2019年11月04日

古いスマホを有効活用!

 世の中、どんどん新しいスマホが出てきますよね。
 それに合わせて、スマホをどんどん買い替えている人もいるのではないでしょうか?
 さてさて、そして古いスマホはどうしましょうか?
 ゲオなどに売るのも一つの方法ですが、それではちょっと芸がないですし、今まで日々をともにしてきたスマホを売るのも、もったいないというか、名残惜しいというか。
 そこで今回は、役目を終えた古いスマホを活用する方法を、いくつかご紹介しようと思います。

~ドライブレコーダーに!
 スマホには、カメラもあれば、衝撃を感知するセンサーもあります。
 なので、専用のアプリをいれれば、スマホをそのままドライブレコーダーにすることができるのです!
 ここでご紹介するのは、Safety Sightというアプリ。あの損保ジャパン日本興和が提供しているサイトで、事故などで衝撃を感知すると、自動的に録画を開始するだけでなく、前の車に接近したり、前の車が急発進した時に知らせてくれたり、トラブルの解決方法を教えてくれたり、警察や救急などにボタン一つで電話してくれたりなど、役に立つ機能がいっぱいです!
 これがあれば、カーナビを新しく買う必要はありませんね^^

~リモコンに!
 世の中には、スマホをテレビなどのリモコンにできるアプリも存在しています。
 スマホには赤外線通信機能がありますから、これを利用すればリモコンにできるわけですね。
 この類のアプリは色々なものがありますから、探してみて、お気に入りのアプリを見つけましょう! これで、リモコンをなくした時でも大丈夫ですね。
 ただ、当然この機能を使うためには、赤外線通信機能を持っているものでなくてはいけないのでご注意を……と言うところですが、テレビのほうがWifi機能をもっていれば、Wifiを通してリモコン操作できるものもあるので、そちらを試してみるのも一つの手かと思います。

~フォトフレームに!
 思い出の写真を、一枚一枚、表示させてくれるアイテム、フォトフレーム。
 これも、アプリを使えば、簡単にスマホをフォトフレームにすることができます。
 これについても、対応するアプリは色々とありますので、自分がよいと思うものを探してみるといいと思います。
 スマホを再利用したフォトフレームに、思い出の写真を映し出してみませんか?

~スライドパッドに!
 面白いと思ったのがこれ。
 スライドパッドというのは、ノートパソコンについているカーソルを動かすためのデバイス。その上で指を動かすと、それに合わせてカーソルが動く、というものです。
 これも、アプリを使うことで、スマホをそれにすることができます!
 また、アプリの中には、スマホをスライドパッドだけではなくキーボードにしたり、動画のオンオフもできたりするものもあるそうです。何とも便利ですよね!
 ただし、タッチ切れを起こしているものには、この利用法はできませんのでご注意を。

~最後に
 ここまで四つの活用法を紹介してきましたが、いかがでしょうか?
 古いスマホを売ったりするのもいいですが、愛着のあるスマホです。第二の人生ならぬスマホ生を与えてあげて、これからも使えなくなる日が来るまで、一緒に寄り添うのもいいのではないでしょうか?

==========

次の更新は、『新電脳戦記パソレクW』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:53| Comment(0) | 特集 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください