2019年09月02日

フリーオフィスソフト大研究

仕事をするときに役立つオフィススィート(オフィスソフト)。
裏編も、家族の手伝いで町内会の会報を作る時に使わせていただいてます。
さて。そのオフィススィートで一番有名なのは、当然マイクロソフトのMicroSoftのMicrosoft Officeなのですが、やはり高い!
できれば安く、できれば無料で済ませたいと思うのが、人情というもの。
そこで今回は、無料のオフィススィートについて、レポートをしてみようと思います!

~LibreOffice
LibreOfficeは、かの無料オフィススィートの雄、OpenOfficeの系統を引き継ぐ無料オフィススィートです。
さて。LibreOfficeは、今回のバージョンから、Microsoft Officeと同じように、ボタンをメインとしたインターフェースに変わっています。Microsoft Officeから移行してきた人にとっては、扱いやすくなったのではないでしょうか?
そのMicrosoft Officeとの互換性もばっちり! 表などで、一部の文字が上寄りになることはありますが、それ以外は、問題なく変換ができるみたいです。使用感もMicrosoft Officeとほぼ同じように感じました。
あと、Microsoft Officeや、後述するSoftMaker FreeOfficeにはない、描画ソフト・Drawがあるのもポイントの一つですね。
ただ、情報サイトにもあったのですが、データベースソフトであるBaseと、Microsoft OfficeのAccessとは、フォーム、レポートの互換機能はないので、そこは注意が必要です。
マクロ機能もないのですが、それを利用しないのであれば、十分利用に値するでしょう。
あと、元となったOpenOfficeのように、サイズの少ないポータブル版があるのもポイントの一つです。

~SoftMaker FreeOffice
このSoftMaker FreeOfficeの特徴は、起動の速さとさらなるユーザーフレンドリーです。
その起動の速さは特筆もので、LibreOfficeと比べると、ぐんと短くなっています。もちろん、Microsoft Officeと比べても速い。
起動時間の長さが気になる人にはぴったりのオフィススィートといえるかもしれません。
そして次のユーザーフレンドリーの部分。SoftMaker FreeOfficeでは、初回起動時に、ユーザーインターフェースを、現在のMicrosoft Officeのようなリボン形式か、昔のようなメニューとアイコン形式のものかのどちらかから選ぶことができます。もちろん、一度決定してからでも、切り替えることが可能。さらに、タブレットPCで使う人に配慮してか、ボタンが大きい『タッチモード』にすることも可能です。
もちろん、Microsoft Officeとの互換性も良好。問題なく変換することができます。
あと、表計算ソフトの名前が、PlanMakerという名前になっているのがちょっとびっくり。裏編は当初、予定計画を組むためのソフトかと思っていました(笑
操作感は、これまたLibreOfficeと同じくらい、問題なく操作できる感じでした。
起動を早くしたり、ユーザーフレンドリーにこだわりたいなら、このSoftMaker FreeOfficeがいいかもしれません。

~最後に
ここまで、LibreOfficeとSoftMaker FreeOfficeの二種類について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回紹介したものの他にも、オフィススィートはまだあります。
じっくり吟味して、自分にあったオフィススィートを選びましょう。
==========
※次の更新は、新連載『新電脳戦記パソレクW』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 15:14| Comment(0) | 特集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください