2021年04月12日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐拾八回:デゼニワールド【ハドソン】(その2)

うむ、師匠Tである!

無事にデゼニワールドに出発できた主人公であるが、本番はこれからじゃ!
これからもネタと、そして謎が我らを待ち構えておる。心してゆくとしようぞ!!
では、続きを始めるぞ!

【 本編じゃ! 】

ars2104-01.JPG
デゼニワールドに到着すると、いかにもこれがOPですとでも言いたげなBGMが流れ出す。
つまり、これからが本当の冒険ということじゃろう。
さっそく、気合を引き締めていくとしようぞ。制圧前進じゃ!!

ars2104-03.JPG
道に足跡と、そして紙が落ちておるな。紙は『HAL3』を狂わせた張本人からの挑戦状のようじゃ。
むむむ、面白い、その挑戦、受けてやろうではないか!

ars2104-04.JPG
闘志を胸にやってきたのは、最初のパビリオン、『ランド』じゃ。
最初のパビリオンとはいっても、油断は禁物。心してかかれよ!

ars2104-05.JPGars2104-06.JPGars2104-07.JPG
『ランド』はこのような、展示スペースをぐるぐる回るだけの施設。
とはいえ、ぐるぐる回っているわけにもいかぬ。ここのどこかで道をそれれば……。

ars2104-08.JPG
この通り。別な部屋に出られるぞ。さて、ここにはドアが二つ。まずはどちらから入ろうか?

ars2104-09.JPG
いきなり出口とはラッキー!と思うのは甘い。ここから出てしまうと……?
ここでは、そのわきのロッカーに入っているものに注目じゃ。

ars2104-10.JPG
通路の壁にこのような張り紙が。デゼニワールドのスタッフが残していったものであろうか?
よほど深刻な事態になったのであろう。
だが後戻りはできぬ! 制圧前進あるのみじゃ!!

ars2104-11.JPG
次なる部屋にもドアが二つ。この落書きも、スタッフが書き残したものであろうか?
そしてこの番号は一体……?

ars2104-12.JPG
テーブルの上に鍵と紙が。この鍵は一体? そしてこの紙は、もしかしてスタッフが残していったものなのか?

ars2104-13.JPG
出口らしいドアの前にやってきたが、びくともしない。押してダメなら引け……とはよくいうが、それでクリアできるほど、このドアは甘くないぞ!!



次回に続くのじゃ!!



==========
※次の更新は、新連載『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:21| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください