攻撃したりと、RPGというよりはアクションに近くなっています

do-1805-07.jpg
▲ アクションゲームとなった続編・ワルキューレの伝説

☆楽しい応援団@ドルアーガの塔☆
 対するドルアーガの塔は、ワルキューレの冒険に比べて、多くのリメイク作、続編が出ています。
 まずはリメイク版。それはなんといっても、PCエンジン版があげられるでしょう。

do-1805-08.jpg
▲ リメイク作の代表・PCエンジン版

 能力の成長や装備の変更などのRPG要素を取り入れ、宝箱の出現条件を易しく変え、さらに塔の形状を円形に近い正方形にするなど、まさに原作者の遠藤氏をして、「自分の理想に一番近いドルアーガ」と言わしめた一品です。

 続編のほうも、さらにRPG色が強くなり、二人同時プレイが可能になった『イシターの復活』、さらにスーパーファミコンで発売されたアドベンチャーソフト『ブルークリスタルロッド』があります。

do-1805-09.jpg
▲ ブルークリスタルロッド

 また、続編というよりは前日談ですが、ドルアーガの塔では、囚われの身となっているヒロイン・カイを操作するジャンプ・アクション、『カイの冒険』というのもありました。
 こちらは、アクションゲームとしてはかなり練り込まれており、さらにミスしたとき、触れた敵はいなくなるといったユーザーフレンドリーなシステムもあって、とても面白いものになっていました。

do-1805-10.png
▲ 前日談・カイの冒険

☆あなたが好きなのは、どっち!?☆
 さて、ここまで『ワルキューレの冒険』と『ドルアーガの塔』の二本を『料理@ョー』よろしく比較説明してきましたが、どうでしたでしょうか?
 比較はしたけれど、どちらも面白いゲームなので、ぜひプレイしてみてほしいと思います。

 さて、このコーナーですが、好評であればまた第二弾をお送りしたいと思っております。
 そのときをお楽しみに!

※次の更新は、5月24日。『ラジオをモバイルに』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:20| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする