2021年03月08日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐拾八回:デゼニワールド【ハドソン】

ars2103-01.JPG

うむ、師匠Tである!
今月チャレンジするのは、『デゼニワールド』!
かのADVの雄、ハドソンが生み出した怪作にして傑作じゃ!

位置的にはデゼニランドの続編という立ち位置じゃが、仕掛けやスケールなど、デゼニランドとは段違いにパワーアップしておる!
これはチャレンジのしがいがあるわい!

それではいくぞ!

どんなゲームも、完全制覇じゃ!!

【 今回はいきなり本編じゃ! 】

ars2103-02.JPG
物語は、組織のアジトから始まる。パッとしないこの男が、主人公デゼニマンじゃ。
組織のボスの話によると、名古屋にある遊園地デゼニワールドのコンピュータが突然狂いだしたという。
むむむ、これは難事件のにおいがするわい!

ars2103-03.JPG
名古屋にやってきたぞ! デゼニワールド建設計画についての看板があるのう。
今となっては、このキャッチフレーズもむなしいものがあるのう。
何はともあれ、先に進むとしようか。


ars2103-04.JPG
分かれ道じゃ。左に行くと公園があるそうじゃ。とりあえず、そちらに行ってみようか。

ars2103-05.JPG
公園に行ってみると、パブ(酒場)があるぞ。情報収集のために行ってみようか。
毛、決して酒を飲みたいからではないぞ!

ars2103-06.JPG
アウトー! これはアウトじゃー!! むむ、でも髪の毛がモヒカンだからセーフなのか?
え、そういう問題ではない? 何はともあれ、彼から話を聞いておくとしようか。

ars2103-07.JPG
マスターの指示に従って、テレフォンルームに行くと、組織の工作員の一人からの話が聞ける。
なお、電話の相手であるタケベは、以前紹介した『サラダの国のトマト姫』の作者であり、現在、グランディアⅡやドラゴンクエスト・モンスターバトルロードを開発したロケットスタジオの現社長、竹部隆司氏がモデルだそうな。

ars2103-08.JPG
さて、電話を終えると……アウトー! これもアウトじゃーーー!!

ars2103-09.JPG
ぜぇぜぇ……。取り乱してしもうた。すまぬ。
気を取り直して戻ってくると、そこには豚がおった。彼にも話を聞いてみるとしようぞ。

ars2103-10.JPG
さて、公園にやってきたぞ。むむ、向こうに見えるあれは?

ars2103-11.JPG
おぉ、やはり! 以前紹介した『サラダの国のトマト姫』の主人公、キュウリ戦士の銅像ではないか!
このようなサービスは、ファンとしてはやはり嬉しいのう。

ars2103-12.JPG
女の子が壁に落書きをしておるが、見た目で判断してはいかん! 実は彼女も……。
彼女の話もしっかりと聞いておくように。

ars2103-13.JPG
猿山にやってきたぞ。確か、先ほどの女の子は……。

ars2103-14.JPG
骸骨にしか見えないが、老人じゃ。彼も、デゼニワールドに挑んだが、その謎と恐怖の前に屈して、このようになってしまったようじゃ。
それにしても、骸骨と珠つきの杖……黄〇バットか?

ars2103-15.JPG
やや、彼は『サラ(ry』の悪役、カボチャ大王ではないか! 自業自得とはいえ、こんなに落ちぶれるとは哀れじゃのう。
もちろん、彼にもしてもらうことがあるぞ!

ars2103-16.JPG
アウトーー!! アウトじゃーーー!! もうそろそろ、ハドソンがDCコ〇ックスに訴えられないか不安じゃのう。
本当に、このころのハドソンは怖い物知らずじゃったのう。
さて、このバッ〇マンもどきは、タクシーの運転手だそうじゃ。お願いすれば、デゼニワールドまで乗せてもらえる……か?

ars2103-17.JPG
レンタカー屋か。ここで車を借りらればいいのじゃが……。

ars2103-18.JPG
その後色々あって、モノレールの駅までやってきた。
さっそく切符を買って……とちょって待て! その前にあることをしておかねば、切符を買うことはできぬのだ。

ars2103-19.JPG
ちょうどモノレールが止まっておるな。これに乗れば、デゼニワールドに行けるのか?
はてさて、この先は……



次回に続くのじゃ!!



==========
※次の更新は、新連載『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 14:22| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください