2020年03月16日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第二拾回:タイムトンネル【BOND SOFT】

ars2003-00.JPG
※この記事に使われている画像は、問題があれば削除いたします。
※この画像の著作権は、開発元様にあります。この画像の二次使用を禁じます。

うむ、師匠Tである! このチャレンジARSゲームも、ついに二拾回に到達!
これも、読者の皆様のおかげじゃ。感謝の言葉しかないわい。

さて、その二拾回を記念、というわけではないが、今回はまた、大作&名作のレトロADVにチャレンジしてみたいと思う。
今回のお題は『タイムトンネル』。わしの中では、かの『デゼニワールド』や、『スターアーサー伝説シリーズ』と並ぶ名作じゃ。
余談じゃが、かの山下章先生が、『デゼニワールド』の記事を書こうとしたら、その時はまだまだ完成していなかったので、その代わりとしてこの作品の記事を書いた、という逸話(?)まである。それだけの名作だったということじゃのう。

さて、それじゃ攻略していくとしようぞ。

どんなゲームも、完全制覇じゃ!

【 プロローグ 】
宇宙の征服を狙うダナーク星人。主人公は、前作で苦難の末、そのダナーク星人に対抗できる武器を入手した。
だが、なんという運命のいたずらか! その帰路、主人公の乗った宇宙船は小惑星に衝突!
その武器は宇宙の藻屑となり、主人公は命からがら、宇宙ステーションにたどりついた。
さてさて、武器を失った今、主人公はダナーク星人の宇宙征服を阻止することができるのだろうかっ!?

【 本編 】
ars2003-01.JPG
まずは宇宙ステーションの宇宙船発着口からスタート。外に見えるは、前回の冒険の舞台だった惑星ファラスじゃ。

ars2003-02.JPG
左側にドアが見えるが、このドアは、今は開けることはできぬ。かなり後のことになるので、今はここにドアがあることだけ覚えておくことにしたほうがよかろう。

ars2003-03.JPG
これは、惑星ダナサイト地上に転移するための転移装置じゃ。衛星軌道上から一瞬で地上に行けるとは、なんとも便利なものよのう。

ars2003-04.JPG
というわけで、ダナサイトにやってきた。この星に、ダナーク星人に立ち向かう術があればよいのだが……。

ars2003-05.JPG
これはチューブロード。各地をつなぐ通路じゃ。ここを通って、いろいろな施設に行くことになるぞ。

ars2003-06.JPG
やってきたのは、この惑星ダナサイトを治める長官の公邸じゃ。今後の冒険のためにも、彼に一応顔を見せておいたほうがよかろう。

ars2003-07.JPG
長官の部屋の前には、当然というべきか、門番のロボットがおった。
彼に何か言われたときには、素直に従うのがよかろう。

ars2003-08.JPG
彼が、この惑星ダナサイトを治める長官じゃ。彼からはあるものをもらうことになるが、その時に前作の知識をちょっと試されることがある。
前作をプレイした者はほとんどいないと思われるので、ここでその答えを教えておくことにしようぞ。
空いているところを反転させてみてみるがよい。
答え:デンドロエリアン

ars2003-09.JPG
まっくらな部屋じゃな。でも心配は無用。
すぐ目の前に明かりがあるじゃろ?

ars2003-10.JPG
また別のドアの前までやってきた。今回は、ちゃんと礼儀をわきまえて入らねばならぬぞ。
何せこのドアの奥には……

ars2003-11.JPG
彼女は、長官の娘、エリーゼ。
彼女は、この先のゲームの展開に、重大な役割を果たすことになるのだ。

ars2003-12.JPG
地下室には看板があったぞ。ここのトリックはありきたりじゃな。
それにしてもORANGE……? APPLEのパロディかの。

ars2003-13.JPG
ここは、ネコジャラシ宇宙大学じゃ。この銅像は、この大学の創始者でもあり、メタなことを言えばこのゲームの作者であるネコジャラ氏の銅像だそうじゃ。

ars2003-14.JPG
校舎の前にやってきたぞ。ここに入るには、ちょっと頭を使う必要がある。
とはいえ、あまり身構える必要はない。SFものによくあるギミックじゃよ。

ars2003-15.JPG
教室の中。なぬ、『How to use the control desk(コントロールデスクの使い方)』じゃと!? これは見ておかねば!
あと、机の上に載っているアレも忘れてはならぬぞ。

ars2003-16.JPG
『タイムトンネル研究所』じゃと!? こ、これはダナーク星人に対する切り札となりそうな予感がするぞい!!

ars2003-17.JPG
タイムトンネルの前までやってきた。いざ突撃、の前にしっかり使い方について学んでおくように。
勉強せずにはいると、大変なことになるかもしれぬからの。

さて、続きは……

次回に続くのじゃ!!

==========
※次の更新は、『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:29| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください