2020年11月23日

Plicyでフリーゲームを楽しもう!

自粛、自粛、自粛の昨今。そんな時はゲームで時間潰ししたいものですよね。
ですがゲームを買うのは高いし……と思ってる方々もいるのでは?

でも大丈夫!

世の中には、PCや、PCがなくてもスマホがあれば、簡単にフリー(無料)ゲームを遊べるサイトがあるのです!
それが今回紹介するPlicy(プリシー)です。

【 Plicyで遊んでみよう! 】

 Plicyでゲームを遊ぶ方法はとても簡単! トップページからジャンルを選び、リストの中から遊びたいゲームを選ぶだけです!

enta2011-01.JPG
↑色々なジャンルがあるぞ!

 ゲームのジャンルには、シューティングやRPGのような定番ものから、果てはKSG(クソゲー)なんてのもあって、バリエーションは多彩です。
 操作は、PCならキーボードでプレイできるほか、スマホでも、タップで遊べると、とても遊びやすくなっています。

 しかも、それだけではありません! ゲームのプレイ中に、ニコニコ動画のように、コメントを投稿することもできたりするのです!

enta2011-02.JPG
↑プレイ中にコメントもできるぞ!

 さらにさらに! 色々なゲームに関する出来事がトップページにティッカー形式で表示されるなど、ゲームの情報のお知らせについても凝らされているのも面白いところ。

 しかも! Plicyの面白さはこれだけではありません!

【 ゲームの投稿もできるぞ! 】

 Plicyの面白さはこれだけではありません。自分でゲームを作って投稿することもできるのです! この投稿方法には、他のツールで作ったゲームを投稿する方法と、Plicy内のエディタを使って作る方法の二つがあります。

 他のツールで作ったものを投稿する場合、使えるツールは決められていますが、Unity、RPGツクール2000/VX Ace/MV、ウディタ(WOLF RPGエディタ)と、有名どころのツールは使うことができます。そして送る時には、作ったゲームのファイルを圧縮して、登録用ページからアップロードするだけでOK!
enta2011-03.JPG
↑ここからアップロードするのだ!

 エディタを使う場合も、作り方は簡単。アクションゲームの場合ですが、自機やステージの設定をしたら、後は敵キャラや地形を配置するだけと、ツクールを使っているような感覚でゲームを作ることができるのです。(ただ、アクションの場合ですが、オリジナルの自機や敵キャラを登場させられないのが難点です)

enta2011-04.JPG
↑ツールを持っていなくても大丈夫!

 さらに、Plicyでは面白いゲームを、Switchのインディーズソフトとして公開することもしているそうです。もしかしたら、あなたの作った名作ゲームがSwitchに移植されることもあるかも?

【 最後に 】

 ここまでPlicyについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 自粛が叫ばれているこのご時世。Plicyのフリーゲームを楽しんで過ごすのはいかがでしょうか?
 そして、フリーゲームを作るのは好きな方、ぜひPlicyに投稿してみてはいかがでしょうか? もしかしたらあなたのゲームがSwitchに発売されるかもしれませんよ!



※次の更新は、特集『見逃してませんか? PCの危険な兆候』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 15:08| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

スマホでナンプレ!2020

さて、B-Magaを始めたばかりのころ、スマホのナンプレアプリについて紹介しました。

ですが、あれから3年。さらに便利で面白いナンプレアプリがいくつか、登場しています。

今回は『スマホでナンプレ!2020』と題して、2020年の、面白いナンプレアプリについて紹介しようと思います。

【ナンプレLv999】

前回紹介した、『ナンプレ無限』を開発したSeventh Rankさんによって作られたナンプレアプリです。

ナンプレの自動作成機能こそありませんが、999問の問題を備え、さらには有料ですが、熟練者用の問題パックもあるなど、かなりのボリュームを誇ります。
機能のほうも、盤上の数字にまとめて色をつけたり、数字を置いた時に、仮置きの数字のほうも、それにあわせて消えるなど、ユーザーフレンドリーな機能を備えています。

enta2010-01.png

【ナンプレ次の一手】

今回のおすすめがこのアプリです。
このアプリの特徴は大きく二つあります。
まず一つは、スマホのカメラで撮影した、雑誌や新聞などの問題を取り込み、解くことができること。ナンプレ雑誌の問題を解くことが多い人には嬉しい機能です。筆者も、よくその方法で使っています。
そしてもう一つは、下のスクリーンショットのように、解き方のヒントを出してくれること! 置き方のヒントだけではなく、重複している数字も、赤く塗って警告してくれます。
自動で仮置きの数字を消してくれる機能こそありませんが、一方で仮置きの数字を一気に消してくれる機能もあり、先述のナンプレLv999に負けないほどのユーザーフレンドリーさを持っています。

enta2010-02.png

【最後に】

今回も、二つのナンプレアプリを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
この二つは、いずれも面白く使いやすいアプリなので、どれを使っても後悔はしないと思います。特に、ナンプレ雑誌を多く遊ぶ人には、『ナンプレ次の一手』がおすすめ。

自分にぴったりなナンプレアプリを選び、楽しいナンプレライフを過ごしましょう!


※次の更新は、特集『Twitterに代わる(かもしれない)新(?)SNS! Mastodonを使ってみよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:55| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

反射させて、先へ進め! 『RayTrace2』

free2009-00.JPG
※ここに掲載されているスクリーンショットの二次使用を禁じます

 いきなり言おう。 今回紹介するRAYTRACE2は、シンプルながらも、難しく奥が深いパズルゲームなのだっ!

What is this Game?

 さて、これが、RAYTRACE2のゲーム画面である。

free2009-01.JPG

 ゲームの説明は、画面の下に書いてあるのが親切なところだ。
 さて、左のクリスタルのようなものから出ているのはレーザー光線。これで、画面の各所にある爆弾を破壊するのだが、どうするかというと、ミラーを設置して、レーザーを反射し、爆弾に当てて破壊していくのだ。

free2009-02.JPG
▲ ミラーでレーザーを反射し、爆弾を破壊せよ!

 ミラーはいつでも何回でも回転させることができ、それによって光の反射する角度も変えることができる。
 それで、爆弾を破壊していき、最後に光線をゴールに当てれば、一面クリアである。
 ルールはこれだけとシンプルなのだが、決して簡単というわけでもない。それはこれから説明していく。

Caution!

 それは、障害物である。レーザーはミラーで反射させることができるが、さすがに障害物を貫通することはできない。レーザーは決して万能ではないのだ。ゆえに、障害物の陰になるボムには当てることはできない。

free2009-03.JPG
▲ この場合、ステージ真ん中の壁にさえぎられるため、その上の爆弾(赤丸をつけたもの)に当てることができない!

 なので、うまくミラーの設置位置や角度を考えてミラーを設置する必要があるのだ。
 また、うまく配置しないとハマル面もあるので注意だ! ましてや、時間制限や配置できるミラーの数にも制限もあるとなれば、パズル性は抜群である

Big Volume!

 また、このRAYTRACEは、4つのステージセットがあり、一杯楽しめる。
 さらに、自分でステージを作ることも可能なので、楽しみ方は一杯広がるというものだ。

free2009-04.JPG
▲ 4つのステージセットがあって、一杯楽しめる!

 このように、シンプルさ、パズル性、ボリューム、三拍子そろったRayTrace2、いかがだろうか?
 パズル好きにぜひお勧めしたい一本だ。

 また、このRayTrace2は波多野電気 氏の手によるもので、こちらからダウンロードすることができる。



※次の更新は、特集『真・移植テクニックマスター大作戦「色々な言語でHello World!」』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 13:15| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

レトロゲーレビュー:マリオブラザーズ【1983年/任天堂/FC】

ret2008-00.JPG
※ここで使われている画像は、問題があれば削除いたします。

今や、ニンテンドーの顔役となっているマリオとルイージ。
その二人のデビュー作が、このマリオブラザーズです。
今月のレトロゲー探訪記は、そのマリオブラザーズについて紹介していこうと思います。

ゲームの説明

このマリオブラザーズのルールはとてもシンプル。敵にやられないように倒していく。これだけです。
その敵のやっつけ方ですが、まずは、敵が乗っている床を上から突き上げて、敵をひっくり返します。

ret2008-01.JPG
▲ 下から床を突き上げると、敵はこのようにひっくり返る。

あとはその敵に体当たりすると、蹴っ飛ばしてやっつけることができます。
言葉でいうと簡単そうに見えますが、そうはいかのなんとか。移動してると慣性がついて、なかなか止まりにくくなりますし、敵のそのままにしておくと……

ret2008-02.JPG
▲ パワーアップしたああああ

このように起き上がってパワーアップしてしまったり、途中で倒すことのできない火の玉が出てきて邪魔してくるなど、なかなか気を抜けないようになっているのです。
さらに面が進むと、敵も変わってくるなど、なかなか飽きさせません。(もちろん、耐久力がつき、一回突き上げただけではひっくり返らなくなってくる)

ret2008-03.JPG
▲ 4面目からはカニが出てくるゾ!

初期の任天堂のゲームは……

以前にも書きましたが、その初期のころの任天堂のゲームには、対戦の要素というものがありました。
といっても、直接攻撃しあったりしてダメージを与えていくのではなく、相手の行動を邪魔して足をひっぱり、ミスさせるというものです。
もちろん、それはこのマリオブラザーズでも健在です。というより、後に発売された、アイスクライマーやデビルワールドなど、任天堂から発売されたゲームの中に組み込まれた対戦要素の原点は、このマリオブラザーズにある、といってもいいかもしれません。

亜流もあるぞ

さて、マリオブラザーズはファミコンだけでなく、パソコンにもありました。とはいえ、そのまま移植ではなく、いろいろとアレンジされて、面白くなっての発売でした。
まず、「パンチボールマリオブラザーズ」。これは、床を突き上げて転ばせるのではなく、ボールを敵に当ててひっくり返すというものです。

▲ ニコニコにあった、パンチボールマリオのプレイ動画

そして今一つの、「マリオブラザーズスペシャル」。こちらは、ベルトコンベアやトランポリンなど、色々なギミックのしかけられた面をクリアしていくというものです。

▲ 同じくニコニコの、マリオブラザーズスペシャルのプレイ動画

いずれも、敵を倒したりクリアする方法に違いはありますが、基本骨格は同じといってもいいでしょう。
いかにマリオがシンプルかつ面白いゲームかというのがわかりますね。
みなさんも、ぜひ一度、このマリオをプレイしてみてはどうでしょうか。
あのスーパーマリオの原点(?) きっと、とても楽しんでいただけると思いますよ。
あ、そうそう。もう一言。
対戦プレイで、けんかしたり、友情に亀裂が入ったりしないようご注意を。



※次回更新は、『特集・クール&面白ランチャー大集合』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 13:25| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

T.Matsushima氏再び! P6風味の本格STG・特攻空母ベルーガ

enta2007-00.JPG

 

キミはT.Matsushimaを覚えているかっ?

 さて、読者のみなさんは、T.Matsushima氏という方をご存じだろうか? 旧ベーマガ読者、あるいは1984年代からゲームをしていた方にはなじみのあるこの名前。
 T.Matsushima、松島徹(徹はとおるではなくてつと読む)氏は、1984年、かのゼビウスを、大幅にグレードダウンしてしまいながらも、『タイニーゼビウス』として、P6に移植したすごいプログラマーである。しかもこのとき、まだ中学生。

 ちなみにこれが、そのタイニーゼビウスの画面である。

enta2007-01.JPG

enta2007-02.JPG

▲ T.Matsushima氏がP6への移植という偉業を成し遂げたタイニーゼビウス

 いかがだろうか? グラフィックこそレベルダウンしているが、いかにもゼビウスな感じがするのがおわかりいただけるだろうか?
 ちなみに裏編は当時プレイしていた当時、ゾシーがとても手ごわかったのを覚えている。

 その後、T.Matsushima氏は、ナムコのグロブダーやセガのスペースハリアーのP6への移植、さらにはスペースハリアーのX68000への移植や、ナムコのボスコニアンのX68000への移植、セガのアフターバーナーのメガドライブへの移植と、アーケードゲームの移植において、その辣腕を振るってこられた。

 そして2008年! ついに、T.Matsushimaは復活した! なんと、オリジナルゲームを我々の前に登場させたのだ。それがこの『特攻空母ベルーガmk2(以下ベルーガ)』である。

What's ベルーガ?

 さて、この『ベルーガ』は、P6風味の横スクロールシューティングである。 プレイヤーは自機であるロボットを動かして、敵を倒しつつ進み、ステージの奥に待ち受けるボスを倒していくのだ。
 自機はカーソルキーやゲームパッドの十字キーで移動させることができる他、反対側を振り向いて攻撃することもできる。
 さらに、なんとショットボタンは、移動キーとの組み合わせなどにより、色々なショットを撃つことができるのだ。
 ここがなんとも本格的である。
 難易度も、イマドキのシューティングのようで、とってもやりがいがあるぞ。

ここがP6風味だベルーガ!

 さて、まずはこの画面を見ていただきたいっ。

enta2007-03.JPG
▲ これぞP6風グラフィック?

 この緑と黄色を基調としたグラフィック。これこそ、P6風味と言っても過言ではあるまい。
 また、P6風味なのはこれだけではない。よく見ると、色がにじんで見えないだろうか? 実はこれ、バグではないし手抜きではない。P6、PC-6001はテレビにつなげて画面をうつすことができたのだが、そのP6では、このように画面の色がにじむようになっていたのだ。それを再現するというT.Matsushima氏のこだわりには脱帽である。
 だが、驚くのはこれだけではない。なんとこのゲーム! P6の実機で動くバージョンもあるのだ!
 ということはこのゲーム、P6のスペックで動くように作られているということだ。さすが、P6への移植で名をはせたT.Matsushima氏。ここまでP6のスペックを知り尽くしたゲーム開発には、もう降参するしかない。
 また、音楽もどことなくP6ライクである。ぜひ聞いていただきたい。

それでは

 それでは、スクリーンショットを交えながら、ゲームの流れを追ってみることにしよう。

enta2007-04.JPG
 まずは、タイトル画面の前のクレジット(?)画面。FOUR COLORS(四色) SYSTEMというのが、P6レトロ感を感じさせる。(P6のグラフィックは4色であった)

enta2007-05.JPG
 さぁ、ゲームスタート!

enta2007-06.JPG
 さっそく敵が出現! あたり判定は弾にのみあるので、弾をよく見てかわしていけば楽勝だ!

enta2007-07.JPG
 後ろから敵が! 振り向いて迎え撃て!

enta2007-08.JPG
 敵中枢前のバリアーが接近! 発生装置を破壊してバリアーを消し、その間に突入せよ!

enta2007-09.JPG
 バリアー突破成功!

enta2007-10.JPG
 いよいよ敵中枢との戦い! 溜め撃ちで発射できるアームを、敵のコアに直撃させよ!
 すると……

enta2007-11.JPG
 消滅爆弾を積んだ輸送機ミサイルが突撃して、ステージクリア!

 なおこのゲームは、こちらからダウンロードすることができる。興味があれば、ぜひプレイしていただきたいっ。



※次の更新は、『スマホのデータを気楽にやりとりしよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 14:41| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする