2019年06月20日

レトロゲーレビュー:バンゲリング・ベイ【1984年・ブローダーバンド・FC、コモドール64、MSX他】

retro1906-00.JPG

※ここに使われている画像は、問題があれば削除いたします。

特異なクソゲー?

さて、次に紹介するのは、この『バンゲリング・ベイ』である。
この『バンゲリング・ベイ』も、一部からクソゲーとの評価を受けているゲームではあるが、ただそれだけではない特異性を持つゲームであった。
その特異性のひとつは、元はコモドール64用に作られたものが、ファミコンに移植されたものである、ということであり、いまひとつはクソゲーとは思えぬゲーム性である。
まずは、そのゲーム性に説明していくとしよう。

クソゲー? いや斬新です

まず、ゲーム性のポイントのひとつは、その操作方法である。
たいていのゲームでは、マイキャラは十字キーやジョイスティックで入力した方向で動くが、この『バンゲリング・ベイ』では、左右で旋回、上下で加速・減速という操作システムになっていた。
これは、最初は使いにくいかもしれないが、慣れてくると、通常の操作方法以上に、自機を自分の手足のように使いこなせるようになり、あたかも本物のヘリを操縦しているような気分になれるのだ。

そうそう。二つ目のポイントに触れるついでに、このゲームの内容についても説明していこう。
といっても至極簡単。ヘリを操作して、敵の攻撃をかいくぐり、敵の工場を破壊していく、これだけである。
とはいえ、そう簡単に目的を達成できるわけではない。色々な妨害が立ちはだかってくるのだ。
まずは、敵砲台や戦車、戦闘機が襲来してくる。戦車はともかく、敵砲台の攻撃や戦闘機は強烈だ。それを防ぐには、敵砲台をやられる前に破壊したり、レーダーを破壊したりして、敵の出撃を遅らせなければならない。

retro1906-01.JPG
▲ 敵戦闘機や砲台の攻撃を切り抜けつつ、敵工場を破壊せよ!

もちろん、これだけではない。時間が進むと、敵はこちらの拠点である空母に、攻撃機隊を派遣してくる。
空母が撃沈されると、修理や補給ができなくなるので、本来の任務である工場爆破のほかに、空母も守らなければならない。

retro1906-02.JPG
▲ 空母が襲われている! ただちに敵攻撃機を撃破せよ!

さらにさらにまだある。ゲームがさらに進むと、敵は戦艦を建造し始める。この戦艦は、ゲームシステム上での最終兵器というもので、完成して出航してしまうと、耐久力、攻撃力ともにとても高いうえ、この戦艦が空母の近くまで行くと、空母は沈没してしまう。なので、建造開始の報告が入ったら、ただちに向かって撃破し、完成を阻止しなければならない。

このような戦略性が、このゲームの二つ目のポイントである。

まだまだこれだけではないっ

さらに、このゲームは、対戦プレイが可能である。この対戦が、また一味違う。このゲームでは、1Pがヘリ側、2Pが工場側となって、1Pは、敵工場の全破壊を、2Pは、それを阻止しつつ敵ヘリの撃破を狙うわけだ。
さらにこの対戦プレイ、面白い仕掛けがしてあり、2P側のマイクに音を入力することにより、戦闘機をスクランブルさせたり、攻撃機を出撃させたりといった緊急増援をおこなうことができる、という裏技があるのだ。
と、このようにこのゲームの対戦プレイは面白い趣向がしてあり、裏編も子供のころは、よく対戦プレイをしていたものだ。いや懐かしい。

ではなぜ?

ではなぜ、こんな面白いゲームが、一部からクソゲーと評価されていたのか?
Wikiによれば、その原因は、このゲームが高い戦略性を必要とするものだったことであると説明されている。
なるほど。確かに、このゲームの戦略性は、当時のユーザーの大半を占めていた小学生には難しかったかもしれない。あと、これが原因とはかかれていなかったが、操作の難しさも一因だったかもしれない。

つまり、今にして思えば、すべてが早すぎたゲームだったのではなかろうかと思う。

最後に

と、ここまで説明してきたが、このバンゲリング・ベイは今にこそぴったりくるゲームではないだろうかと思う。
リメイクしたら、とても人気が出そうに思えるのは、裏編だけではないはずだ。

早すぎた悲運の(?)ゲーム、バンゲリング・ベイ。
持っている人は、ぜひともプレイしてはどうだろうか? 今の時代だからこそ、面白さを感じられると思う。

※バンゲリング・ベイの著作権は、ブローダーバンド・ソフト、ハドソン(現セガハドソン)、任天堂様にあります。(追記:現在の著作権はコナミ様にあるそうです)
 この記事に使われている画像の二次使用を禁じます。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
※次の更新は、『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:17| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

PCでスマホゲーが!

スマホのゲームはとても面白いものです。
一度はまれば、時間を忘れてやってしまいますよね。
そんなスマホのゲームですが、PCでもできればもっといいと思いませんか?
スマホがない人でも遊べるほかに、スマホの充電がなくて使えないときにPCで遊ぶとか、昼は画面が大きいPCで遊び、夜はPCを消してスマホで遊んだりなど、遊び方に色々幅が出てくると思います。
そして今! PCでスマホのゲームが遊べるツール&サービスが出てきているのです!
今回はその中から、DMMのものと、DeNAのものについて紹介していこうと思います。

~DMM

まずは、艦これで有名な、DMMのものです。
こちらで遊べるのは、くの一バトルもの『閃乱カグラ』シリーズの一つ、『シノビマスター~閃乱カグラNEW LINK~』や、女の子一杯のスマホRPG・『プリンセスコネクトRe:DIVE』そして、あの格闘ゲームを基にした『DEAD OR ALIVE Extreme Venus』などです。そうそう、CMで有名な、『グランブルー・ファンタジー』もこちらで遊ぶことができます。
さて、これらのゲームは、DMM GAME PLAYERを使って遊ぶことができます。

enta1905-01.JPG

遊ぶためには、DMMに会員登録することが必要になります。DMMというと18才未満でないとダメかなと思われるかもしれませんが、18才未満でも登録してプレイすることができます。ただし、さすがに18禁なゲームもあり、そちらを遊ぶには18才以上でなければなりませんが(笑
プレイしての感覚ですが、全般的にいい感じです。ただ、やはりゲームによる(スペックによるものかもしれませんが、起動時にエラーが出たりするものもありました)のと、フリック動作がサポートされていないのが気になりました。(やり方がおかしいのかもしれませんが……もしフリックができたらごめんなさい汗)
あと、最近の注目点として、あの『魔法少女まどか☆マギカ』のスマホゲー、『マギアレコード』がプレイできる、というのがあります! もしかしたら、かの『Fate/Grand Order』もPCでできる日も近いのかも……?(開発が同じですし

~DeNA

DeNAでは、かのFinal Fantasyのスマホゲー『Final Fantasy Record Keeper』や、有名な『アイドルマスター・シンデレラガールズ』、そしてあの女の子と戦車の『ガールズ&パンツァー』のゲームなどを遊ぶことができます。
そうそう、『グランブルー・ファンタジー』は、こちらでも遊ぶことができますよ。
さて、DeNAで遊ぶには、AndAppというツールをインストールする必要があります。そして、モバゲーに登録する必要があります。

enta1905-02.JPG

プレイしての感想ですが、これまたDMMのものと同じく、感じは良好です。また起動とログインに関しては、こちらのほうが軽かった……ような気が?
あと、ラインナップについては、FFのゲームが若干多い、というような気がしました。

~あとがき

ここまで紹介してきましたが、どうでしたでしょうか?
どちらを遊ぶかですが、凝ったゲームが遊びたいならDMM、FFシリーズやFFのようなゲームが遊びたかったり、アイマスが遊びたければ、DeNA……ってところでしょうか。
また、18禁のゲームが遊びたいなら、DMM一択……ゲフンゲフン。
何はともあれ、スマホゲーをスマホだけで遊ぶなんてもったいない。今回紹介したサービスやツールを使って、PCの大画面で思いっきり遊んでみてはどうでしょうか?
==========
※次の更新は、『スマホでTV番組を見よう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:11| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

フリーゲームレビュー:レトロゲー風味! だけど燃える!~オシヨセル~

fr-1904-00.JPG

※ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします

 さてさて。 最新のゲームは、とてもシステムもこったのが多くて、とても面白いものが多いですよね。また昔のゲームも、なかなか味があるものです。

 そんな二つが合体したらどうなるか……こうなりました、というゲームができました。しかもとても面白いゲームです。 それが、この『オシヨセル』。

【 新しくてレトロだけどオシヨセル! 】
 このオシヨセルとはどんなゲームかというと、いたってシンプル。タイトル通り押し寄せてくる敵を、マイキャラを動かしてよけながら倒していくゲーム。
 自分のキャラは、キーボードで動かし、照準をマウスで動かします。弾はその照準に向けて、自動で発射されます。これだけ聞くと、なんかFPSみたいですよね。
 でも、ここからが違います。まずは、この画面を見てくださいな 笑

fr-1904-01.JPG
▲ なんともレトロ調なゲーム画面

 このように、キャラクターがなんかレトロゲーしているのです。さらには、BGMもレトロしていたりします。このレトロさが、プレイしてみてなんか、懐かしさを感じさせるんですよね。でも、だからといって懐かしいだけでなく、敵をかわして撃つという、ゲーム性は、とても熱くさせられます。

 このレトロゲーの懐かしさと、熱くなるゲーム性が、このオシヨセルのポイントといっていいでしょう。

【 パワーアップややりこみ要素もオシセヨル! 】
 さて、そんなこのオシヨセルですが、ただゲーム性が面白いだけでなく、その他にも面白い要素があったりします。
 たとえばパワーアップ。アイテムを取ると、体力回復や、連射速度UPなどのパワーアップができたり、パワーアップアイテムの一つであるゴールドをとると、レベルアップしてスキルポイントがたまっていき、これをポーズメニューで消費することにより、スキルのレベルを上げ、能力を上げることができたりします。

 また、やりこみ要素もあります。あるノルマを果たすと、トロフィーが獲得できるのです。トロフィーの獲得条件は全部で21あり、やりこみがいがあるものになっています。

fr-1904-02.JPG
▲ 君は、21のトロフィーすべてをコンプリートとすることができるか!?

【 最後に、オシヨセル! 】
 最後に、ここまで、オシヨセルについて説明してきましたが、どうでしたでしょうか?
 レトロゲー好きな人にも、イマドキのゲームが好きな人にも、どちらにも楽しめるゲームだと思います。
 どちらの人も、このオシヨセルで、熱くなってみませんか?

 オシヨセル!(意味不明

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
※次の更新は、『NIKONIKO-CINEMA!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 12:15| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

URAURA! Game Review :ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ【スクウェア・エニックス(SFC)】

※まず最初に。今回は、新旧両作品を見比べていただく、ということで画像を使わせていただきます。
掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。

ということで、スクエニの作品は人気作品ぞろいである。それは、旧作のリメイク作品が、DQやFFの両シリーズともに出ていることでもわかると思われる。
何しろ、FFシリーズは、GBAとDSを持っていればⅥまでの全シリーズを遊ぶことができるし(FF1~2、4~6はGBA、3はDSで遊べる)、ドラクエシリーズも、GBとDSがあれば、Ⅵまでを遊ぶことができる。(DQ1~3はGBで遊べ、4~6はDSで遊べる)
いかに、両シリーズが名作であるかがわかるだろう。
さて、そんなリメイク作だが、そのハシリとなったのが、今回紹介する『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』だ。

~まずはどんな作品?

このドラゴンクエストⅠ・Ⅱだが、これは両作品を『ドラゴンクエストⅤ』のインタフェースなどで作り直し、バランスも見直したうえで、二本を一つのカートリッジに収録したお得な一本である。
ただのリメイクというわけではなく、当時の主力人気ハードであるスーパーファミコンに合わせて、色々なことがパワーアップされている。
その最たるものが、グラフィックであろう。まずは見ていただきたい。

ur-1903-01.JPG
▲ こちらがファミコン版

ur-1903-02.JPG
▲ こちらがスーパーファミコン版

どちらが素晴らしいかは一目瞭然だろう。また、Ⅰ・Ⅱ共通のことだが、ファミコン版ではどんな地形でも背景は同じだったのだが、Ⅰ・Ⅱでは地形によって背景が変わるようになっている! さらにⅡに関しては、ファミコン版では背景は黒一色だったのだが、Ⅰ・Ⅱでは、背景が付くようになったのだ! 

ur-1903-03.JPG
▲ ファミコン版では、黒一色の背景だが……

ur-1903-04.JPG
▲ Ⅰ・Ⅱではこの通り、背景がつくようになった!

また、紙面では詳しく伝えることはできないが、BGMもスーパーファミコンのFM音源を活かして、素晴らしいものに作り直されているのだ。

~やさしさも上がった!

先ほど、『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』は、『ドラゴンクエストⅤ』のシステムでリメイクされたと語った。
それによって、インタフェースやシステムも、よりユーザーフレンドリーなものになっている。
例えば、ボタン一つで、『話す・調べる・開ける・扉』の4つのコマンドを兼用する『便利ボタン』の採用や、アイテムやお金の預かり所の追加、そうそう。バッテリーバックアップによるセーブが可能になったことも。
このように、やさしさが増したシステムとなったのだ。
やさしさが増したのは、インタフェースやシステムだけではない。
まずは、下を見ていただきたい。

ur-1903-05.JPG
▲ スライムベスを倒した直後。 ファミコン版ではこれだけ

ur-1903-06.JPG
▲ Ⅰ・Ⅱではこの通り!

このように、経験値やお金が上方修正されたのだ! もちろん、この他の要素も、優しい方向に修正されている。
裏編としては、攻撃魔法の効果が上がったのが嬉しかった。ファミコン版では、ギラをかけても、魔法使いやメイジドラキー、大さそりなどを一撃で倒せない場合があったのだが、こちらでは一撃必殺が可能になってきて、経験値稼ぎがたやすくなっているのだ。
もちろん、ただ優しくなっただけでなく、ちゃんとバランスもとれているのでそこも安心されたい。
それ以外にも、Ⅰでの一部の街での店追加や、Ⅱでのサマルトリアの王子の装備可能武器の追加など優しくする工夫がいろいろされているのが嬉しい。

~ここを直せば完璧

このように、リメイク作としては、非の打ちどころのない『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』だが、やはり気になるところもある。
例えば、Ⅰではラダトーム城のみセーブが可能であるが、ⅡやⅢ以降と同じように、他にもセーブ可能な場所を増やしてほしかったと思う。 せめて、マイラ、リムルダール、メルキドにはおいてほしかった。
また、キメラの翼のテレポート先が、Ⅰではラダトーム城オンリー、Ⅱでは最後にセーブした場所のみ、となっていたが、ここもⅢ以降のようにテレポート先を選べるようになったらいいのになと思う。

このように注文を付けてみたが、やはりこの『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ』はリメイク作としては合格といっていいほどのできだと思う。

ぜひとも今言ったところを改良して、グラフィックをPS版Ⅳのような3D形式にしたDS版を作ってほしいなと思う。そうなったらぜひともほしいと思うぞ。うずうず。

それではまた!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
※次の更新は、3月25日。『みくみく音楽館』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:21| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

レトロゲーレビュー・怒【1986年・SNK・アーケード・FC他】

re1902-00.JPG


※本記事では、ゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。
 なお、掲載されている画像は、全てファミコン版のものです。

あいつらにもこんなころがありました

「行くぜクラーク!」、「おうラルフ!」といえば、KOF(キング・オブ・ファイターズ)シリーズに登場する常連チーム、通称『怒』チームのメンバー、ラルフとクラークのお決まりのあいさつであるが、このコンビが初登場したゲームが、この『怒』である。(コンビの初登場、という点に注目。ラルフはこれ以前に、『T・A・N・K』というゲームにて初登場した)
そしてこの『怒』というゲームがどんなゲームかというのは……それはこれから説明していくのでお楽しみに。

気分はベトナム戦争!

さて、この『怒』は、シューティングゲームである。だが、ただのシューティングゲームではない。
プレイヤーは、マイキャラであるラルフ(2Pはクラーク)を8方向に操作し、次から次へと襲い来る敵を倒していきながら先に進むのだ。
ラルフ(orクラーク)の武器は、コマンドーなどのミリタリー映画に出てくるような重機関銃と手榴弾の二つ。
これらを駆使して、戦場を駆け抜け、突破していくのだ。

re1902-01.JPG
▲ 自分の武器は重機関銃と手榴弾のみ。 この二つを駆使して、戦場を生き抜け!

もちろん、二人の武器はこれだけではない。途中で戦車を奪うこともできる。
戦車は硬いし、砲弾は強いし、とても強力だぞ!

re1902-02.JPG
▲ 戦車を奪え!

戦場は新機軸だ!

さて、怒は、この当時ながら、かなりの新機軸が盛り込まれたゲームであった。
まずは、二人同時プレイが可能なこと。
この『怒』では、1Pがラルフ、2Pがクラークを操作して、同時にプレイできるようになっていたのだ。
今となっては、珍しくはないかもしれないが、1986年当時は、まだ同時プレイできるゲームは多くなかったのではなかろうかと思う。

そしてもうひとつは、ゲームのシステムが、擬似人工知能のように、プレイヤーの腕前に応じて、難易度を調整してくる、ということだ。
その擬似人工知能のシステムは、『クラウムズ』と呼ばれ、短時間で多くの敵を倒したプレイヤーは上手、逆にいつまで経っても少しも敵を倒せないプレイヤーは下手と判断し、それによって敵の出現のしかた、アイテムの場所や数などをコントロールするようになっているということだ。(Wikipediaより)

このように、ゲームシステムがプレイヤーの腕前を判断して、それに応じて難易度が変化するなんてゲームは、当時としては珍しいのではないだろうか。まさに、新機軸と言ってもいいだろう。

行くぜクラーク! おうラルフ!

さて、では最後に、スクリーンショットを交えて、ゲームの進行を見てみよう。

re1902-03.JPG
▲ ゲームスタート! 戦いは、輸送機が不時着したところから始まるゾ。

re1902-04.JPG
▲ 敵のトーチカだ! 機関銃は効かないので、手榴弾で爆破せよ!

re1902-05.JPG
▲ 戦車だ! 進行がとても楽になるので、なんとしても奪取だ!

re1902-06.JPG
▲ 無事戦車を奪取! 弾は強いし、敵の機関銃ではびくともしないし、とても楽チンだぜ!

re1902-07.JPG
▲ 敵の戦車と遭遇! こいつの弾には、さすがにやられるので、気をつけて撃破だ!

re1902-08.JPG
▲ 地雷だ! これにはさすがの戦車も無事ではすまない。移動するので、うまくかわして進め!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
次の更新は、2月25日、『スマホで動画を楽しむ』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:49| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする