2018年10月18日

フリーゲームレビュー:自爆して点を稼げ!PSPにもなったよ。EveryExtend

今回紹介する『Every Extend』は、裏編の大好きな作品の一つです。
このゲームの特徴を一言で言い表すと、『シンプル、やりこみ』。どんなゲームかを単純に言うと、『はじけろ』。
ただこれだけです。
では、このゲームについて説明していきましょう。

~シンプルに弾けろっ
まず自機は爆弾です。まごうことなき爆弾です。爆弾ですから、爆発しますし、爆発すると爆風も出ます。
さて、ポイントはここから。四方から敵キャラがやってくるのですが、この敵をこの爆風で倒していくわけです。
もちろん、この敵も倒されると爆風を出すので、うまくいけば、多くの敵を一度の爆発で倒すことができます。
とはいえ、スコアが上がると自機がエクステンドされ、さらにそのエクステンドもエクステンドしやすいようになっているのですが、やはり数に限りがあるので、一度の爆発で多くの敵を倒せるようにうまく爆破位置を考えて爆破する必要がありますし、敵にあたっても爆発してしまいますので、うまく敵をよけながら適切に爆破させる必要があるのです。
さて、ゲームを進めていくと、やがて中ボス、そして本ボスが出てきます。中ボスはそれほど強くありませんが(それでも雑魚に比べるとやはり手ごわい)、本ボスは3ウェイショットで攻撃してきたり、バリアを張ってきたりと、一癖もふた癖もある手ごわい奴です。こいつを倒せば、ゲームクリアとなりますよ。

どうでしょう。 このようなシンプルながらも、いやシンプルながらも面白い。それが、この『Every Extend』なのです。

~やりこんで弾けろっ
さて、この『Every Extend』はただこれだけのゲームではなく、やりこみを助ける要素と、二つのモードがあります。まずは要素から。
このゲームでは、倒すとアイテムを出す敵がいます。青い敵が落とす青いキューブを取るとボーナス得点。さらに続けてたくさんとると、どんどん得られるボーナス点も増えていきます。(ただし、自爆したり敵や弾に触れてやられるとリセット)
赤いキューブを取ると、敵の出現速度と、敵の移動スピードが上がります。
つまり、高得点を稼ぐには、青いキューブを立て続けにとってボーナスを稼ぎ、さらに赤キューブで敵をたくさん出現させ、そいつらを一度に爆破するといいわけですね。
そして、二つのゲームモード。
Lightは初心者向けのイージーモード。そしてHeavyは、やりこんだプレイヤー向けのハードモード。敵が撃ち返して来たり、攻撃が激しかったりととても難しいモード(だそう)です。LightをやりこんだらHeavyに挑戦するのも面白いかもしれませんね。
Heavyを楽にクリアできるようになったら、このゲームを極めたといっても過言ではない……かもしれません。

~最後に
シンプルながらも、スコアアタックに思わず夢中になれる『Every Extend』。
「どんなゲームでもクリアしてみせるぜ!」というゲーム自慢のプレイヤーの方は、ぜひプレイしてみてはどうでしょうか? 面白さはB-Magaの保証済みですよ^^

なお、このゲームは( ゜ワ゜)ノ 氏の作品で、こちらからダウンロードすることができますよ。

そうそう、このゲームはPSP用に移植もされたので、そちらもプレイしてみるのもいいかもしれません、と最後に言っておきます(笑



※次の更新は、10月22日、『NIKONIKO-CINEMA』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:22| Comment(0) | フリーゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

フリーゲームレビュー:たまには息抜きにこんなゲームはいかが? 『野球ペンデュラム』

free1808-00.JPG
※このゲーム、および使われている素材の著作権は、作者のgobori 氏にあります。レビュー中の画像や、ゲーム中の素材の二次使用を禁じます。

やってまいりました。古今東西のフリーゲームをレビューするこのコーナー。
今回紹介するゲームは、gobori 氏が作られた『野球ペンデュラム』です。

このゲームは、どちらかというと、クソゲーではなく、バカゲーと呼ばれる部類に入るだろうと思われます。
バカゲーは、クソゲーと似たようなものですが、『ゲームシステムや演出、あるいはバグなどでプレイヤーの「もう笑うしかない」という感情を買ってしまうような「バカらしいコンピュータゲーム」の俗称である』とのことで(Wikipediaより)、このゲームはまさにそれにぴったりではないかと思います。
とはいえ、否定的な意味ではなく、その骨董無形なシステムや、力の抜けたキャラクターがとても面白く、いい意味でのバカゲーであると感じました。

それではかるーく、このゲームのバカゲーっぷりを説明していきましょう。

~どんなゲーム?

このゲームがどんなゲームか、というのは、下のスクリーンショットを見れば、すぐにわかるかと思います。

free1808-01.JPG

照準、ライフゲージ、ボール、突き刺さってる矢、これでわかるでしょう? え、わからない? 笑
つまり、これは『飛んでくる矢をかわしながら、敵にボールをぶつけて倒していく』というゲームなのです。
ボールは、照準の位置に発射され、落ちたボールは拾いなおして、また投げることもできます。
操作は、W、A、Dで移動、マウス移動で照準の移動、クリックでボール発射です。FPSみたいな感じですね。
FPSは、どれもシリアスとかリアルとかいった感じのゲームが多いようなので、たまにはこんなものを楽しむのもよいのではないかと。

~どこがバカゲー?

では、いよいよこのゲームのバカゲーっぷりについて説明していきましょう。
それはやはり、キャラクターにあると思います。タイトル画面の主人公のかっこいい感じに比べ、本編に出てくる敵キャラはいずれも、バカっぽ……もとい、てぬ……もといっ、ほどよく力の抜けた感じのものばかり。
見てて、笑ってしまうこと間違いなしです。

free1808-02.JPG

free1808-03.JPG
▲ 見よ! このほどよく力の抜けた敵キャラをっ!

そして、マイキャラの動きもまたいい意味でバカらしい、というか面白いものです。

free1808-04.JPG
▲ かつて、旧ベーマガに投稿されていた四コマにも、こんなものがありましたよね。
 大きく背中をのけぞらせて、アーケードゲームをする、っていうのが

あと、起動すると表示される注意書きにも、なんか面白いものを感じました。
何も言わずごらんあれ 笑

free1808-05.JPG
▲ ストレッチしないと、痛めてしまうかもしれませんもんね(^^

~感想

プレイしてみて、なかなか面白いものでした。先ほど話した、敵キャラや、マイキャラの動きの面白さはもちろんなのですが、ゲーム自体も、ある程度ダメージを与えると、テレポートしたりと攻撃パターンが変わったりと、なかなか練りこまれています。
ゲームを一杯やりこんで疲れてきたら、こんなゲームで軽く楽しむのも、またいいものだと思いますよ。



※次の更新は、8月27日。『MP4 Creatorを使ってみました!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 08:23| Comment(0) | フリーゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

回して追加して、ブロックを消すのだ!『R』

free1804-00.JPG

コンピュータのパズルゲームは、プレイしていくうちにノッてくるのも、頭を悩ませてクリアした後の感激も、いずれもはまる要因です。
これまでにも、色々なハマるパズルゲームが出てきていますが、今月はこの、『-R-』をご紹介します。

なお、『-R-』は、ソフトサークル『MithrilWorks』の作品で、こちらからダウンロードすることができます。

~簡単だと思うでしょう? ところが……~

まず、このゲームの一面目を見ていただきましょう。

free1804-01.JPG

ブロックを新しく追加して、面の中のブロックを全て消すことができればクリアです。なお、ブロックは四個縦か横につなげれば消えます。
そうなると、追加することのできるブロックはランダムか、あらかじめ決められているというのが定番ですが……。

free1804-02.JPG

この『-R-』では、このように自分で選ぶことができます。それならどうすればいいかはもうおわかりですね?
はい。上の画像の枠の部分に緑のブロックを置けばOKです。
置くブロックは自分で決められるから簡単だと思いますよね? ところが、そのように一筋縄ではいきません。

~回転も使いこなそう!~

面が進むと、このような面が出てきます。

free1804-03.JPG

この面、ただブロックを置くだけでは、とてもクリアできそうにありませんよね。
そこで、このゲームのもう一つのシステム、『回転』の登場とあいなるのです。

なんとこのゲームでは、ステージを90度単位で左右に回転させることができるのです!
もちろん、回転させると、ブロックは画面下に落下します。
そこで……。

free1804-04.JPG

ステージを180度回転させてみました。
これで落とすと……。

free1804-05.JPG

下に落ちて並んだ灰色のブロックがこのように消え……

free1804-06.JPG

さらに回転させれば、四つとも下に落ちて、四個並ぶのでクリア!

となるのです。

このように、回転をうまく使うのが、このゲームのポイントなのです。

~プレイしてみて~

プレイしてみて、とても面白いゲームだと感じました。
面の構成も、最初はブロックを置けばクリアできる単純な面からはじまり、続いて回転を使う面、そしてブロックを置くことと、回転の両方を使う複雑な面と、プレイするほどゲームに慣れていくような構成になっていて好印象です。
操作系もそれほど難しくなく、カーソルキーと、最低限三つのキー(ブロックを置くキー、ブロックを選ぶ画面を呼び出すキー、画面を回転させるキー)と、とてもシンプルになっています。

このように、この『-R-』、とても非の打ちどころがないゲームとなっているのです。

パズル大好きな人にとてもおすすめなこのゲーム、ぜひプレイしてみてはどうでしょうか?
満足いただける一本ですよ。

※次の更新は、4月23日、『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:43| Comment(0) | フリーゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

フリーゲームレビュー:二つの塔を行き来するというアイデアが斬新だぜ!≪テレポー塔≫

free-171016-00.JPG
☆まずはシステム紹介!☆

今月のフリーゲームレビュー、その一本目は、この『テレポー塔』を紹介しましょう。
このゲームでは、その名のとおり、テレポートが重要な位置を占めています。
このゲームは、左右に分割されており、ボタンを押すことで、反対側へとテレポートすることができます。これをどう使うか、口で色々と説明するより、例で見たほうがわかりやすいと思います。

free-171016-01.JPG
▲ 右の宝石が取りたいけど、前に壁が! こんなときは・・・

free-171016-02.JPG
▲ テレポートで右の画面に移動して、右に進んで、左の画面での壁の中に入り・・・

free-171016-02b.JPG
▲ 左の画面に戻ればOK!

と、このように、二つの画面をうまく移動して、障害をクリアすること。それがこの『テレポー塔』のゲーム性、というかパズル性なのです。
正直、裏編もこれには目からうろこでした。
かつてベーマガにも、二つの画面を行き来して遊ぶゲームがありましたが、それをパズルに取り入れる、という発想には脱帽ものです。

☆仕掛けも色々!☆

もちろん、これだけの要素でも、パズルやアクションとしても面白いですが、これだけで終わるゲームではないのが、この『テレポー塔』。
このゲームには、他にも色々なギミックがあったりするのです。

free-171016-03.JPG
▲ ブロックのカドにはつかまることができる

free-171016-04.JPG
▲ でも、このようなカドが欠けてるブロックにはつかまることはできないので注意!

free-171016-05.JPG
▲ ジャンプ台? この上でジャンプすると、通常より高くジャンプすることができる。

free-171016-06.JPG
▲ テレポートドア。ここでテレポートすると、逆の画面ではなく、もう片方のテレポートドアにテレポートする

このように、色々なしかけが組み合わさって、面白いパズルになっているのです。
しかも、色々なしかけがあるので、この先どのような仕掛けがあるのか、どのような面になっているのか、わくわくしてきますよね^^

☆アクションとしても歯ごたえが……☆

さらに、この『テレポー塔』は、パズルとしてだけではなく、アクションとしても歯ごたえがあるものになっています。 例えば、狭い足場をぽんぽんとわたって言ったり、落下先にあるジャンプ台からジャンプしたりとか……

free-171016-07.JPG
▲ このテレポートドアに、ジャンプして入ってテレポートし・・・

free-171016-08.JPG
▲ うまく、右の画面のジャンプ台から・・・

free-171016-09.JPG
▲ ジャンプ! こんなアクション・テクも必要になってくるぞ!

と、このように『テレポー塔』は、アクションパズルとして、バランスのとれた面白さをもっています。
なお、アクションの難易度は、アクション音痴の僕でも、少し繰り返せば、できるぐらいの難しさになっているのでご安心あれ~

☆最後に☆

アクションとしても、パズルとしても面白い、『テレポー塔』、いかがでしたでしょうか?
とても斬新なシステムを取り入れているうえに、パズルとしてもアクションとしても練りこまれているので、とても楽しめると思います。 難易度もほどよいですしね。

アクションがすきな人も、パズルが好きな人も、ぜひこの『テレポー塔』をプレイしてみてはどうでしょうか?
きっとハマること間違いなしですよ^^

※次の更新は、10月18日。市販ゲームを紹介するURAURA!GAME REVIEWの予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:34| Comment(0) | フリーゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

フリーゲームレビュー:ロックオンしてたくさん月を消せ!≪Erase≫

free-00.JPG

シューティングゲームの快感は、なんといっても、敵をたくさん撃破することではないでしょうか?
ワイドショットや、グラディウスシリーズのレーザーも、敵をたくさん撃破する快感を演出するために考え出されたもののような気がする今日この頃です。

そして、今回紹介するこの『Erase』も、テーマはたくさんの敵を倒す快感、だと思うのです。

■■■ロックオンして月を消せ!

このゲームのルールはとても簡単です。 ゲームを開始すると、画面の中を月と太陽が動き回ります。
この月を、照準を動かしてロックオンしていき、クリックすると消すことができます。
このとき、一度にロックオンした数が多ければ多いほど、スコアが高くなります。

どうです? シンプルながらも、熱くなりそうで、敵を一度にたくさん倒す快感が得られると思うでしょう?
まさに、そんなゲームなのです。

free-01.JPG

■■■でも、太陽は消したらダメだ!

ですが、話はこれだけでは終わりません。
上のスクリーンショット、画面の右上に太陽のマークがあるのがわかるでしょうか?
これ、消したらダメなのです。 しかも、ロックオンを解除することはできないので、ロックオンした時点で、ゲームオーバー確定なのです。
なので、うまく照準を、太陽をロックオンしないようにしながら動かす必要があるのですが、ゲームが進むと・・・

free-02.JPG

このようにわんさかと出てくるのです。
これらの太陽をよけながら、うまく月だけをロックオンしていく。 これがこのゲームのゲーム性なのです。
・・・このスクリーンショットでは、見事ロックオンされてますね、太陽(苦笑

■■■感想

プレイしてみて、なかなか楽しめるゲームでした。
月を一度にたくさん消すのも面白いし、うまく太陽をよけながらロックオンしていくのが、これまた熱くなる!
シンプルながらも、熱くなれるゲーム、それがこの『Erase』なのです。

あれこれ考えず、熱く遊びたいときにはぴったりのゲームですよ!

なお、このゲームは、なめたけ 氏のフリーソフトで、こちらからダウンロードすることができます。
posted by 裏編 at 09:08| Comment(0) | フリーゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする