2019年06月03日

BASIC系言語三種一気に紹介!

皆さんは、どんな言語を使ってプログラミングしてますか?
C言語系? Java? それともHSP?
そういえば、昔はPascalというものもありましたよね。
裏編がとても気に入っているのはBASICです。
使いやすいし優しいし、何しろはじめてパソコンを持った時から使ってましたからね。
とはいえ、最初に使ったのは、日本語BASICの『G-BASIC』でしたが。
さて。BASICといえば、MicroSoftのVisual Basicと、あと、裏編の中ではフリーのActiveBasicが有名ですが、他にもフリーのBASICは色々とあります。
今回は、世に出回っている色々なフリーのBASIC系言語の中でも、特にいいなと思った三種を紹介しましょう。
皆さんがプログラミングをはじめる助けになれば幸いです。

~Tiny Basic

toku1905-01.JPG

Tiny Basicは、竹内照雄 氏によって開発されたBASIC言語です。
ヘルプによれば、『Quick Basicのサブセットとして作られた』そうです。Quick Basicの小型版というところでしょうか。
それだけあって、言語構成は、かつてのBASICとは異なり、Quick BasicやVisual Basicのような構造化されたものになっています。
また、ウィンドウ構成は、実行用ウィンドウとコーディング用ウィンドウから成り立っています。
このBASICの特徴としては、まず最近のBASICなのにRead文とData文が使えること。この二つの文は、まずData文に数値データ、文字列データを用意して、それをRead文が読む、というものです。

toku1905-02.JPG

Read文とData文によって、繰り返しを使って、簡単にデータを読み込むことができます。また、データをプログラム中に持たせることができるので、ファイルを読み込んで、それから……という手間が省けるのも長所の一つです。
その反面、自分で作る場合はいいのですが、他者のプログラムを入力するときは、数値の羅列をいちいち打ち込まなければならないのが辛いところです。その昔、マシン語を使うときには、Data文でマシン語のプログラムデータを用意しておくのですが、それを打ち込むのが……あああああ。
コホン、取り乱しました。さて、Read文とData文だけでなく、どのData文から読み始めるかを指定できるRestore文もまた用意されています。なお、その場合には行番号ではなく、ラベルで読み始める位置を指定するようになっています。
もう一つの特徴は、オブジェクト言語の要素を取り入れています。とはいえ、一般的なそれではなく、画面についてプロパティやメソッド、イベントを持たせる、というものです。
Tiny Basicのプロパティには、背景色のBackColor、線の太さを表すDrawWidthなどがあります。またメソッドについては、従来型の命令として扱うそうです。
これにより、画面の背景色などの設定が簡単になると思われます。
使い勝手としては、コーディング部分が普通のテキストエディタになっているのでとても使いやすいです。
言語としても、画面のプロパティにさえ気を付ければ、今のBASICに慣れた人なら問題ないのでは、と感じました。
もちろん、関数やサブプロシージャも用意されているので、見通しのいいプログラムを作るのも難しくありません。
あと、グラフィックを読み込み、任意の位置に表示する命令もあるので、ゲームを作るのも可能だと思います。
その一方、DLLを使う機能は用意されていないので、DLLを使うプログラムはできないのが弱点です。
このTiny Basicは、こちらからダウンロードできます。

~YB

toku1905-03.JPG

YBは、関根恵一 氏によって作られたBASIC系言語です。ヘルプによれば、『YBとは、Yamasemi Basicの略』とのこと。
さて、このYBの特徴は、その言語仕様です。
BASICが元ではありますが、『配列の添え字を囲むのに使うかっこは( )ではなく[ ]を使う』、『C言語のようにブロックを囲むのは{ }を使う』、『一行に複数の文をまとめて書ける』など、C言語の要素も取り入れているのが特徴です。
また、変数をオブジェクトのように使えるのも特徴の一つです。変数の内部に複数の変数?(プロパティ)を持たせたり、特定の処理をさせるメソッドを持たせたりすることができ、さらに継承することもできるのです。これは大きな特徴で、色々応用が利きそうな仕様だと思います。
また、文字列を計算式や命令として扱う機能がついているのも大きなポイントの一つだと思います。
その一方で、グラフィックを扱う機能がないことは、ちょっとマイナスポイントですね。
とはいえ、プログラミングの勉強をするための言語としては、十分な機能を持っていると思います。あと、データを処理するソフトを作るための言語としても、上記の特徴から向いているのではと思います。
このYBは、こちらからダウンロードできます。

~New X1

toku1905-04.JPG

その昔、X1というパソコンがありました。かのSHARPが開発したパソコンで、機能的にはなんとテレビも兼ねたディスプレイを持ち、プログラミングの合間にテレビを見る、といったことができる他、カセットレコーダーを内蔵していて(この当時、フロッピーディスクの他にカセットレコーダーが記録装置として使われていたのです!)、そのカセットレコーダーの読み込み速度が、他のものより早く、さらに巻き戻しや早送りをプログラムから制御できたりと、カセットレコーダーの使い方にも一日の長があるパソコンでした。
また、BASICのほうも、文字をグラフィックキャラクタとして扱えるPCG機能を持った、ゲームが特に作りやすかったBASICでした。
さて、このNew X1は、そのX1のBASICをベースに作られたBASICだそうです。
起動してみると、確かにウィンドウにどどんと、懐かしのBASICの画面が!
CopyRightに、HUDSONとSHARPの名前があるのは、多分、作者のこだわりでしょうw
このNew X1はただX1のBASICを再現しただけでなく、ゲームが作りやすく工夫されているところもあります。
例えば、画像ファイルをスプライトやPCGとして使うことができたり、wavファイルをBGMとして再生することができたり、などです。
やっぱり、素材を使えるというのはゲームを作るためのBASICとしては、大きなアドバンテージになると思います。
その一方、言語仕様は旧BASICのものなので、最近のプログラミングを学ぶには不向きと言えます。
ですが、先述した通り、ゲームを作るために使うものとしては、先に紹介した二つ以上に優れており、向いていると思います。
ぜひ、デモプログラムを実行してみてください。NewX1の持つポテンシャルに魅了されると思いますよ。

New X1は、こちらからダウンロードできます。

~最後に

ここまで三つのBASIC系言語を紹介してみましたが、どうでしたでしょうか?
いずれも特色があり、使いやすい言語だと感じました。
お勧めは、プログラミングの勉強ならTiny Basic、ゲーム作りならNew X1ってところでしょうか。C言語にも慣れたいなら、YBもいいかもしれません。
自分に合ったBASIC言語を選び、プログラミングを楽しみましょう!

※次の更新は、『パソレクのなく頃に・礼』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:24| 特集 | 更新情報をチェックする