2018年06月18日

URAURA!Game Review:エルミナージュOriginal ~闇の巫女と神々の指輪~

 2006年。 ゲーム業界に激震(というほどでもないかもしれないが……)が走った。
 アエリアという会社が、あの傑作RPG『Wizardry』の版権を取得したのだ。
 これによって、これまでWizardryの亜流シリーズを開発していた会社は、これからは簡単にWizardryのタイトルのゲームを発売することができなくなってしまった。
 その後、それらの会社は、オリジナルシリーズとして、WizardryタイプのダンジョンRPGを開発、発売していくことになる。
 そして、そうした中で、裏編が面白いと感じたものの一つが、この『エルミナージュOriginal ~闇の巫女と神々の指輪~』(以後エルミナージュ1)である。

~まずは……

 まずは、このゲームについて紹介していこう。このエルミナージュ1は、ウィザードリィ・エンパイアで有名な、STAR FISHの作品である。
 基本システムは、Wizardryと同じ。最大六人のパーティを組み、ダンジョンを攻略していくというものだ。
 同じといっても、Wizardryシリーズとは別物なので、呪文もWizardryシリーズとは変わっているし、召喚士(遭遇したモンスターと契約し、呼び出すことができる)や使用人(ポーションなどを消費して、パーティ全員を回復させることができる)、遊楽者(タロットでいろいろな効果を発動させることができる)といったWizardryにはなかったオリジナルの職業が追加されているところも、なかなか面白い。パーティ編成の幅が広がるであろう。
 また、本家Wizardryが一つのダンジョンを攻略していく(6以前)のに対し、エルミナージュ1では、複数のダンジョンを冒険し、キーアイテムを集めていくことになる。
 また、キーアイテムのあるダンジョンは一定ではなく、ニューゲーム時にランダムに決まるので、そのプレイによって違いが出てくるのが面白い。 またそのダンジョンも、色々と個性豊かになっているので、とても楽しめることだろう。

~こんな機能も

 他にも、エルミナージュ1には、色々な面白く、そして役に立つ機能が実装されている。
 たとえば、『スペルキャスティング』。ゲームに登場するすべての呪文を、自分の好みに変えることができる機能だ。たとえば、炎系の攻撃魔法の呪文を、『HALITO』や『ギラ』、『ファイア』などのように変えることができる。もちろん、自分のオリジナルの呪文に変えることだってできる。
 たとえば、『フェイスロード』。ゲームのキャラの顔グラフィックを、自分の望みのものにすることができる。
 自分で描いた絵を使うも、ネット上の素材をダウンロードして使うも、なんでもOKである。
 と、このように、面白い機能が付いているのも、特徴の一つだろう。

~ストーリーだって……

 ストーリーだって負けてはいない。誇り高き長女、いたずらっぽい次女、泣き虫我儘な三女から成る、悪側の三姉妹、個性豊かな街の人々などが、ストーリーに彩りを加えてくれる。だが、それでもストーリーに縛られることなく、自由に冒険を進めることができるのはさすがだ。
 また、世界の各地にはサブクエストも隠されており、それらを進めていくのもまた一興。ストーリー上でも色々と楽しめる、それがエルミナージュ1なのだ。
 また、ゲームの難易度も、難しくなく、また優しくもない、ちょうどいいバランスとなっているぞ。

~さて……

 さて、今回はエルミナージュ1を紹介したが、現在、このシリーズは3まで発売されているとのこと。いずれも、Wizardryシリーズ好きには満足できるであろうできだと思うので、ぜひプレイしてみてはどうだろうか?
 もちろん、Wizardryシリーズをプレイしたことのない人にもお勧めの一本だ。


※次の更新は、6月21日。新連載・『VB.NETでDirectXプログラミング』の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 10:53| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

どっちのゲームSHOW!~ワルキューレの冒険vsドルアーガの塔

※本記事では、それぞれのゲームの紹介のために、ゲームの画像を引用させていただいております。
 ここに掲載されている画像は、問題があれば削除いたします。
 また、ここに掲載されている画像の二次使用を禁じます。

do-1805-00a.png

do-1805-00b.png

 どもども、ゲムぐち博と申しますー。いやはや、だいぶ前の話ですが、復活しましたねー。『どっちの料@ショー』。
 わたくし、ゲムぐちも好きな番組だったので、とても嬉しいです。
 そこで今回は、2つの似たジャンルのゲームを、『どっちの料@ショー』風に比較・紹介してみたいと思います。
 今回のお題は、アクションRPG対決! かたや、『ワルキューレの冒険』、かたや、『ドルアーガの塔』。
 「両方とも同じナムコ」とか、「ドルアーガの塔はアクションRPGとは違うんじゃないか」と思われるかもしれませんが、まぁ気にしない方向で。ではいってみましょう!

☆This is ワルキューレ(の冒険)☆
 さて、ワルキューレの冒険は、アクションRPGです。プレイヤーはワルキューレを操作し、敵を倒して経験値を稼ぎレベルを上げ、重要アイテムを見つけて、フィールドを駆けまわって目的の達成を目指すのです。

do-1805-01.png
▲ ワルキューレの冒険は、スタンダードなアクションRPGだ!

 そうそう、魔法も使うことができます。魔法には、攻撃の魔法や回復の魔法など、基本的な魔法が一通りそろっていますよ。

☆これがドルアーガの塔だ☆
 さて、ドルアーガの塔は、アクションRPGというよりも、アクションRPGっぽいアクションと言ったほうがいいかもしれません。

do-1805-04.png
▲ ドルアーガの塔は、アクションRPGっぽいアクションだ

 プレイヤーは、基本的に鍵をとって扉を開け、上の階へと進んでいき、最上階のボス打倒を目指します。
 では、どこがRPGっぽいかと言いますと、このゲームにもアイテムが存在し、そのアイテムを装備すると、攻撃力が上がったり生命力が上がったりなどと、キャラクターの能力が上昇するのです。(体力や攻撃力といった能力値は隠しパラメータ扱い)
 しかも、一部の装備は、取ることによってキャラクターの姿も変わるので、強くなるのが目に見えるのです。

☆今回の特選ポイント@ワルキューレの冒険☆
さて、ではまずはワルキューレの冒険のポイントについて説明していきましょう。

(実はキャラメイクがある)
 ゲームを開始すると、まずこのような画面が出ます

do-1805-02.png
▲ ごく単純な、星座と血液型、色の選択画面だが……。

 実は、ここで選んだ星座や血液型によって、主人公の能力値が変わるのです! つまり、このワルキューレの冒険には、隠しながらもキャラクターメイキングの要素があるのです!
 ドラクエ1も、名前によって能力値や成長パターンが変わりますが、ナムコも負けてはいないという感じです。
 そして次!

do-1805-03.png
▲ 夜になる!

 このように、ワルキューレの冒険では、歩き回って時間がたつと、夜になるのです!
 夜になると、通常より強い敵が出現するようになります。
 時間の要素を取り入れたドラクエ3が発売されたのは1988年ですから、それより2年も前にその要素を取り入れていたことになるわけです。すごい!
 また、町の人はおらず、またアイテムは目に見えない(ある魔法を覚えると、使うことで見えるようになるが)ので、手探りで見つけて行かなくてはなりませんでした。今となっては不親切にうつるかもしれませんが、逆にこれが手探りで探していく感じとなり、より達成感を強くしていた、というような気がします。

☆今月の特選ポイント@ドルアーガの塔☆
 さて、対するドルアーガの塔の特選ポイントですが、それはなんといってもアイテムでしょう。
 このゲームでは、あることをすると(グリーンスライムをある数倒したり、ある地点を通過したりなど)、宝箱が出現し、それをとることでアイテムをゲットできるのですが……

do-1805-05.png
▲ あることをすると宝箱出現!

 この宝箱の出し方も、アイテムの効果とあわせてシークレットであり、やはりプレイヤーたちは手探りで進めて行っていました。それゆえに出すことができたときの達成感は強いものとなり、この難解さが、ゲーマーたちのハートに火をつけることになったのです。
 また、ドルアーガの塔は、アクション性も高い作品でした。魔法使い系の出す魔法は盾で防ぐことができるのですが、その魔法の飛んでくる方向にむかなければならず、さらに剣を抜いたときは、盾の向きも変わるので(例えば、正面(下)を向いてるときに剣を出すと、盾は右に向く)、それを考慮する必要があるのです。

☆楽しい応援団@ワルキューレの冒険☆
 さて、続いては、各ゲームの続編・リメイクなどを紹介していきましょう。
 まずはワルキューレの冒険から。
 リメイクとしては、ナムコアンソロジー2に収録されたアレンジ版があります。こちらは、後述する『ワルキューレの伝説』に似た、アクション性の強いものとなっております。

do-1805-06.jpg
▲ PSに生まれ変わったワルキューレの冒険

 そして続編は先ほど話したワルキューレの伝説があります。こちらは、ジャンプで足場から足場へ飛び移ったり、ショットで敵を攻撃したりと、RPGというよりはアクションに近くなっています

do-1805-07.jpg
▲ アクションゲームとなった続編・ワルキューレの伝説

☆楽しい応援団@ドルアーガの塔☆
 対するドルアーガの塔は、ワルキューレの冒険に比べて、多くのリメイク作、続編が出ています。
 まずはリメイク版。それはなんといっても、PCエンジン版があげられるでしょう。

do-1805-08.jpg
▲ リメイク作の代表・PCエンジン版

 能力の成長や装備の変更などのRPG要素を取り入れ、宝箱の出現条件を易しく変え、さらに塔の形状を円形に近い正方形にするなど、まさに原作者の遠藤氏をして、「自分の理想に一番近いドルアーガ」と言わしめた一品です。

 続編のほうも、さらにRPG色が強くなり、二人同時プレイが可能になった『イシターの復活』、さらにスーパーファミコンで発売されたアドベンチャーソフト『ブルークリスタルロッド』があります。

do-1805-09.jpg
▲ ブルークリスタルロッド

 また、続編というよりは前日談ですが、ドルアーガの塔では、囚われの身となっているヒロイン・カイを操作するジャンプ・アクション、『カイの冒険』というのもありました。
 こちらは、アクションゲームとしてはかなり練り込まれており、さらにミスしたとき、触れた敵はいなくなるといったユーザーフレンドリーなシステムもあって、とても面白いものになっていました。

do-1805-10.png
▲ 前日談・カイの冒険

☆あなたが好きなのは、どっち!?☆
 さて、ここまで『ワルキューレの冒険』と『ドルアーガの塔』の二本を『料理@ョー』よろしく比較説明してきましたが、どうでしたでしょうか?
 比較はしたけれど、どちらも面白いゲームなので、ぜひプレイしてみてほしいと思います。

 さて、このコーナーですが、好評であればまた第二弾をお送りしたいと思っております。
 そのときをお楽しみに!

※次の更新は、5月24日。『ラジオをモバイルに』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:20| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

URAURA!Game Review:グラディウス外伝

~いざ、出撃!
さて、裏編の印象に残っていたり、好きなゲームを紹介するこのコーナー。
今月はコナミの『グラディウス外伝』をレビューしましょう。
このゲームのポイントは、『新機軸』と、『ユーザーフレンドリー』です。

~新機軸
まずは新機軸から紹介しましょう。
新機軸のひとつは、パワーアップシステムです。
従来のグラディウスシリーズでは、パワーアップの仕方を選べるようにはなっていますが、基本的には自機はビックバイパー一種類だけとなっています。ですが、このグラディウス外伝では、最初に自機を選ぶようになっており、その自機によってパワーアップが異なるようになっているのです。
パワーアップが違うと自機も違うわけですから、たとえばビックバイパーでクリアしたら、次は別の機体で……というように、やりこもうという気になれますよね。
さらに、ステージごとのギミックも、これまでの作品からは考えられないられないような、凝ったものになっています。例えば、破壊するとモアイが崩れ落ちたり、レーザーを発射するモアイがいたり、地形や敵や弾を吸い込むブラックホールが出てきたり……。
今までのシリーズとはまた違った新鮮さが感じられて、さらに面白く感じられるのではないかと思います。
あと、これはちょっと新機軸とは違うかもしれませんが、敵や自機のグラフィックが、従来の作品よりもさらにかっこよく描きこまれています。まさに、プレイステーションならではのグラディウスと言っても過言ではないかもしれませんね。

~ユーザーフレンドリー
次に、『ユーザーフレンドリー』についてです。
まず、従来のシリーズでは、パワーアップゲージの並び方は、『スピード→ミサイル系→ダブル系→レーザー系→オプション→バリア系』と、常に一定でした。
しかし、『グラディウス外伝』では、この順番を自在に並び替えることが可能になったのです!
これによって、オプションを最初のほうに配置して、やられた後の建て直しがスムーズにできるようにしたりとか、バリアを最初のほうにする、といったパワーアップの戦略を考えることが可能になったのです。
さらに、パワーカプセルもたくさん出てくるので、やられた後の復活も容易になっているのが、初心者には嬉しいところです。
あ、もちろん、難易度設定もできるので、さらに初心者にもとっつきやすくなってますよ。

~最後に
さてさて、ここまで『グラディウス外伝』について説明してきましたが、どうでしたでしょうか?
このゲームは、裏編の、一番のお気に入りのひとつで、PS3どころかPS4までが発売され、PS2用に最新作『グラディウスⅤ』が発売されている現在でも、時々取り出してプレイしています。そのぐらい、とても面白いゲームなのです。
読者の皆さんも、ぜひプレイしてみてはどうでしょうか? やりてのシューティングゲーマーも、初心者の人も楽しめるグラディウスですよ^^

※次の更新は、3月22日、「LGP講座(かり」の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:12| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

かわいいけど、油断は禁物! 『スーパーくのいちムラサキ』

1802-fg-00.JPG

 さてさて、キャラクターがかわいいゲームというのは楽しいですよね。でも、ゲーム性がよくないと、その楽しさも半減……。
 この『すーぱークノイチむらさき』は、キャラクターが萌え系でかわいいだけでなく、アクションも豊富で、しかも簡単なキー操作で楽しめる、キャラクターのかわいさとゲーム性のバランスがとれた、面白いゲームです。

~こんなゲームなの
 このゲームはどんなのかというと、主人公のかわいいクノイチ(しかも妹!)を操作して、色々なアクションで敵を倒しながら、ゴールに向かって進むというものです。

1802-fg-01.JPG
▲ これが主人公のクノイチちゃんだ! クノイチなのにセーラー、しかも妹!

1802-fg-02.JPG
▲ クノイチちゃんを操作して、敵をなぎたおし、ゴールを目指すのだ!

 操作方法は、移動キーと、攻撃、ジャンプ、そしてメガクラッシュ(ゲーム中では忍者クラッシュと呼ぶ)の三つ。さらに、攻撃は上と組み合わせると、手裏剣。さらに空中で手裏剣の操作を使うと、八方手裏剣となります。ジャンプも、下と組み合わせれば、緊急回避の影抜け。上と組み合わせれば、八艘跳び(ハイジャンプ)となります。
 これらを駆使して、ゴールを目指すわけです。

 そうそう、ある程度進むと、ボスキャラも出てきますよ! 心していきましょう!

1802-fg-03.JPG
▲ 途中には、ボスとの対決がががっ!

~必殺! 三角跳び!
 さて、このゲームがタイトルに『クノイチ』とつけてる理由の一つと筆者が考えるのが、忍者らしいアクションです。先ほど話した手裏剣攻撃。同じく先ほど話した緊急回避の影抜け、そしてなんといっても、三角跳び!
 壁に触ってジャンプボタンを押すと、壁を蹴って勢いよく、反対側にジャンプできるのです!
 どうです? いかにも忍者っぽいと思いませんかっ?
 これを使わなければ行けないところもありますから、がんばって練習しませう!

1802-fg-04.JPG
▲ 上の小判を取りたいけど、八艘跳び(ハイジャンプ)でも届かないっ。こんなときこそ三角跳びだっ!

 そうそう、これらの要素の他にも、敵の中には、どこかで見たようなキャラもいて、とても楽しめますよ!

 難易度も選ぶことができますし、かわいい女の子好きな人にも、アクションゲーマーにも、どちらにも楽しんでもらえる一本です!

※次の更新は、2月22日、みくみく音楽館の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:07| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

URAURA!Game Review:ファイナルファンタジーⅢ(リメイク版)

さて、今回ご紹介するゲームは、リメイク版ファイナルファンタジーⅢ。ファミコン版の同ゲームを、ニンテンドーDSやPSP、スマホなどにリメイクした一作である。

今回はこの作品について、ファミコン版とどう変わったかをメインに、レビューしていこうと思う。

~うらうらチェックその1! 『キャラクター設定がなされた!』~
ファミコン版では、主人公キャラ四人には、特に設定はなかった。ただ、『村に住む孤児四人』という簡単な設定だけであった。
一方リメイク版では、この四人にそれぞれ細かい性格づけがなされた。

主人公の、好奇心旺盛な、いかにも主役といった感じの孤児、ルーネス。
その幼馴染でおとなしく、本を読むのが好きなアルクゥ。
お転婆な鍛冶屋の娘、レフィア。
沈着冷静で、サラ姫に思いを寄せる城の兵士、イングズ。

このように、それぞれ四人に別々の設定がなされるようになったのだ。なお、名前は変更可能である。
このように設定がなされることで、プレイヤーはキャラクターや物語に感情移入しやすくなり、さらに物語もより深化するように、よりドラマチックになったのだ。

さらにそれにともない、各ジョブにチェンジしたときの姿も、各キャラクターごとに設定されている。

これはささやかながらも、大きな改良点のひとつと言えるだろう。

~うらうらチェックその2! 『ジョブチェンジ!』~
さらにジョブチェンジシステムにも手が加えられている。
かつて、旧ベーマガで有名な山下章氏は、旧ベーマガの中で、FF3についてこのように述べている。

ただ一つの不満は、最終的な職業編成が、どうしても同じようになってしまうので、どの職業でもエンディングを迎えられる幅を、もう少し持たせてほしかった

ちなみに、最終的な職業編成とは、山下氏は具体的には言ってなかったが、ラストダンジョン時の、忍者と賢者の組み合わせのことだろう。確かに、全ての武器防具を扱え、強力な手裏剣を扱える忍者、全ての魔法を覚えられる賢者。この二職業はとても強力で、ほとんどのプレイヤーが最終的には、人数の違いこそあれ、この忍者と賢者でパーティを編成していたのではなかろうか。

だが、ジョブ選択の自由がポイントであるFF3をプレイするなら、ラストバトルまで自分独自のパーティ編成でクリアしたいと思っている方も多いことだろう。おそらく山下氏は、そのことを述べていたのだろう。

その山下氏のレビューや、他のプレイヤーの意見を反映したのか、リメイク版では、ジョブのバランスがかなり見直されている。
強かったジョブは、性能を抑えられ、弱かったジョブは、逆に戦闘に役立つ方向にバランス調整されたのだ。
もちろんそれは、前述の忍者や賢者も例外ではない。(忍者は、装備可能な装備の数が減ってFF5の忍者に近い感じになり、賢者は全ての魔法が扱える代わりに、使用回数や能力が他のジョブに比べて劣るようになっている)
これによって、各ジョブの差が縮まり、自由にパーティを組んでクリアできる自由度がより高まったといえる。
FF5に近くなったといえばいいだろうか。

さらに、FC版では、キャパシティポイントを消費してジョブチェンジしたが、DS版ではポイント制ではなく、ジョブチェンジ直後に実力を十分に発揮できない期間を設けるシステムになっている。これによって、さらにジョブチェンジの自由度が高まったといえるだろう。

~それだけではない!~
この二つが裏編が目をつけたポイントであるが、この他にも、ポリゴンによる3Dになったり、オープニングムービーがついたり、モグネットなどのお楽しみ機能がつけられていたりと、原典であるFC版に比べて、かなりパワーアップされている。
しかもそれでいながら、FF3独自の面白さは少しも色あせていない。
ストーリーや、バトルなどの面白さはあのままなのだ。きっとプレイしていくうちに、FC版をプレイしたのと同じ感動や面白さを味わうことができるだろう。

あえて言おう。
FF3はリメイクされて、究極版となったのだ。

では最後に、聖戦士ダンバインに出てきたセリフから引用して一言。

リメイク版FF3をプレイした者は幸せである。

※次の更新は、12月21日、LGP講座(かりの予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:39| その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする