2020年11月09日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐拾四回:はーりぃふぉっくす【1985年・マイクロキャビン】(その3)

師匠Tである!

いよいよ母狐の冒険も佳境! 果たして母狐は油揚げを手に入れることができるのか!?
さっそく進めて行こうぞ!

【 本編 】

ars2011-01.JPG
村に入っていきなり、銃を持った人間と出くわしてしもうた! よく見てみるがよい。
尻尾がないじゃろう? 本物の人間じゃ! どうしたらいいのか……

ars2011-02.JPG
機嫌が悪そうな馬と出くわしたぞ。彼は、つながれている現状が気に食わない様子。
助けてやれば、いいことがあるかも?

ars2011-03.JPG
また地蔵じゃ。この地蔵の数字にはどういう意味があるのか?

ars2011-04.JPG
ついにやってきた。ここがリール神社じゃ。
入る方法は、ここに来る途中で教えてもらえるぞ。

ars2011-05.JPG
神社の中。この部屋には油揚げはないようじゃ。
どうすれば、油揚げのところへ行けるのか……?

ars2011-06.JPG
もしや、この中に油揚げが……?
この箱を開けるには、番号を入れる必要があるようじゃが、その番号はどこに……。
むむ、番号といえば……

ars2011-07.JPG
油揚げを手に入れてほっとしたのもつかの間。熊に出くわしてしもうた!
下手なことを言ったら食べられてしまいそうじゃ。
この熊が人でなしならぬ熊でなしでないことを祈って、本当のことを話してみるか?

ars2011-08.JPG
今度は大木が道をふさいでおる!
むむ、この色が変わっているところ、なんか崩せそうじゃな。

ars2011-09.JPG
滝じゃ! いくら母狐でも、この滝をのぼることはできぬ。
どうしたらよいのか……。
むむ、下がダメなら上なら……。
さてさて、この先どうなるのかは……

ここから先はキミの目で確かめるのじゃ!
健闘を祈っておるぞ!!



※次の更新は、『師匠のVB.NETどたばた塾』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:52| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

Twitterに代わる(かもしれない)新(?)SNS! Mastodonを使ってみよう!

【 はじめに 】

 今、多くの人がツイッターを使っていますよね。
 気軽に思ったことをネットに公開できるツイッターは本当に素敵なツールです。
 でも、ツイッターでの人間関係で、ツイッターにいづらくなった人もいるのではないでしょうか?

 大丈夫です!

 世の中には、ツイッターの代わりになるSNSがあります。まだ有名ではありませんが、今後、ツイッターに成り代わるかもしれない可能性を秘めたSNS。
 それがMastodon(マストドン)なのです!

【 インスタンスとはなんぞや? 】

 まずは、Mastodonにおいて重要な要素である、インスタンスについて説明しましょう。
 インスタンスとはなんぞやというと、ぶっちゃけて言うと、サーバーに当たります。
 ツイッターでは、サーバーは一つだけです。利用者の全てが、そのサーバーに登録し、その中で投稿をしたりなんだりしています。

tk2011-01.jpg

 これに対し、Mastodonでは、サーバーは一つだけではありません。ネットの世界に、扱うジャンルなどが違うサーバーがいくつかあり、ユーザーはそれらの中から好きなサーバーを選び、そこに登録して使うことになるのです。
 このサーバーのことを、Mastodonではインスタンスと呼びます。現在、ネットにはいくつものインスタンスがあり、そのインスタンスはそれぞれ、色々なジャンルを扱っています。

tk2011-02.jpg

 また、インスタンスはそれぞれ独立しているだけではありません。緩やかながらもつながりを持っているのです。これを『連合』と呼びます。
 Mastodonでは、あるインスタンスに登録していながらも、この連合を通して、別のインスタンスの投稿を見たりすることもできるのです。

 なお、Mastodonでは、ツイッターでのツイートをトゥート、リツイートのことをブーストと呼びます。

【 Mastodonはここがイイ! 】

 Mastodonのいいところは、やはりインスタンスがいくつもあることです。
 ツイッターのサーバーは一つだけです。なので、嫌がらせなどを受けていづらくなったら、やめるか、我慢して居続けるしか選択肢はありません。
 ですが、Mastodonにはいくつものインスタンスがあります。なのでいづらくなったら、別のインスタンスに移ってしまえばいいのです。連合があるので、別のインスタンスに移っても、元のインスタンスの投稿などを見ることができます。(その元インスタントと連合していればの話ですが)

 あと、ツイッターでは150字という文字数制限がありますが、Mastodonでは500字と文字数制限が緩くなっているのも特徴です。長文も、安心して入力することができます。

【 でも、こんなところも…… 】

 ただ残念ながら、Mastodonはいいところだけではありません。あまりよくないところもあります。それは治安と運営についてです。

 先ほども言った通り、ツイッターのサーバーは一つだけで、全てのユーザーをツイッターの運営が管理しています。その管理はきっちりしていて、不快なことはあまりありません。

 ですが、Mastodonではいくつものインスタンスがあり、それぞれのインスタンスの管理者が、自らのインスタンスに登録しているユーザーの管理を行っています。当然、その管理はそれぞれの管理者によって違います。
 なので、やはり、管理が緩く治安がよくないインスタンスや、治安のいいインスタンスなど、インスタンスによって治安に違いが出てくるのです。

 Mastodonを使うには、やはり治安のいいインスタンスを見定めることが必要になるでしょう。まぁ、治安が悪いとわかれば、とっとと別のインスタンスに移ればいいのですが。

 次に、運営自体も不安定なことがあげられます。
 Mastodonのインスタンスは、相応の知識と技術力とサーバーがあれば、誰にでも立てることができます。企業が立てるインスタンスもあれば、あるサークルや、団体、果ては個人が建てているインスタンスもあります。
 大企業が立てているインスタンスなら大丈夫でしょうが、サークルや団体など、小さいところがやっているインスタンスは、その財政状況などから、インスタンスを維持できなくなって、閉鎖してしまうことが、たまにあるのです。
 実際、大手であるmstdn.jpも、閉鎖の危機に陥っていたことがあったようです。

 一方、大企業であるツイッター社がやっているツイッターには、そんな心配はほぼありません。

【 登録してみよう! 】

 さて、ここまで説明してきたところで、Mastodonに登録する方法を説明していきましょう!

 まずは、入りたいインスタンスを探しましょう。『Mastodon インスタンス』でググれば、インスタンスの紹介をしているサイトが見つかるでしょう。

 そこで、良さそうなインスタンスが見つかったら、そのインスタンスの登録ページへ。
 この登録ページは、どれもほぼ共通で、入力するのはユーザー名、メールアドレス、パスワードだけです。

 必要な情報を入力して登録ボタンを押すと、しばらくしてそのインスタンスからメールが届きます。そのメールのリンクをクリックすれば、晴れて登録は完了です!

 ようこそ、Mastodonの世界へ!

【 登録したらクライアントもほしいよね 】

 Mastodonはブラウザから利用することができますが、やはりクライアントで使った方が使いやすくていいものです。
 これらのクライアントには、インスタンスを簡単に切り替える機能がついているので、Mastodonライフを楽に楽しむことができます。

 PCのクライアントには、Mammothというクライアントがあります。これは、先のインスタンス切り替え機能のほか、閲覧したユーザーやタグを記録するジャンプリストや、トゥート投稿画面が独立しているなど、ユーザーフレンドリーなつくりになっているクライアントです。

tk2011-03.jpg
▲ Mammoth

 Androidスマホには、Tuskyというクライアントがあります。タイムラインの更新が手動更新になっているので、タイムラインがずらーっと立て続けに流れていくのが苦手な人にはありがたいでしょう。また、ツイッターと似たユーザーインターフェースなのも、ツイッターから移ってきた人には嬉しいところだと思います。

tk2011-04.jpg
▲ Tusky

【 最後に 】

 ここまで、Mastodonについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
 ツイッターにいづらくなった人はもちろん、新しいSNSを始めてみたい人、SNSが初めての人も、ぜひMastodonで、ツイッターとはちょっと変わったSNSライフを過ごしてみませんか?

※次の更新は、『師匠TのチャレンジARSゲーム!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 10:50| Comment(0) | 特集 | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

スマホでナンプレ!2020

さて、B-Magaを始めたばかりのころ、スマホのナンプレアプリについて紹介しました。

ですが、あれから3年。さらに便利で面白いナンプレアプリがいくつか、登場しています。

今回は『スマホでナンプレ!2020』と題して、2020年の、面白いナンプレアプリについて紹介しようと思います。

【ナンプレLv999】

前回紹介した、『ナンプレ無限』を開発したSeventh Rankさんによって作られたナンプレアプリです。

ナンプレの自動作成機能こそありませんが、999問の問題を備え、さらには有料ですが、熟練者用の問題パックもあるなど、かなりのボリュームを誇ります。
機能のほうも、盤上の数字にまとめて色をつけたり、数字を置いた時に、仮置きの数字のほうも、それにあわせて消えるなど、ユーザーフレンドリーな機能を備えています。

enta2010-01.png

【ナンプレ次の一手】

今回のおすすめがこのアプリです。
このアプリの特徴は大きく二つあります。
まず一つは、スマホのカメラで撮影した、雑誌や新聞などの問題を取り込み、解くことができること。ナンプレ雑誌の問題を解くことが多い人には嬉しい機能です。筆者も、よくその方法で使っています。
そしてもう一つは、下のスクリーンショットのように、解き方のヒントを出してくれること! 置き方のヒントだけではなく、重複している数字も、赤く塗って警告してくれます。
自動で仮置きの数字を消してくれる機能こそありませんが、一方で仮置きの数字を一気に消してくれる機能もあり、先述のナンプレLv999に負けないほどのユーザーフレンドリーさを持っています。

enta2010-02.png

【最後に】

今回も、二つのナンプレアプリを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
この二つは、いずれも面白く使いやすいアプリなので、どれを使っても後悔はしないと思います。特に、ナンプレ雑誌を多く遊ぶ人には、『ナンプレ次の一手』がおすすめ。

自分にぴったりなナンプレアプリを選び、楽しいナンプレライフを過ごしましょう!


※次の更新は、特集『Twitterに代わる(かもしれない)新(?)SNS! Mastodonを使ってみよう!』の予定です。お楽しみに!
posted by 裏編 at 09:55| Comment(0) | その他のゲーム情報 | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

師匠のVB.NETどたばた塾~第14回

sisyo.gif
師匠T:うむ、師匠Tである! 冬が近づいてきたが、そんなことなどこのわしの目には入らぬ! 気にせずどんどん進んでいくぞ!

deshi.gif
弟子D:師匠、それはただ目をそらしてるだけじゃ……。

sisyo.gif
何か言ったか?

deshi.gif
いえ、なんでもないです……。

sisyo.gif
さて。今回は予告の通り、MyCharaクラスの内容を説明するとともに、MyCharaModuleモジュールの内容を説明していくぞ!
しっかりとついてくるように!


deshi.gif
は、はい……。

【 コンストラクタの中身を解説じゃ! 】

sisyo.gif
さて。まずはこれがMyCharaクラスのコンストラクタの内容であったな。

vb2009-l01.JPG

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
まず、これからじゃ。

Handle = LoadGraph("mychara.png")

sisyo.gif
これは特に難しいことはなかろう。LoadGraph関数で自機の画像を読み込み、そのハンドルを、Handleプロパティに設定しているのじゃ。こうすることで、スプライトで画像を表示させることができるのじゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
そして続いてはこれじゃ。

X = SCREEN_X + SCREEN_W / 2
Y = SCREEN_Y + SCREEN_H -48

deshi.gif
確か、XプロパティとYプロパティは、スプライトの位置を表すプロパティでしたっけ。つまり、そのスプライトの位置を設定しているわけですか。

sisyo.gif
うむ。そして、定数SCREEN_X、SCREEN_Yは、ゲーム画面の位置、そしてSCREEN_Wはゲーム画面の幅、SCREEN_Hはゲーム画面のの高さを表しているのであったな。つまり、横位置を、画面の左端から画面の幅の半分、つまり画面の中央。そして縦位置を、画面の下端から上に48ドットのところに設定しているわけじゃ。この48というのは、自機の高さじゃ。
つまり、こういうことじゃな。

vb2010-02.jpg

deshi.gif
なるほど。そして次の

Revise = DTRUE
※リストではRevise = DFALSEとなっていましたが、Revise=DTRUEが正解です。申し訳ありません。

deshi.gif
ですが……Reviseプロパティってなn

sisyo.gif
はぁっ!!(飛び蹴り

deshi.gif
うわぁっ。

sisyo.gif
おぬしの記憶力はノミ以下なのか。たわけが。
Reviseプロパティは、スプライトが画面の端にはみ出るかどうかを表すプロパティじゃ。
DTRUEならはみださないようにする、DFALSEならはみでるようにする、じゃ。
つまり、自機が画面から出ないように設定しているわけじゃ。さすがに自機が画面からはみ出たら困るじゃろ?

deshi.gif
確かに。

sisyo.gif
それでは続いては、MyCharaModuleの内容について説明していくぞ!

【 モジュールの内容じゃ! 】

sisyo.gif
まずはこれが、MyCharaModuleモジュールの内容であったな。

vb2009-l02.JPG
vb2009-l03.JPG

deshi.gif
はい。

sisyo.gif
まずは、ここからじゃ。

Dim oMyChara As MyChara

Public Sub MyCharaCreate()
 oMyChara = New MyChara()
End Sub

deshi.gif
あ、これは俺でもわかりますよ。MyChara型の変数oMyCharaに、MyCharaクラスのインスタンスを入れているんですよね。

sisyo.gif
うむ。その通り。ここでは、自機を作っておるのじゃ。そして次は、この関数じゃ。

Public Function MyCharaExists() As Boolean
 If oMyChara IsNot Nothing Then
  Return True
 Else
  Return False
 End If
End Function

sisyo.gif
これは、自機が存在しているかどうかをチェックする関数じゃ。存在していればTrueを、存在していなければFalseを返す。なお、Booleanというのは、TrueかFalseの二つの値を扱う型じゃ。

deshi.gif
ふむふむ。

sisyo.gif
そして、この関数のポイントはなんといっても、このIsNot Nothingじゃろう。これは、左辺の中身があるかないかを判定する演算子のようなものじゃ。IsNot Nothingだったら、存在していればTrueを返す。存在していなければTrueを返すようにしたければ、Is Nothingを使えばよい。

deshi.gif
なるほど!

sisyo.gif
後は難しいことはないな。MyCharaMainサブルーチンの

If MyCharaExists() Then
 MyCharaMove()
 MyCharaDraw()
End If


sisyo.gif
この部分は、先ほどの関数で、oMyCharaの中に自機が入っていれば、MyCharaMove()、MyCharaDraw()の二つのサブルーチンを実行しているのだ。

deshi.gif
MyCharaDrawサブルーチンのoMyChara.Draw()はそのまま、oMyCharaを表示させているんですね。

sisyo.gif
うむ、その通りじゃ。さて次は、自機の移動をやっていこう、と思ったが、そろそろ時間のようじゃ。それは次回のお楽しみにまわすとする。次回も新しい関数が登場する予定だから、楽しみにしているがよい。

deshi.gif
はい!

sisyo.gif
それでは、今回はここまで。来月まで、もうすぐ冬ということを忘れて頑張るがよい。

deshi.gif
師匠、だからそれは現実逃避です。



※次の更新は、『スマホでナンプレ!2020』の予定です。お楽しみに!


posted by 裏編 at 09:50| Comment(0) | 師匠のVB.NETどたばた塾 | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

師匠TのチャレンジARSゲーム!~第弐拾四回:はーりぃふぉっくす【1985年・マイクロキャビン】(その2)

うむ! 師匠Tである!

今回のチャレンジ!ARSゲームも、前回と引き続き、マイクロキャビンの名作『は~りぃふぉっくす』を攻略していくぞ。
果たしてこの先にはどんな冒険が待っておるのじゃろうか?

それでは、さっそく挑むとしようぞ。

【 本編 】

ars2010-01.JPG
森に入っていきなり、人間と出会ってしまった! いくらなんでも人間には勝てぬ。
ぬぬ? そういえば、お尻に見えてるあれは……?

ars2010-02.JPG
タバコを吸ってるおかしな猿がおるぞ。彼は何か知っておるじゃろうか?

ars2010-03.JPG
ぎゃー! 今度はクマじゃ!
一体どうすればいいのか……。

ars2010-04.JPG
林にやってきたぞ。この骨は何かに使えるか?

ars2010-05.JPG
こ、怖そうな犬がおるぞ……がくぶる。でも先に進まなくては……。
ん? 犬といえば……。

ars2010-06.JPG
今度は白蛇がおるな。むむ? そういえば、蛇は神の遣いという伝説を聞いたことがあるような。


次回に続くのじゃ!!


※次の更新は、師匠のVB.NETどたばた塾の予定です。お楽しみに!

posted by 裏編 at 09:14| Comment(0) | チャレンジARS | 更新情報をチェックする