2021年04月26日

レトロゲーレビュー:ファミリーベーシック【1984年・任天堂】

re2104-00.JPG
※ここに掲載された画像は、問題があれば削除いたします。

 今回は、今までのレトロゲー探訪記とは一線を画す記事になる。というのも、今回紹介するのは、レトロではあるがゲームではないからだ。
 今回紹介するのは、それまではゲーム機でしかなかったファミコンをパソコンにクラスチェンジする夢のソフト。そう、ファミリーベーシックである。

【 普通のBASICとは違うところ 】

 さて、このファミリーベーシックは、ファミコンで、BASICによるプログラミングができるようになるゲーム開発ソフトである。
 BASIC環境であるが、このファミリーベーシックには二つ、一般のBASICとは違うところがある。
 まず一つ、それは電卓や簡易ワープロ、占いなどの機能を標準装備していること(ただし、これらの機能はV3では削除された)。また、起動時の画面も、ファミコンとユーザーが対話を行うようなインターフェースになっている。これはおそらく、プログラミング初心者に対する敷居を下げる配慮ではないかと思われる。

re2104-01.JPGre2104-02.JPG
▲ BASIC以外にも標準装備されているツールたち

そしてもう一つは、背景作成用のモードを持つところだ。
ここでは、色々なパーツを組み合わせて、ゲームの背景を作ることができる。これも、ゲームを作りやすくする工夫であろう。
旧ベーマガでは、このモードで背景を作るゲームの場合、その背景の設計図が載せられていたものだ。

re2104-03.JPG
▲ 簡単にゲームの背景を作ることができるBG-GRAPHICモード

【 ファミリーベーシックの悲劇 】

 さて、先ほど、特徴は二つあると書いたが、弱点も二つあった。
 一つは、カートリッジの高さとそれによる悲劇である。
 Wikiによれば、ファミリーベーシックのカートリッジは、ふつうのゲームの倍ほどあり、しかも重心が上にあるため、接続部がずれてフリーズし、せっかくのプログラムなどのデータが消えることがよくあったそうだ。
 これははっきりいって恐怖であろう。定期的なセーブは忘れずに、の世界である。
 そしてもう一つは、メモリが少ないこと。V1.0(V2.1A)で約2KB、V3.0で4KB。今やGBが当たり前の昨今と比べると、隔世の感がある。だが、ファミリーベーシックに取り組んでいた先人たちは、この少ないメモリの中、いろいろと工夫して、色々なゲームを作ってきたのである。

re2104-04.JPG
▲ V2.1Aでは、約2KB(1982B)……

re2104-05.JPG
▲ V3.0でも約4KB(4086B)……

【 ファミリーベーシックの栄光 】

 さて、メモリも機能も、パソコンに比べると貧弱だったFAMILY BASIC。先人たちは、マシン語を使うなどの色々な工夫で、この問題をなんとかクリア、あるいは緩和し、色々なゲームを作ってきた。これは先ほど説明したとおりである。
 それらのゲームは、旧ベーマガに投稿されることもあり、中には、「これほんとにファミリーベーシック!?」と思わせるような傑作・名作もあったりした。
 ニコニコ動画には、そんな往年のファミリーベーシックで開発されたゲームの動画が投稿されているので、見てみるのもいいだろう。
 何しろ、旧ベーマガでのファミリーベーシックの投稿は、96年4月まで、約12年もあったというのだから、そのすごさがわかるというものだろう。

【 最後に 】

 ここまで、ファミリーベーシックについて紹介してきたが、どうだっただろうか?
 ファミコンをゲーム機からパソコンにクラスチェンジすることのできるファミリーベーシック……まさに夢のソフトである。
 メモリは少ないが、少ないなかにも無限の可能性を秘めている……。それがこのソフトだろう。
 ファミコンを持っているあなた。ぜひともこれを入手して、その無限の世界に飛び込んでみてはどうだろうか?
 もちろんB-Magaでは、ファミリーベーシックのゲームも募集しているぞ!

※ファミリーベーシックは、任天堂、シャープ、ハドソンの製品で、著作権はこれらの会社にあるものと思われます。ここで使われている画像の二次使用を禁じます。


※次の更新は特集の予定です。お楽しみに! また、次回はゴールデンウィークを挟むため、更新は5月10日ごろになります。ご了承ください


posted by 裏編 at 13:58| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

フリーゲームレビュー:回して反転させて!~iSwitch【μ 氏】

fr2103-0.JPG

 以前、画面を回転させる落ちモノゲームを紹介したこともありましたが、今月紹介するiSwitch!も、それと同じく、画面を回転させたりするアクション・パズルです。しかも今回はそれだけではなく、壁と空間を反転させたり、ばねなどの仕掛けもある、盛りだくさんなゲームなのです。

~基本ルール

 ゲームのルールは至って簡単。鍵を全てとり、出現するゴールに入るだけです。
 ですが、そこはイカのなんとか。下の写真を見てください。

fr2103-1.JPG

 上に飛び上がりたいのですが、高すぎて無理ですよね。そんなときこそスイッチの出番です。
 右の矢印はもっとも基本的な画面を回転させるスイッチです。これに重なってボタンを押すと……

fr2103-2.JPG

fr2103-3.JPG


 この通り! 画面が90度回転しちゃいます! これでジャンプで飛び移ることができますね。
 なお、このゲームでは、常に画面下に重力が働いているので、自分も下のほうに落ちていきます。そしてそれだけではなく、アイテムや障害物も下に向かって落ちていきます。これを使う面もあるので覚えておくといいですよー。
 
 さて、もう一つのスイッチ、それはなんと、壁と空間を逆転させるスイッチです!

fr2103-4.JPG

 鍵が壁に埋まってます。こんなときはどうするかというと……。右の四角いボタンに注目。これが、空間と壁を逆転させるスイッチです。 さっきと同じようにこのボタンを押すと……。

fr2103-5.JPG

 なんとこのように! 黒い部分に入ることができるようになるのです。つまり、今まで白いところが空間、黒いところが壁になっていたのが、逆に、白いところが壁、黒いところが空間になったのです。

~仕掛けは他にもあるよ!

 さて、このゲームに配置されている仕掛けは、今説明したスイッチや、箱だけではありません。

・バネ
……いかにもという形をしています。
これの上にのると、びょーんっと通常よりも高くジャンプすることができます。

・トゲ
……これまた、いかにもトゲという形をしているのでわかりやすいでしょう。
これの上にのってしまうとミスです。

・点線ブロック
……一定時間ごとに、白と黒が入れ替わります。

・可動ブロック
……ひもの先に、四角いブロックがくっついたような形をしています。下のほうに回転します。

・可動鍵
……ひもの先に、鍵がついたものです。これまた可動ブロックと同じように、下のほうに回転していきます。

これらの仕掛けがゲームを面白くしてくれますよ!

~プレイしてみて

 やってみて、なかなかやりごたえのあるゲームでした。ルールは、スイッチのことだけちょっと覚えれば、あとは直感でするするとプレイしていけます。まさに、習うより慣れろ。
 そのほかにも、目標時間までにクリアするという楽しみもあったり、隠し要素もあったりと、とてもやりこめるものになっています。
 それになんといっても、スイッチで壁と空間を入れ替えるというアイデアは、まさに目からうろこでした。
 このゲーム、とても面白くておすすめですよ。
 なお、このゲームはμ氏の作品で、こちらからダウンロードすることができます。




※次の更新は、特集の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:25| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

レトロゲーレビュー:ダービースタリオン【1991年・アスキー】

enta2102-00.JPG
※ここで掲載している画像は、問題があれば削除いたします

実は……


 実は、競馬ゲームというのは、パソコンゲームの中では、歴史があるもののようで、旧機種のころからありました。とはいっても、馬が自動的に走って、その順位を当てるものが多数だったような気がします。
 裏編が持っていたP6のプログラムの本にも、そんなものが載っていましたし。
 ですが、そんな中にあらわれた、このダービースタリオン(以下ダビスタ)は、それらとは一線を画すものでした。それは何かというと、ダビスタは、競馬に賭ける人の立場だけでなく、馬の生産者、そして調教者の気分も楽しめる、よくばりなゲームだったことです!

全ては競走馬の生産からはじまる


 では、このよくばりさを一つずつ見ていくとしましょう。まずゲームをスタートさせると、プレイヤーには、いくらかの資金と、繁殖用の牝馬一頭が用意されます。
 そして、まずはこの牝馬と、牡馬とを交配させて、仔馬を作ることになります。

enta2102-01.JPG
▲ ゲーム開始時に用意される一頭の牝馬。まずは、仔馬の生産からすべてははじまるぞ

 画像の通り、全ての牝馬には血統が設定されており、さらに相手となる牡馬にも血統が設定されています。
 さらに、この血統は伊達ではなく、インブリード(祖先が同じ馬同士を交配させること。強い馬が生まれることがある。逆に、問題がある馬が生まれることもある)の要素が入っているのです。さらにシリーズが進むと、ラインブリード(同じ系統の馬同士をかけあわせること)、ニックス(相性がいい系統の馬同士を交配させること)の要素も加わり、交配がより奥深くなっていきます。
 このように、馬の生産の要素が奥深いのが、このダビスタの魅力の一つ目です。

調教


 さて、三歳になった馬は、厩舎に入れて、競走に向けて調教することになります。
 調教では、プレイヤーが実際にメニューを決めることになります。そして決めると、実際に馬がその通りに走って、そして能力が上がったり、調子が変わっていくのです。
 調教によって能力などが変化していきますが、あまり調教しすぎると、疲労がたまったり、怪我する確率が高くなるので、調教のメニューを考える必要があります。
 この調教も、シリーズが進むにつれ、プールやチップなど、色々な調教が増えていきます。

enta2102-02.JPG
▲ この調教で、レースの結果が変わるぞ! 実際に馬が、そのときの調子にあわせて走っていくのだ!

そしてレース


 そして、いよいよレースに出場となりますが、ここもまた本格的。
 まずは、出馬表が出ますが、ここには、予想者の予想印が表示されます。自分の馬がいい予想をされると、とても嬉しいですよね。
 馬券も買うことができます。なんと、初期作から、単勝、複勝、連勝から選んで買うことができます。シリーズが進むと、馬番、枠番の要素も加わりますよ。
 さらには、騎手への指示も設定することができます。さすがに、逃げとか差しとかの単語は、競馬について知らない人には難しいのか、初期の作品では、「とにかく逃げろ」とか、「抑えて後ろから」とか、わかりやすい表現になっているところが、親切設計です。
 そして、いよいよレース。ここでは、もちろん馬たちが走っていくのですが、その馬の現在の能力や調子、そして逃げや差しなどの走り方に合わせて走るのです。

enta2102-03.JPG
▲ さぁ、レースだ! それ、差せ、差せ!

 さらに、この画像のように、実況も入っているのが、芸が細かくて面白いところです。
 そうそう。さっきの要素のほかにも、ダートが得意かどうか、得意距離かどうかでも、走り方は変わってきますよ。
 このように、生産の結果や調教の仕方が、レースの結果に影響するのも、ダビスタの魅力の一つと思われます。

ファミコン後のダビスタ


 さて、ダビスタは、初代のあとの完全版を経て、スーパーファミコンにステージをうつして、Ⅱ、Ⅲ、96,、98とシリーズを重ねていくことになります。
 スーパーファミコンになってからは、先ほど話した通り、交配の要素が増えたり、調教の要素がふえたり、さらにはレースも当時のものに近づいたり、ファンファーレも実際のものを使ったり(聞いたときには、とても感動しました。あ、裏編は競馬をしたことはありませんよ。ラジオで中継を流し聞きしただけです。念のため)と、プラットフォームにあわせて強化されました。そうそう、グラフィックも当然、強化されていますよ。
 
enta2102-04.JPG

enta2102-05.JPG

enta2102-06.JPG

enta2102-07.JPG

enta2102-08.JPG
▲ スーパーファミコン版になって、パワーアップしたダビスタ

 しかし、まだまだダビスタの進撃はとまらず、プレステ1、セガサターン、GBA、ニンテンドーDS、そしてプレステ2と、新しいハードにどんどん移植され、パワーアップし続けています。
 今でも、手塩にかけた愛馬を持ち寄って、レースをしている人たちもいるそうです。
 このように、最初の作品から、生産者の楽しみ、調教者の楽しみ、そして賭ける人の楽しみをミックスし、なおかつその面白さのまま、多種多様なハードに進出してきたダビスタ。
 ダビスタこそ、競馬ファンの競馬ファンのためのゲームといっても、過言ではないでしょう。
 競馬ファンの方、ぜひプレイしてみては?



※次の更新は、特集の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:47| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

Plicyでフリーゲームを楽しもう!

自粛、自粛、自粛の昨今。そんな時はゲームで時間潰ししたいものですよね。
ですがゲームを買うのは高いし……と思ってる方々もいるのでは?

でも大丈夫!

世の中には、PCや、PCがなくてもスマホがあれば、簡単にフリー(無料)ゲームを遊べるサイトがあるのです!
それが今回紹介するPlicy(プリシー)です。

【 Plicyで遊んでみよう! 】

 Plicyでゲームを遊ぶ方法はとても簡単! トップページからジャンルを選び、リストの中から遊びたいゲームを選ぶだけです!

enta2011-01.JPG
↑色々なジャンルがあるぞ!

 ゲームのジャンルには、シューティングやRPGのような定番ものから、果てはKSG(クソゲー)なんてのもあって、バリエーションは多彩です。
 操作は、PCならキーボードでプレイできるほか、スマホでも、タップで遊べると、とても遊びやすくなっています。

 しかも、それだけではありません! ゲームのプレイ中に、ニコニコ動画のように、コメントを投稿することもできたりするのです!

enta2011-02.JPG
↑プレイ中にコメントもできるぞ!

 さらにさらに! 色々なゲームに関する出来事がトップページにティッカー形式で表示されるなど、ゲームの情報のお知らせについても凝らされているのも面白いところ。

 しかも! Plicyの面白さはこれだけではありません!

【 ゲームの投稿もできるぞ! 】

 Plicyの面白さはこれだけではありません。自分でゲームを作って投稿することもできるのです! この投稿方法には、他のツールで作ったゲームを投稿する方法と、Plicy内のエディタを使って作る方法の二つがあります。

 他のツールで作ったものを投稿する場合、使えるツールは決められていますが、Unity、RPGツクール2000/VX Ace/MV、ウディタ(WOLF RPGエディタ)と、有名どころのツールは使うことができます。そして送る時には、作ったゲームのファイルを圧縮して、登録用ページからアップロードするだけでOK!
enta2011-03.JPG
↑ここからアップロードするのだ!

 エディタを使う場合も、作り方は簡単。アクションゲームの場合ですが、自機やステージの設定をしたら、後は敵キャラや地形を配置するだけと、ツクールを使っているような感覚でゲームを作ることができるのです。(ただ、アクションの場合ですが、オリジナルの自機や敵キャラを登場させられないのが難点です)

enta2011-04.JPG
↑ツールを持っていなくても大丈夫!

 さらに、Plicyでは面白いゲームを、Switchのインディーズソフトとして公開することもしているそうです。もしかしたら、あなたの作った名作ゲームがSwitchに移植されることもあるかも?

【 最後に 】

 ここまでPlicyについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 自粛が叫ばれているこのご時世。Plicyのフリーゲームを楽しんで過ごすのはいかがでしょうか?
 そして、フリーゲームを作るのは好きな方、ぜひPlicyに投稿してみてはいかがでしょうか? もしかしたらあなたのゲームがSwitchに発売されるかもしれませんよ!



※次の更新は、特集『見逃してませんか? PCの危険な兆候』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 15:08| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

スマホでナンプレ!2020

さて、B-Magaを始めたばかりのころ、スマホのナンプレアプリについて紹介しました。

ですが、あれから3年。さらに便利で面白いナンプレアプリがいくつか、登場しています。

今回は『スマホでナンプレ!2020』と題して、2020年の、面白いナンプレアプリについて紹介しようと思います。

【ナンプレLv999】

前回紹介した、『ナンプレ無限』を開発したSeventh Rankさんによって作られたナンプレアプリです。

ナンプレの自動作成機能こそありませんが、999問の問題を備え、さらには有料ですが、熟練者用の問題パックもあるなど、かなりのボリュームを誇ります。
機能のほうも、盤上の数字にまとめて色をつけたり、数字を置いた時に、仮置きの数字のほうも、それにあわせて消えるなど、ユーザーフレンドリーな機能を備えています。

enta2010-01.png

【ナンプレ次の一手】

今回のおすすめがこのアプリです。
このアプリの特徴は大きく二つあります。
まず一つは、スマホのカメラで撮影した、雑誌や新聞などの問題を取り込み、解くことができること。ナンプレ雑誌の問題を解くことが多い人には嬉しい機能です。筆者も、よくその方法で使っています。
そしてもう一つは、下のスクリーンショットのように、解き方のヒントを出してくれること! 置き方のヒントだけではなく、重複している数字も、赤く塗って警告してくれます。
自動で仮置きの数字を消してくれる機能こそありませんが、一方で仮置きの数字を一気に消してくれる機能もあり、先述のナンプレLv999に負けないほどのユーザーフレンドリーさを持っています。

enta2010-02.png

【最後に】

今回も、二つのナンプレアプリを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
この二つは、いずれも面白く使いやすいアプリなので、どれを使っても後悔はしないと思います。特に、ナンプレ雑誌を多く遊ぶ人には、『ナンプレ次の一手』がおすすめ。

自分にぴったりなナンプレアプリを選び、楽しいナンプレライフを過ごしましょう!


※次の更新は、特集『Twitterに代わる(かもしれない)新(?)SNS! Mastodonを使ってみよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:55| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする