2019年12月05日

新電脳戦記パソレクW~第四話:その名はAPI

※今回のパソレクWも、漫画形式でお届けします。
※漫画は、作画のカゼカオル様の承諾をいただいたうえで、Gパソレクのコマを切り抜いて組み合わせたり、台詞を入れ替えたりなどして作成いたしました。承諾してくださったカゼカオル様に感謝です!
※内容に一部間違いがあるかもしれません。ご注意くださいませ。

イラスト提供:カゼカオル 様

1911-p01.jpg
1911-p02.jpg
1911-p03.jpg
1911-p04.jpg
1911-p05.jpg

posted by 裏編 at 10:53| Comment(0) | パソレクW | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

新電脳戦記パソレクW~第参話:サブスクリプションの肖像

※今回のパソレクWは、漫画形式でお届けします。
※漫画は、作画のカゼカオル様の承諾をいただいたうえで、Gパソレクのコマを切り抜いて組み合わせたり、台詞を入れ替えたりなどして作成いたしました。承諾してくださったカゼカオル様に感謝です!
※内容に一部間違いがあるかもしれません。ご注意くださいませ。

イラスト提供:カゼカオル 様

1911-p01.jpg

1911-p02.jpg

1911-p03.jpg

1911-p04.jpg

1911-p05.jpg
posted by 裏編 at 12:07| Comment(0) | パソレクW | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

新電脳戦記パソレクW~第弐話:クロミウムと呼ばれたプログラム

※この記事に使われている顔アイコンの画像は、風カオル様が、かつて書いてくださったものを利用させていただいております。
 このアイコンの著作権は、風カオル様にあります。

deshi.gif
弟子D:師匠! いきなりですが質問があります!

sisyo.gif
師匠T:むむ、どうしたのじゃ弟子よ。いきなり質問をしてくるとは珍しい。

deshi.gif
はい! よく、Chromiumという単語を聞くのですが、このクロニウムとはなんなのでしょうかっ!?

sisyo.gif
はあっ!

deshi.gif
うわぁっ。師匠、いきなり何をするのですか。

sisyo.gif
クロニウムではない、クロミウムじゃ。間違えないように。
だが、新しい知識を得ようとするのはいいことじゃ。それでは今回は、このChromiumについて話すとしようぞ。

deshi.gif
はいっ。お願いします!



《 概要だ! 》

sisyo.gif
さて。ではChromiumとは何かといえば、ブラウザのプログラムのことじゃが、一つ大きな特徴がある。

deshi.gif
おぉっ、それは!?

sisyo.gif
それは、このプログラムはオープンソース、つまりプログラムが一般公開されているということじゃ!

deshi.gif
おぉっ、ということは!?

sisyo.gif
うむ!

deshi.gif
……なんでしたっけ?

sisyo.gif
……はぁっ!!(飛び蹴り

deshi.gif
うわぁっ。

sisyo.gif
開発者が、このプログラムを改造して、自分なりのブラウザを作ることができる、ということじゃ。

deshi.gif
いてて……なるほど。それは開発者にはありがたいですね。

sisyo.gif
うむ。ブラウザの根幹となる部分について、一から作る必要がないからの。
さて、次はこのChromiumの歴史について、簡単に説明していくぞ!



《 歴史だ! 》

sisyo.gif
さて、このChromiumはオープンソースのブラウザだと話したが、その他にももう一つ、違う側面がある。

deshi.gif
おぉ、それは?

sisyo.gif
それは……このChromiumは、Googleのブラウザ・Google Chromeと深い関わりがある、ということじゃ。

deshi.gif
そういえば、ChromiumとChrome……名前もどこか似ていますね。

sisyo.gif
そうじゃの。さて、このChrome自体が、Chromiumをベースとして作られたものなのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
さて、そのChromiumが生み出されたのは、2008年9月。Chromeが最初に提供されたこの時に、Chromiumのソースコードの配布が始まり、産声をあげたのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
その後、順調にバージョンアップを重ね、機能や安定性が向上していき、2013年になると、このChromiumは大きな転機を迎えることになる。レンダリングエンジンとして、Blinkを採用したことじゃ。

deshi.gif
あの師匠、レンダリングエンジンとはなんぞや?

sisyo.gif
うむ、良い質問じゃの。レンダリングエンジンとは、HTMLなどの、ウェブページを記述する言語を元に、ブラウザにそのページを描画するプログラムのことじゃ。

deshi.gif
なるほど。それが新しいものになった、というのは確かに大きい変革ですね。

sisyo.gif
そうであろう。このBlink自体、それまで使われていたWebKitを改良して作られたものゆえ、その性能向上はかなりのものがあったであろうことは、容易に想像がつくのう。さて、そして2018年のMicrosoftの新ブラウザ『Edge』がこのChromiumをベースにして開発されることが決まって、そして今に至る、というわけじゃ。

deshi.gif
あのMicrosoft社のブラウザにまで使われているというのはすごいですね!

sisyo.gif
そうじゃのう。やはり、性能のよさと、オープンソースということが大きいのじゃろうな。中核部分に費やす労力を、独自機能の開発に回せるからの。



《 ChromiumはOSだと!? 》

sisyo.gif
さて、今までChromiumはブラウザのプログラムだと話したが、OSのChromiumもあるのだ。

deshi.gif
な、なんですとっ!?

sisyo.gif
OSのChromiumは、その名もずばりChromium OSと言い、Googleによって開発された、Linuxのディストリビューションの一つであるのだ。Linuxについては、Gパソレクの2話を参照せよ。

deshi.gif
ふむふむ。でも、Linuxのディストリビューションってことは、Chromiumの要素はどこにもないのでは?

sisyo.gif
そう思うのは早計じゃぞ。確かにLinuxのディストリビューションではあるが、ユーザーインターフェイス部分はChromiumなのだ。

deshi.gif
なるほど、その部分がChromiumなのですね。

sisyo.gif
うむ。なお、このOSの細かいところについては、Wikiを参照するように。

deshi.gif
さては、説明するのがめんどく……

sisyo.gif
はあっ!!(飛び蹴り)

=====
※次の更新は、『ActiveBasicとDXライブラリでゲームプログラミング!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:20| Comment(0) | パソレクW | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

新電脳戦記パソレクW~第壱話:悪夢のサポート終了

sisyo.gif
師匠T:むむ。弟子よ、おぬしまだWindows7を使っておるのか。

deshi.gif
弟子D:はい。たいして不便してませんし。

sisyo.gif
たわけがっ!!(弟子に飛び蹴り)


deshi.gif
うわぁ、師匠。いきなり何をなさるんです。


sisyo.gif
PCを使っていながらWindows10にせぬとはなんと不届きな奴よ。
そのWindows7の延長サポート終了が、もう来年の1月に迫っておるというのにっ。

deshi.gif
そ、そうなんですか。でも、サポートが終了すると、どんな困ったことがあるんですか?

sisyo.gif
あるぞ。大ありじゃ。仕方あるまい。今回はわし自らおぬしに、サポートと、そのサポート終了について叩き込んでくれるわっ! 首を洗っておれっ。

deshi.gif
あの、師匠。それじゃまるで悪役です。

sisyo.gif
やかましい。

■■■そもそもサポートとは■■■

sisyo.gif
さて、まずそもそもここでいうサポートとはメインストリームサポートのことを言い、セキュリティを強化するプログラムや、仕様変更や新機能追加などの保守を無償……つまりただでやってくれるサービスのことじゃ。そうそう、電話やインターネットによる、質問や苦情要望への対応といった、一般的なサポート業務も含まれる。
ほれ、時々Windowsアップデートやら何やらが機能をインストールしてくれるじゃろ? あれじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
さて、そんなメインストリームサポートではあるが、無償ではあるがマイクロソフト社側ではコストがかかる。しかも、Windowsはこれまで、95、98、Me、XP、7、10といくつもの世代を重ねてきた。すると、新しいOSが出ても以前のOSも続けて行けば、どんどんコストが膨らんでしまってたまらなくなるのはわかるじゃろ?

deshi.gif
確かにそうですね。

sisyo.gif
そこで、マイクロソフト社では、発売から一定期間を過ぎたWindowsは、このメインストリームサポートを打ち切るようにしておるのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
さて。そしてWindows7であるが、実はもうすでにメインストリームサポートの期間は過ぎておるのだ。

deshi.gif
えぇっ!?

sisyo.gif
うむ。Windows7のメインストリームサポートは、2015年の1月13日に切れておるのだが、なかなかWindows10に切り替えることができない人々への配慮か、特別にその期間を2020年の1月14日まで伸ばしておるのだ。おぬしがそうして今でもWindows7を使えるのも、このマイクロソフトの配慮のおかげじゃ。感謝するように。

deshi.gif
は、はい……。

sisyo.gif
では次からは、サポート終了による問題について説明していくぞ!

■■■サポート終了でどうなる!?■■■

sisyo.gif
さて。先ほどは、メインストリームサポートは、『セキュリティを強化するプログラムや、仕様変更や新機能追加などの保守を無償……つまりただでやってくれるサービス』のことだと話したな。

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
それが終了するということは、これらのサービスがそのままなくなることを意味する。終了してからは、もうWindowsアップデートを起動しても、アップデートがダウンロードされることも適用されることもなくなるのじゃ。

deshi.gif
それが、どう問題があるので?

sisyo.gif
考えてみるがよい。いくらこれまでセキュリティが強化されたとはいっても、まだまだふさぎ切れていないセキュリティホール(対違法アクセス防御の穴のようなもの。ネット犯罪者たちはこの穴を利用して、違法アクセスを行おうとする)があるかもしれぬし、マイクロソフトも気づかぬセキュリティホールもあるかもしれぬ。サポートが終了してしまうと、これらがそのまま放置されてしまうのじゃ。そうなるとどういうことになるかは想像がつくであろう?

deshi.gif
その放置されたセキュリティホールを使って、ネット犯罪者たちは違法アクセスし放題……なるほど、確かにそれは恐ろしいですね。

sisyo.gif
そうであろう。ゆえに、サポートが切れるWindowsから新しいWindowsに切り替えるのは、とても重要なことなのじゃ。
なお、延長とは言ったが、無償でやってくれるのはセキュリティ関係プログラムの提供のみじゃ。それらの、例えばマイクロソフトのサポートに電話なりなんなりで質問したり要望を出したりするのは、有償……お金がかかるぞ。もっとも、延長サポート期間が過ぎれば、それすらも打ち切られるので注意するように。

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
そもそも、Windows7のパソコンは、かなり古いものじゃ。この機に買い替えるのが賢い選択であろうな。
どうじゃ、延長サポート終了についてよくわかったかな?

deshi.gif
はい! それでは……終了ぎりぎりにアップデートすることに……

sisyo.gif
……(黙って飛び蹴り)



==========
※次の更新は、『ActiveBasicとDXライブラリでゲームプログラミング!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:11| Comment(0) | パソレクW | 更新情報をチェックする