2018年11月22日

ゲームむかしがたり『チャンピオンシップ・ロードランナー』 ~その隠された道標~

enta1811-02-00.png
※本記事では、ゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

【 まずは問題から 】
 まずは問題である。下のスクリーンショットを見ていただきたい。

enta1811-02-01.png

 これは、チャンピオンシップロードランナー1面序盤のワンシーンなのだが、このシーンには親切なガイドが隠されている。さて、それはどこだろう?
 よく考えたら、下を読んでいただきたい。

【 正解は…… 】
 正解は、右側の金塊の下のコンクリートである。
 もしここがコンクリではなく、レンガだったと考えていただきたい。きっとプレイヤーは、「この金塊の下は落とし穴かもしれない!」と、そこに一縷の希望をかけてそのまま落ちようとするだろう。筆者もおそらくそうする。
 逆にここがコンクリであることでプレイヤーに、「ここに落ちても出られませんよ」と教えているのだ。
 「希望を奪う」? いやいやさにあらず。ゲームはここで、「そのまま落ちて取るのは正解ではありませんよ」と教えてくれているのだ。多分、きっと。
 前回紹介したゼビウスもそうだったが、このチャンピオンシップ・ロードランナーでも、プレイを通して、ゲームの基本テクニックなどを教えたり、正解間違いをさりげなく教えてくれたりと、そんなレクチャー要素を取り入れている。それをこれから説明していこう。
 なお、その観点からというと、チャンピオンシップ・ロードランナー(以下チャンピオンシップ)の基本テクの一つである『時間差掘り』の初舞台となる、左上の金塊のところは……と思われるだろう。 だが、そこも巧妙なところで、画面を見ればわかる通り、もし金塊の底が落とし穴だとしても、落ちたところから右には戻れないので、ここもさりげなく、「ここの下は落とし穴ではありませんよー」と教えてくれているのだ。

【 この先は…… 】
enta1811-02-02.png

 正解の手順をふんで上の金塊を取り終えると、次にはここにたどりつく。ここもうまいもので、右から取ろうとしても、今度は金塊の下が落とし穴なのでとることができない。金塊の上のレンガを掘って、上から飛び降りるのが正解。うまいひっかけだ。しかもうまいひっかけなだけでなく、先ほどとは違い、もし間違いの方法でしてしまっても、すぐ横のはしごから脱出することができる親切設計。

enta1811-02-03.png

 もうおわかりだろう。下がコンクリートになっている。「何も考えずに上から落ちればOKという考えは捨てろ」という警告だ。ここの攻略で重要なポイントは、
・上から飛び降りてとる必要がある
・取った後は、左右のどちらかから脱出しなければならない(=脱出口を作る必要がある)
・ぽつんと1キャラ分のはしごが2x2の空間の右上にある
これを考えれば、正解はおのずとわかると思う。

 いかがだろうか? 前回のゼビウスもそうだが、このチャンピオンシップも、一面の中に、プレイしているうちにテクニックなどが身に着くレクチャー要素が取り入れられているのだ。

 そしてもう一つ、パスワードが必要な面は、11面からということも重要なポイントだと思う。
 これはおそらく、10面まではいわば基本テクニックを身に着ける練習面で、本番は11面ということだろう。
 それを暗示しているのと同時に、1~9面で基本テクニックを練習して身に着け、10面で最後の試験を行い、その試験をクリアした者だけが、本番である11面に進める、というユーザーフレンドリーな趣向だろう。(もし2面以降からパスワードが必要だったら、入力が面倒で、とても繰り返し練習する気にはならないのではないかと思う)

 チャンピオンシップ・ロードランナー。このゲームもまた、実にユーザーフレンドリーなゲームであった。

※引用元:ファミコン版『チャンピオンシップ・ロードランナー』より。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

※次の更新は、11月26日。『あのWinAmpがついにスマホに!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 13:55| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

URAURA! Game Review :独眼竜政宗【ナムコ・FC】

※本記事では、ゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)といえば、ゼビウスやマッピーなど、シューティングやアクションがメインのメーカーだと思ってる人も多いのではないだろうか。だが! 実はナムコはそれだけのメーカーではないのだ!
 それを証明するゲームが、この『独眼竜政宗』である。

~コメディチックだぞ!~
 この独眼竜政宗がどのようなゲームかというと、前年に放送された大河ドラマ・『独眼竜政宗』にあやかって、政宗率いる伊達家をプレイヤー勢力として、東北の諸大名と戦いを繰り広げるという、信長の野望タイプのシミュレーションゲームである。

ur-1809-01.JPG
▲ ゲームは信長の野望タイプだ!

 だが、さすがはナムコ。ただの信長の野望のコピペにとどまらず、差別化をちゃんとはかっているのだ。
 その差別化の一つは、コメディチックであり、バラエティ豊かだということ。上のスクリーンショットを見てもわかる通り、登場するキャラは、かわいくデフォルメされているので、とてもなじみやすいのだ。
 また、そのキャラのグラフィックも、イベントなどによって笑顔になったり、しょぼんとしたりするところがまた面白い。
 また、イベントにも、保春院(政宗の母)が、現実のおばあちゃんよろしく、城におしゃべりにきて1ターンをまるまるつぶしたり、祈祷師に頼むと、金山のミニゲームがはじまったりと、なかなかコメディチックで面白いものが用意されているんだ。

ur-1809-02.JPG
▲ 祈祷師登場!

~簡単だ!~
 一律に、信長の野望タイプのシミュレーションは、コマンドが多くて、ちょっと難しいという印象があるだろうが、この独眼竜政宗では、コマンドをアイコンにしたり、コマンドのヘルプを呼び足せるようにしたりして、簡単にプレイできるようになっている。また、先のコメディチックなところも、とっつきやすくするための作戦の一つと言えるかもしれぬ。

 また、ミニゲームなどの、ゲームを楽しくさせるギミックも用意されていたり、合戦もユニットを移動させるだけのシンプルなものになっていたりと、とてもとっつきやすくなっている。

読者のみなさんも、プレイしたときには、むずかしさなどあまり感じないのではないだろうか?

ur-1809-03.JPG
▲ 合戦もとてもシンプルだ!

~それだけではないぞ!~
 だが、これだけを聞いて、独眼竜政宗が初心者用シミュレーションと思っているのは、まだまだ甘い。
 初級者モードでも、しっかりと富国強兵をして、そこそこ戦略を考えないと、勝ち抜くことは難しい。また上級者モードでは、敵は本国以外も狙ってくるので、さらに気が抜けなくなっており、歯ごたえのあるゲームになっているのだ。
 ファミコンを持っている方は、ぜひプレイしてみてはどうだろうか? 気軽に楽しむのにも、本腰入れて挑むのにも、どちらでも楽しめる一本である。



※次の更新は、9月27日、『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:08| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

レトロゲーレビュー・ギャラガ88【1987年/ナムコ(現・バンダイナムコゲームス/AC、PCE他】

※本記事では、ゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

【STGには色々ありますが……】
 縦スクロールに横スクロール、3Dシューティング……シューティングには色々な種類のものがあるが、昔からの固定画面型シューティングも、それらに負けてはいない。
 コズモギャング・ザ・ビデオや、『ナムコ・クラシックコレクション』のギャラガアレンジメント、ギャラガレギオンズなど……。
 やはり、シンプルに楽しめるのが、このタイプのゲームの魅力だろうか。
 さて、今回紹介するのは、その固定画面型シューティングの中でも、筆者がとても面白いと思うゲーム、ギャラガ88である。

【無印についておさらい】
 さて、まずは前作であるギャラガについて紹介しよう。このギャラガはギャラクシアンのような飛来してくる敵機を撃ち落としていく典型的な固定画面型STGであるが、それだけにとどまらず、パワーアップという要素も兼ね備えた傑作である。

 ゲームがスタートすると、まずは左右から敵機が飛来して編隊を組む。そしてそれから敵が攻撃を開始していくのだが、ここから、ギャラクシアンとは違ってくる。

 まず、ボスギャラガは時々、弾の他に、トラクタービームというビームを撃ってくる。これにあたると、なんと自機はそのボスギャラガにとらわれてしまうのだ!

ret1807-01.JPG
▲ 自機が、ボスギャラガのトラクタービームにとらわれてしまった!

 だが、これで終わりではない。このピンチは、逆にパワーアップでのチャンスでもあるのだ!
 捕らわれた後、そのボスギャラガが飛来したときに撃ち落とすと……。

ret1807-02.JPG
▲ 先ほどのボスギャラガが飛んできたぞ! 撃ち落とせ!

 なんと、その捕虜となった自機が、現在の自機にドッキングして、デュアルファイターとなるのだ! すると、同時に並列に二発弾を発射することができるのだ!

ret1807-03.JPG
▲ 救出成功! これでデュアルファイターにパワーアップだぜ!

 このように、敵にわざと捕らわれて、そして奪還してパワーアップという、斬新な要素を持つのが、このギャラガの魅力だろう。

 また、ギャラガの魅力としては、敵がいろいろな軌道で飛んでくるチャレンジングステージも忘れられない。

ret1807-05.JPG
▲ 敵の軌道が多彩で美しいチャレンジング・ステージ

【そして88】
 さて、そしてギャラガ88である。
 この88が、前作と変わったところは、まずはグラフィックだが、さらにパワーアップしたのがパワーアップである。

ret1807-06.JPG
▲ 進化したグラフィック。だが、それだけではない

 確かにグラフィックはきれいになったが、それより自機を見ていただきたい。本ゲームでは、デュアルファイターの状態でゲームをはじめることができるのだ! そして、デュアルファイターもまとめて敵につかまってしまうのだ!
 では、それを救出するとどうなるか……。

ret1807-07.JPG
▲ 捕虜になったデュアルファイターを救出すると……ま、まさか……!

なんと、三機合体して、三発並列発射することのできる、トリプルファイターとなるのだ!

ret1807-08.JPG
▲ 降臨! トリプルファイター!

 デュアルファイターの場合、前作もそうだが、二発の弾の間が空いているのが弱点だったが、トリプルファイターの場合、その間に一発入るので、その弱点を見事にカバーすることになるのだ!
 また、1機だけのときでも、一気にトリプルファイターになれるアイテムもあったりして、なかなか面白い。
 このように、パワーアップが、さらに奥深くなっているのが、このギャラガ88の一番の特徴といえるだろう。

 さらに、チャレンジングステージは、ギャラクティック・ダンシングと名を変え、ワルツやタンゴなどのBGMにあわせて、敵機が前作よりも美しい軌道で飛んでくるという変身を果たしている。

ret1807-09.JPG
▲ ザッツ・ギャラクティック・ダンシーング!

 さらにさらに。縦スクロールっぽいステージもあったりするのが、前作と大きく変わったところだ。
 だがこのステージ、2回しか登場しないのが残念である。

ret1807-11.JPG
▲ 縦スクロールライクなステージもあるぞ!

 さらにさらにさらに、あるアイテムを集めると、ボーナスとともにさらに難しいステージ系列に移動したりするといったフィーチャーもあって、とても面白く進化を果たしている。

ret1807-10.JPG
▲ ディメンション・ワープ!

 このギャラガ88は、オリジナルであるアーケードやPCエンジン版の他、Wiiのバーチャルコンソールでも、アーケード版やPCエンジン版をプレイすることができたりするので、興味があればプレイしてみてはどうだろうか? この新時代の固定画面型シューティングの前に、思わず燃えること間違いなしである。

※引用元:ファミコン版ギャラガ、PCE版ギャラガ88より



※次の更新は、7月23日。NIKONIKO CINEMAの予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 07:39| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

URAURA!Game Review:エルミナージュOriginal ~闇の巫女と神々の指輪~

 2006年。 ゲーム業界に激震(というほどでもないかもしれないが……)が走った。
 アエリアという会社が、あの傑作RPG『Wizardry』の版権を取得したのだ。
 これによって、これまでWizardryの亜流シリーズを開発していた会社は、これからは簡単にWizardryのタイトルのゲームを発売することができなくなってしまった。
 その後、それらの会社は、オリジナルシリーズとして、WizardryタイプのダンジョンRPGを開発、発売していくことになる。
 そして、そうした中で、裏編が面白いと感じたものの一つが、この『エルミナージュOriginal ~闇の巫女と神々の指輪~』(以後エルミナージュ1)である。

~まずは……

 まずは、このゲームについて紹介していこう。このエルミナージュ1は、ウィザードリィ・エンパイアで有名な、STAR FISHの作品である。
 基本システムは、Wizardryと同じ。最大六人のパーティを組み、ダンジョンを攻略していくというものだ。
 同じといっても、Wizardryシリーズとは別物なので、呪文もWizardryシリーズとは変わっているし、召喚士(遭遇したモンスターと契約し、呼び出すことができる)や使用人(ポーションなどを消費して、パーティ全員を回復させることができる)、遊楽者(タロットでいろいろな効果を発動させることができる)といったWizardryにはなかったオリジナルの職業が追加されているところも、なかなか面白い。パーティ編成の幅が広がるであろう。
 また、本家Wizardryが一つのダンジョンを攻略していく(6以前)のに対し、エルミナージュ1では、複数のダンジョンを冒険し、キーアイテムを集めていくことになる。
 また、キーアイテムのあるダンジョンは一定ではなく、ニューゲーム時にランダムに決まるので、そのプレイによって違いが出てくるのが面白い。 またそのダンジョンも、色々と個性豊かになっているので、とても楽しめることだろう。

~こんな機能も

 他にも、エルミナージュ1には、色々な面白く、そして役に立つ機能が実装されている。
 たとえば、『スペルキャスティング』。ゲームに登場するすべての呪文を、自分の好みに変えることができる機能だ。たとえば、炎系の攻撃魔法の呪文を、『HALITO』や『ギラ』、『ファイア』などのように変えることができる。もちろん、自分のオリジナルの呪文に変えることだってできる。
 たとえば、『フェイスロード』。ゲームのキャラの顔グラフィックを、自分の望みのものにすることができる。
 自分で描いた絵を使うも、ネット上の素材をダウンロードして使うも、なんでもOKである。
 と、このように、面白い機能が付いているのも、特徴の一つだろう。

~ストーリーだって……

 ストーリーだって負けてはいない。誇り高き長女、いたずらっぽい次女、泣き虫我儘な三女から成る、悪側の三姉妹、個性豊かな街の人々などが、ストーリーに彩りを加えてくれる。だが、それでもストーリーに縛られることなく、自由に冒険を進めることができるのはさすがだ。
 また、世界の各地にはサブクエストも隠されており、それらを進めていくのもまた一興。ストーリー上でも色々と楽しめる、それがエルミナージュ1なのだ。
 また、ゲームの難易度も、難しくなく、また優しくもない、ちょうどいいバランスとなっているぞ。

~さて……

 さて、今回はエルミナージュ1を紹介したが、現在、このシリーズは3まで発売されているとのこと。いずれも、Wizardryシリーズ好きには満足できるであろうできだと思うので、ぜひプレイしてみてはどうだろうか?
 もちろん、Wizardryシリーズをプレイしたことのない人にもお勧めの一本だ。


※次の更新は、6月21日。新連載・『VB.NETでDirectXプログラミング』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 10:53| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

どっちのゲームSHOW!~ワルキューレの冒険vsドルアーガの塔

※本記事では、それぞれのゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

do-1805-00a.png

do-1805-00b.png

 どもども、ゲムぐち博と申しますー。いやはや、だいぶ前の話ですが、復活しましたねー。『どっちの料@ショー』。
 わたくし、ゲムぐちも好きな番組だったので、とても嬉しいです。
 そこで今回は、2つの似たジャンルのゲームを、『どっちの料@ショー』風に比較・紹介してみたいと思います。
 今回のお題は、アクションRPG対決! かたや、『ワルキューレの冒険』、かたや、『ドルアーガの塔』。
 「両方とも同じナムコ」とか、「ドルアーガの塔はアクションRPGとは違うんじゃないか」と思われるかもしれませんが、まぁ気にしない方向で。ではいってみましょう!

☆This is ワルキューレ(の冒険)☆
 さて、ワルキューレの冒険は、アクションRPGです。プレイヤーはワルキューレを操作し、敵を倒して経験値を稼ぎレベルを上げ、重要アイテムを見つけて、フィールドを駆けまわって目的の達成を目指すのです。

do-1805-01.png
▲ ワルキューレの冒険は、スタンダードなアクションRPGだ!

 そうそう、魔法も使うことができます。魔法には、攻撃の魔法や回復の魔法など、基本的な魔法が一通りそろっていますよ。

☆これがドルアーガの塔だ☆
 さて、ドルアーガの塔は、アクションRPGというよりも、アクションRPGっぽいアクションと言ったほうがいいかもしれません。

do-1805-04.png
▲ ドルアーガの塔は、アクションRPGっぽいアクションだ

 プレイヤーは、基本的に鍵をとって扉を開け、上の階へと進んでいき、最上階のボス打倒を目指します。
 では、どこがRPGっぽいかと言いますと、このゲームにもアイテムが存在し、そのアイテムを装備すると、攻撃力が上がったり生命力が上がったりなどと、キャラクターの能力が上昇するのです。(体力や攻撃力といった能力値は隠しパラメータ扱い)
 しかも、一部の装備は、取ることによってキャラクターの姿も変わるので、強くなるのが目に見えるのです。

☆今回の特選ポイント@ワルキューレの冒険☆
さて、ではまずはワルキューレの冒険のポイントについて説明していきましょう。

(実はキャラメイクがある)
 ゲームを開始すると、まずこのような画面が出ます

do-1805-02.png
▲ ごく単純な、星座と血液型、色の選択画面だが……。

 実は、ここで選んだ星座や血液型によって、主人公の能力値が変わるのです! つまり、このワルキューレの冒険には、隠しながらもキャラクターメイキングの要素があるのです!
 ドラクエ1も、名前によって能力値や成長パターンが変わりますが、ナムコも負けてはいないという感じです。
 そして次!

do-1805-03.png
▲ 夜になる!

 このように、ワルキューレの冒険では、歩き回って時間がたつと、夜になるのです!
 夜になると、通常より強い敵が出現するようになります。
 時間の要素を取り入れたドラクエ3が発売されたのは1988年ですから、それより2年も前にその要素を取り入れていたことになるわけです。すごい!
 また、町の人はおらず、またアイテムは目に見えない(ある魔法を覚えると、使うことで見えるようになるが)ので、手探りで見つけて行かなくてはなりませんでした。今となっては不親切にうつるかもしれませんが、逆にこれが手探りで探していく感じとなり、より達成感を強くしていた、というような気がします。

☆今月の特選ポイント@ドルアーガの塔☆
 さて、対するドルアーガの塔の特選ポイントですが、それはなんといってもアイテムでしょう。
 このゲームでは、あることをすると(グリーンスライムをある数倒したり、ある地点を通過したりなど)、宝箱が出現し、それをとることでアイテムをゲットできるのですが……

do-1805-05.png
▲ あることをすると宝箱出現!

 この宝箱の出し方も、アイテムの効果とあわせてシークレットであり、やはりプレイヤーたちは手探りで進めて行っていました。それゆえに出すことができたときの達成感は強いものとなり、この難解さが、ゲーマーたちのハートに火をつけることになったのです。
 また、ドルアーガの塔は、アクション性も高い作品でした。魔法使い系の出す魔法は盾で防ぐことができるのですが、その魔法の飛んでくる方向にむかなければならず、さらに剣を抜いたときは、盾の向きも変わるので(例えば、正面(下)を向いてるときに剣を出すと、盾は右に向く)、それを考慮する必要があるのです。

☆楽しい応援団@ワルキューレの冒険☆
 さて、続いては、各ゲームの続編・リメイクなどを紹介していきましょう。
 まずはワルキューレの冒険から。
 リメイクとしては、ナムコアンソロジー2に収録されたアレンジ版があります。こちらは、後述する『ワルキューレの伝説』に似た、アクション性の強いものとなっております。

do-1805-06.jpg
▲ PSに生まれ変わったワルキューレの冒険

 そして続編は先ほど話したワルキューレの伝説があります。こちらは、ジャンプで足場から足場へ飛び移ったり、ショットで敵を攻撃したりと、RPGというよりはアクションに近くなっています

do-1805-07.jpg
▲ アクションゲームとなった続編・ワルキューレの伝説

☆楽しい応援団@ドルアーガの塔☆
 対するドルアーガの塔は、ワルキューレの冒険に比べて、多くのリメイク作、続編が出ています。
 まずはリメイク版。それはなんといっても、PCエンジン版があげられるでしょう。

do-1805-08.jpg
▲ リメイク作の代表・PCエンジン版

 能力の成長や装備の変更などのRPG要素を取り入れ、宝箱の出現条件を易しく変え、さらに塔の形状を円形に近い正方形にするなど、まさに原作者の遠藤氏をして、「自分の理想に一番近いドルアーガ」と言わしめた一品です。

 続編のほうも、さらにRPG色が強くなり、二人同時プレイが可能になった『イシターの復活』、さらにスーパーファミコンで発売されたアドベンチャーソフト『ブルークリスタルロッド』があります。

do-1805-09.jpg
▲ ブルークリスタルロッド

 また、続編というよりは前日談ですが、ドルアーガの塔では、囚われの身となっているヒロイン・カイを操作するジャンプ・アクション、『カイの冒険』というのもありました。
 こちらは、アクションゲームとしてはかなり練り込まれており、さらにミスしたとき、触れた敵はいなくなるといったユーザーフレンドリーなシステムもあって、とても面白いものになっていました。

do-1805-10.png
▲ 前日談・カイの冒険

☆あなたが好きなのは、どっち!?☆
 さて、ここまで『ワルキューレの冒険』と『ドルアーガの塔』の二本を『料理@ョー』よろしく比較説明してきましたが、どうでしたでしょうか?
 比較はしたけれど、どちらも面白いゲームなので、ぜひプレイしてみてほしいと思います。

 さて、このコーナーですが、好評であればまた第二弾をお送りしたいと思っております。
 そのときをお楽しみに!

※次の更新は、5月24日。『ラジオをモバイルに』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:20| Comment(0) | その他のゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする